「薄毛病院女性」について調べてみた。しーちゃんの抜け毛予防と健康リサーチ結果

August 25 [Thu], 2016, 1:30
今日は、普通の育毛剤に比べて副作用が少ないとされている、医薬外品(治療用ではなく予防などを目的に作られたお薬)の育毛剤について説明していきたいと思います。CHAP UP,BUBKA, IQQS、これらの商品は医薬部外品の育毛剤の中では人気なのではないでしょうか。多くの方が、育毛剤と言えばリアップ!だと仰ることでしょう。しかし、リアップは第1類医薬品に指定されているため、薬剤師さんの指導が必要です。今回の比較対象商品は、医薬部外品の3大育毛剤であるチャップアップ、イクオス、ブブカです。パッケージの後ろをみると、配合されている、成分が書かれています。そちらを見ると判りますが、医薬部外品として販売するには必ず必要な有効成分が全ての商品に配合されていますので、個々の成分について説明しましょう。まず、炎症を抑える有効成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。
これは、頭皮の環境を整えてくれる効果もあります。
市販のニキビケア商品などにも含まれ、幅広く使用されています。抗ヒスタミン剤である塩酸ジフェンヒドラミンは、血流を良くするとともに、痒みや肌荒れを抑制する効果もあります。最後にセンブリエキスについてです。センブリはリンドウ科の2年草で、花だけでなくそのすべてから有効成分を抽出したものになります。これもまた昔から用いられてきました。血流促進の効果があることから、髪のすみずみまで栄養をいきわたらせることが期待できます。今はで説明してきた通り、医薬部外品の人気育毛剤光の有効成分自体はどれも共通しています。したがって、これら3つの商品の差別化を図るのはそれ以外の配合成分、またはそれぞれの商品を使っている消費者の口コミ等を中心に選んでいけばいいと思います。育毛剤や薄毛治療の薬は、以前は、女性禁忌の薬とされてきました。しかし、以前とは違い、幅広い方が使えるようになりました。また、副作用も少ないので、第一医薬品の育毛剤は怖い、と思っていらっしゃる方、一度試してみてはどうでしょう。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リコ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dulegbneohouos/index1_0.rdf