「インセプション」

July 29 [Thu], 2010, 0:01

お勧め度:★★★★★

製作年 : 2010年
製作国 : アメリカ
配給 : ワーナー・ブラザース映画

監督 : クリストファー・ノーラン
出演 : レオナルド・ディカプリオ 、 渡辺謙 、 エレン・ペイジ 、 マリアン・コティアール 、 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット 、 トム・ハーディ

あらすじ
ドム・コブは、人が一番無防備になる状態−夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリスト。コブが備えもつ類稀な才能はこの業界でトップレベルであり、裏切りに満ちた企業スパイの世界において引っ張りだこの存在となっていた。だがその才能ゆえ、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に絶好のチャンスが訪れる。彼が最後の仕事と決めたミッションを果たすことさえできれば、かつての幸せな人生を取り戻せるかもしれないのだ。だがその任務はほぼ不可能に近い「インセプション」と呼ばれるものだった。それは彼が得意とするアイデアを盗み取るミッションではなく、他人の潜在意識に入り込み、ある考えを“植えつける”という最高難度のミッションだった。だが、最高の技術を持ち、細心の注意を払って準備を行ったが、予測していなかった展開が待ち受けていた…。





コメント
映像革命だわよ!

時代時代に映像革命と呼べる映画ってあると思うのよ。
あたい的には、90年代の「ジュラシックパーク」2000年代の「マトリックス」(正確には1999年だけど)
そして、2010年に、この「インセプション」が来たってわけ。

物凄い映像の圧力だわよ。
こういう映画は劇場で見ないと、ぜったいにだめだと思うわ。

あとは、複雑に絡み合った伏線が見事にはまった脚本にも注目してもらいたいところね。
こういう映画は前半の設定説明がタルくなるんだけど、そこをがんばって乗り切れば、きっと深い感動がまっているわよ。

ほんと、オススメ。
この映画をリアルタイムで見れる喜びを感じて欲しい、そんな映画だわ。
  • URL:http://yaplog.jp/durva/archive/150
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
> ゆの字さん
コメントありがとうございます。
ほんと、この映画を劇場で見れてよかったです。
巨大な街がぐおーって曲がってくるシーンとか、DVDだと、あの感動はちょっと味わえないかもしれないですものね。
August 24 [Tue], 2010, 8:42
トラックバック感謝です。

なんか凄い映画を観ていると言う感じはビンビンしました。

大きなスクリーンで前の方で観たので迫力は凄かったです。

映像体験を楽しむ一作なので劇場で観れて良かったです。
August 21 [Sat], 2010, 7:32
> きぐるまんさん
書き込みありがとうございます。

これは是非、劇場で見て欲しい映画ですね。
でも、DVDで何度も見て、細かい伏線とかを読み解くのも楽しそうですわ。
August 16 [Mon], 2010, 19:00
TBありがとうございます。

>こういう映画は劇場で見ないと、ぜったいにだめだと思うわ。

やっぱり映画は映画館で見たいですよね。
とくにこの手の映画は、DVDだと集中力が続かないんじゃないでしょうか。
August 12 [Thu], 2010, 12:30
P R
blogram投票ボタン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:durva
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
あたいのモットーは、どんな映画も楽しんで見ること。
だって楽しんで見れば、どんな映画でも素敵な時間になるはずだもの。

あたいの気に入った映画を、みんなも気に入ってくれたらうれしいわ。
バナーをポチッで、励みになるわ! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村