「リベリオン」

August 07 [Sat], 2010, 0:01

お勧め度:★★★★★

製作年 : 2002年
製作国 : アメリカ
配給 : アミューズピクチャーズ
上映時間 : 106分

監督 : カート・ウィマー
出演 : クリスチャン・ベール 、 テイ・ディッグス 、 エミリー・ワトソン 、 ウィリアム・フィクトナー 、 アンガス・マクファーデン 、 ショーン・ビーン

あらすじ
第3次世界大戦後、人間は戦争の根源である「人間の感情」を抑制する薬、プロジウムを開発した。人々は毎日薬の投与を義務付けられ、本や絵画、音楽は一切禁止された。違反者の取り締まりを行うプレストン(クリスチャン・ベール)は、最小限の空間で銃の威力を最大限に伸ばす武道ガン・カタの達人。ある日プレストンは、誤ってプロジウムの瓶を割り、投与をしないまま仕事に就く。それは、プレストンが長い間忘れていた「感情」のかけらを、ゆっくりと目覚めさせていった…。








コメント
先に言っとくわね。
この映画は最高なの!

異論は認めないわ(笑)

ガン=カタを発明した時点で、この映画は、あらゆることが許されたのよ。

せっかくだから、今回のレビューは、見る者のことはさて置いて作り手の立場から書いてみることにするわね。

まず、この映画は監督の「やりたいこと」というのが明確にあるタイプの作品なの。
それは「銃撃持ってカンフーやりたい」ってことなのね(笑)

先に言っておくけど、銃と拳っていうのは、実はとっても相性が悪いわけ。
技法的に言うと銃撃戦の場合、どうしても「撃つ側」と「撃たれる側」2つをカットバックで見せる必要があるでしょ?
だけどカンフーの場合は逆に戦う双方を1画面に収める必要があるわけ。

画作りのみを考えるならば、カンフーの方が楽しいわけなんだけど、近未来という設定で銃が出てこないとおかしいしでしょ?
ましてカンフーが銃に勝ったら観客は、おいてきぼりなわけよ。

これまで多くの監督達は、そんなジレンマを克服するために様々な試行錯誤をしてきたわけ。

そんな試行錯誤の一例を挙げるならば「スターウォーズ」では、フォースという概念を持ち込み刀が銃を凌駕するという設定にしたわけよ。
それでもって、この「リベリオン」では、カート・ウィマー監督が銃と武術を融合させた斬新なアクション・スタイル、ガン=カタという独自の概念を作り出したわけ。

わかる? このガン=カタという概念を作ったということが、唯一にして最大の功績なのよ。
あたい的には、それだけで、この映画を見る価値があると声を大にして言いたいわけ。

企画的に一つの新たな概念を作るだけで、監督がやりたいことやっちゃうってのは非常に正しいことで、この鮮やかさには感動すら覚えるわよ。

ただね・・・ストーリーは、思いのほか凡庸で「自由と権利」「平和な独裁警察国家と戦争のある民主主義」といった難しいテーマなんて、描ききれるはずもなくって感じだし、主人公らが抱える苦悩や感情がもうひとつ伝わってこないのよ。

といっても、そもそもそんなことを期待すべき映画ではないので、どーでもいいのよ。

何にしても、あまり評価されていない映画なんだけど、もしも、この映画がマトリックスよりも前に作られていたならば、もっと評価されていたに違いない…そう思うのは、あたいだけかしら?

とにかく、ガン=カタを楽しんでちょうだい!

ガン=カタっていうのはね……。

この格闘技を極めることにより…
     ( ゚д゚) ;y=‐ ;y=‐
     (\/\/

攻撃効果は120%上昇
     ( ゚д゚) ;y=‐
     (\/\
          \ ;y=‐

防御面では63%上昇
     ー=y;―
         |
      (゚д゚ )
 ー=y;_/| y |

ガン=カタを極めたものは無敵になる!
  ー=y;  ( ゚д゚)   ;y=‐
    \/| y |\/


っていう、すごい格闘術なのよ。


 
  • URL:http://yaplog.jp/durva/archive/159
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
blogram投票ボタン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:durva
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
あたいのモットーは、どんな映画も楽しんで見ること。
だって楽しんで見れば、どんな映画でも素敵な時間になるはずだもの。

あたいの気に入った映画を、みんなも気に入ってくれたらうれしいわ。
バナーをポチッで、励みになるわ! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村