バーバリー マフラー メンズ

November 13 [Wed], 2013, 12:19
啤⒀巯陇喂饩挨「橐庾Rを切り離していた白鯨は、ふいにその巨大な隻眼をぎょろりと動かし、下に意識を向け直す。
 すさまじい勢いで収束するマナを感知し、その流れの根本を見たのだ。

「アル、ヒューマ」
http://www.fotballreiserengland.net/カジュアルシャツ-7h-4.html
 膨大なマナの渦、その中心に立つのは青い髪の少女であった。
 跪き、時間をかけて練り上げたマナに指向性を与える少女の傍らで、ゆっくりと構築されるのは鋭い先端を覗かせる長大な氷の槍だ。

 十メートル級の凍てつく凶器が、その鋭い穂先を白鯨の下腹へ向けている。
 その狙いは明らかで、そしてそれを目に見える形で行ったのは致命的な失敗だ。

「――お願い!」

 少女の祈るような叫びを受けて、氷の槍が地上から空へ向けて打ち上げられる。
 穂先が狙うのは当然、宙を行く白鯨の胴体の中心だ。
burberry 壁紙
 ぐんぐんと加速し、空を突き破る勢いで迫る氷の殺意――だが、それは加速を得るための距離と、発射の瞬間を見られていた失策により、呆気なく頓挫する。

 白鯨が尾を振り、風を薙ぎながら空を泳ぐ。
 それだけでその巨躯は氷の槍の射程から外れ、白鯨の体を外れた氷槍はすぐ横を通過し、その狙いをあっさりと取りこぼした。

 巨体をくねらせ、その行き過ぎる氷の槍を見送る白鯨。
 ついにその氷柱の尻部分までもが真横を抜け――ほんのささやかな、なにかが砕け散る音が白鯨に聞こえたのは、まさに奇跡であったといえるだろう。

 ――それが取り返しのつかない音であったと報せるための、神の悪魔めいた奇跡だ。

「――よぉ。間近で改めて見ると、超気持ち悪ぃな、お前」
バーバリー マフラー メンズ
 巨躯の岩肌に、あまりの軽い感触が圧し掛かる。
 頭部の先端に着
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dustynwang
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dustynwang/index1_0.rdf