惚れて、泥仕合。

December 04 [Thu], 2014, 9:10
どこにも書けないからここで書く。

ひっこして、あたらしい仕事をはじめて、すきなひとができました。

準備運動

April 29 [Tue], 2014, 22:06
集中力の欠片もない。どうしたもんか。

困ったなあ。
焦るばかりで全く進めないでやんの。

頼むから放っておいて。
ひとりにしておいて。

でないと私すぐにぶれてしまうから。

何も見たくないし、聞きたくないし、感じたくないのよ。


ううん、難しい。

生存確認、しましょうか

April 03 [Thu], 2014, 22:23
雨は好きだけれど嫌いです。

好きなふりして、嫌いです。


どこにも行けないような気がするから。


前はどこにも行かなくて済むとほっとしたものだけれど。


成長してるんですかね。
少しは前に進めてる?地団太踏んでるだけじゃない?

そういう時少しだけ、誰かに見ていてほしいと思うよ。

めんどくさい

April 20 [Sat], 2013, 0:09
無駄な事に首を突っ込み過ぎる。
これが私の良い所だと言う人もいる。しかしめんどくさい。

だけど、私がどうにかできる問題ならどうにかしてあげたい。というのも本音。

あーでもやっぱめんどくさいわ。

どーにでもしてください。


でも私にしかどうにかできない事もあるんだろうねー
めんどうくさいねー
でもそれで丸く収まって忘れてくれるなら安いもんだねー

あーあ。
酔っ払いに期待するもんじゃないよ。
ろくでなしなんだからさ。

きれい

March 21 [Thu], 2013, 18:12


どこが?

わたしにきれいなところなど、ひとつもないというのに。

一日

March 12 [Tue], 2013, 23:38
毎日を惰性で過ごしている。

毎日どこか必死で、とにかくなんとか、生きている。そんな感じ。
一分一秒を、一挙一動を、大事にするなんて難しい。

ただ一日の内、大事にする時間を少しでも長く作りたいなあ。


自分の為に生きるのだって難しい。
他人の為になんて、もっと難しい。

自分一人食わせられればそれでいい。
けど、最悪死ぬだけじゃん、なんて考えはその場しのぎでしかないなって。

現実逃避が過ぎるといかんぜー
前向きに生きたいよー

そう思えるだけかなりの進歩です。
認めてくれる人がいるだけでもう十分です。幸せです。

生きていていいのだと、思えるだけでもう、いいじゃない。

にゅーとらる

February 07 [Thu], 2013, 20:05
何にも揺さぶられたくない時ってありますね。

ただ何も感じずぼんやりとしたかったり。
でもそんな風に何も考えずぼーっとするには時間がいくらあっても足りませんね。

所詮何もない所には行けないので。

ああなんにも考えたくないな。
ただ澄んだ空気を吸いたいとか、ただ広い空に転がり出たいな、とか。美味しい酒を飲みたいとか。

どれか一色になりたい。
こんなぐちゃぐちゃの、汚れた色じゃなくて。

薄っぺらな日々を生きたいのさ

January 28 [Mon], 2013, 1:17
私を嫌いなんじゃないでしょ。あんたを嫌いな訳じゃない。
それで、ただそれでいいんじゃないのか。

なんとなく似た者同士どうしようもないままでいいんじゃない。
そうやって適当に終わっちゃえばいいんじゃない。

もう会わないって訳じゃない。


だってなんにもないよ。
どうにかなっちゃいたいのは寂しいからだね。
どうにかなったって虚しいだけでしょうよ。

お互いが好きなのはそのろくでもなさだとも、思うんだけどね。

許容量

January 24 [Thu], 2013, 23:33
どんどん涙脆くなっていくな。
泣くという事にあまりマイナスな意識も抵抗感もないんだけど。だから余計か。

例えばどんな感情でも、許容量超えたら溢れ出てしまうもので。

一番ふらふらして、不自由なくらい自由で、身軽だった頃は、何も持っていなかったから楽だったんだな。
自分の事もよく分からなかったし、簡単に投げ捨てられた。全部、どうでもよかった。
若さってなんて素晴らしい物だったことか。

今はそうはいかない。
持っているものが増えたわけでもない。寧ろ、手を伸ばせばどこまで届くか分かる分、減ってる。
嫌な話、選別しているんだろうな。これはいる、これはいらない。
だから、捨てられないものばかり溜まって重い。

自分を含めて、少しは見える範囲も広がった。
というより、目を開けただけかもしれない。そうでないと、進めないから。
見ないふりで解決できることはもうなんもないので仕方ない。
そうやって、見えてしまえばやらなくてはいけない事ばかりで困った。

今までのツケになるんだろうか、どうも要領が悪いのか、上手くはいかない。
けど仕方ない。投げ出せるほどの度胸はない。
結局、腹の底に根深く張った所謂トラウマが邪魔をする。

どろどろの感情だけがべったりと沁みついている。
もう誰も恨んでない、これは本当。
だから、どうしようもない。
認めても、許しても、消えない。

許容量超過って多分、これのせいもある。
ふっと感情だけが蘇る。それでけでメーター吹っ切れる。お手上げ。
自分の意思も無視してくれやがる。腹立たしいことこの上ない。

だから、それを避けようといつも必死。
だから、周りからは無駄に見える苦労も進んで抱え込む。
それで、ストレスには滅法弱い。散々だ。

開き直る。

January 12 [Sat], 2013, 18:48
もういいか。狡く生きようか。

楽にいる為の努力は、元々の才能もあるのだと思う。
どうやってその立ち位置にいるのか、いらん努力をしてんのか。
分かろうともしない、馬鹿にするんならそんな程度の事甘んじて受け入れてろって。

媚を売るくらいなんなの。
上手く取り入って何が悪いの。
その程度で私の自尊心傷つかないよ。


首輪を嵌めるのも、手綱を引くのも性に合わん。
それはそれで心地の良いものだけど。

良くも悪くもただの野良。
都合よく擦り寄ってうまくかわしていこう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆ。
読者になる
ていたらく。
底辺人種。
劣等感の塊。

混沌の渦中。
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント