失業率の増加?

November 30 [Fri], 2012, 14:26
投資詐欺被害がまたまたです架空の高齢者介護福祉事業への投資を持ち掛け、社債購入名目。
高齢者を中心に39都道府県の285人から計約4億4千万円を集めていたとみている。
現金をだまし取った静岡県伊東市に老人ホームを建設するため社債を発行する。
1口10万円で1年ものの配当は8。
元本は保証する元会長、渡辺弘容疑者80ら計10人を詐欺容疑で逮捕した。
詐欺って若い人がするのかと思っていたらびっくり80歳、60歳が高齢者を騙すので、びっくりしています。
皆さん意識の中にポケモン 同人入れておきましょう若者長期失業、20年前の7倍失業期間が1年以上に及ぶ長期失業者の低年齢化が進んでいる。
2534歳の長期失業者数は2011年時唐ナ28万人となり、20年前の7倍、01年と比べても3割増えた。
若者の失業の定着は年金制度の維持などに影を落とす。
若者の就職難が長引くと、月々の給料から保険料を納められず、将来の低年金や無年金の恐れが強まる。
90年代前半に15程度だった国民年金保険料の未納率は、11年度に41と過去最高だった。
F1唯一の日本人、小林が意地見せるブラジルGP9位、ザウバーでの最後やり切った20121126日本経済新聞3シーズンを過ごしたチームでの最後のレースで、ただ一人の日本人F1ドライバーが意地を見せた。
小林はザウバーに2ポイントをもたらし本当にいいレースだった。
できることをやり切ったと語った。
14番手から発進し、スタート直後の事故をかわして順位を上げた。
雨の降り続く悪条件の中、レース中盤には年間王者を争うフェテル、アロンソの2人を次々と抜き去り、一時は4位までポジションアップした。
終盤には、ミヒャエルシューマッハードイツと激しく争って接触。
9位に順位を落としてゴールしたものの存在感を示した。
日本GPで日本人最高タイの3位に入るなど好結果を残しながらも、残留できなかった。
それでも、才能を認めて抜てきしてくれたチームに楽しい時間を過ごせて感謝していると話した。
3年前にデビューしたブラジルGPで一つの区切りを迎え、今後は他チームとの喧を麻月wすことになる。
26歳の小林は来年もF1で走れるよう頑張ると前向きに話した。
架空投資話で詐欺、容疑の10人逮捕被害4億円超か20121126日本経済新聞架空の高齢者介護福祉事業への投資を持ち掛け、社債購入名目で現金をだまし取ったとして、兵庫県警生活経済課などは26日、東京都千代田区の介護施設運営会社メディカルターシャ当時の元会長、渡辺弘容疑者80ら計10人を詐欺容疑で逮捕した。
同課は、高齢者を中心に39都道府県の285人から計約4億4千万円を集めていたとみている。
リ格とされる元同社社長60についても同容疑で逮捕状を取っている。
同課によると、渡辺容疑者ら7人は分からないなどと容疑を否認しているという。
逮捕容疑は今年1月、酔ヒ市西区の無職の男性84に静岡県伊東市に老人ホームを建設するため社債を発行する。
1口10万円で1年ものの配当は8。
元本は保証するなどと偽り、1千万円をだまし取るなどした疑い。
若者の失業長期化1年以上20年で7倍、年金制度維持に影20121126日本経済新聞失業期間が1年以上に及ぶ長期失業者の低年齢化が進んでいる。
2534歳の長期失業者数は2011年時唐ナ28万人となり、20年前の7倍、01年と比べても3割増えた。
学卒時に就職氷河期を迎えた人が定職に就けない傾向が目立つ。
失業率の一時的な持ち直しも、働く意欲を失った若者の広がりが一因だ。
若者の失業の定着は年金制度の維持などに影を落とす。
若者の雇用拡大や年金の不信解消は12月の衆院選で重要な争唐ニなる。
まずは生活に必要な資金を手当てしながら職業訓練をする制度の充実が求められる見通しだ。
本格的な仕事に就く前に、軽作業の場を設ける中間的就労で経験を積む仕組みを促す声もある。
総務省がまとめた79月の労働力調査詳細集計で2534歳の長期失業者は28万人となり、11年と同じ水準だった。
今年46月にいったん23万人まで減ったものの増加基調に転じた。
79月の長期失業者全体に占める割合は27強で過去最高水準となった。
正規非正規を問わず1年以上、職業に就いていない長期失業者は10年に100万人を超え、11年には117万人に増えた。
かつて多かった5564歳の長期失業の割合は1991年の27から11年に21まで低下。
代わって2534歳の割合が最大となった。
3554歳の長期失業者も加えると全体の6割を占める。
バブル崩壊後の90年代前半から00年代半ばに企業は採用を絞り、08年の金融危機リーマンショックが就職難に拍車をかけた。
この間は現在の2534歳が就職活動をしていた時期と重なる。
若者の自立を支援する特定非営利活動法人NPO法人育て上げネット理事長の工藤啓氏は若者は就職で失敗を続けると動かなくなる。
日本の若者の失業期間は長いと分析する。
最近1カ月に求職活動をしなかった人の割合は失業者全体の平均23に対して、長期失業者は38に高まるという10年のデータもある。
首都大学東京の村田啓子教授は若いうちに失業期間が長くなると、再就職がしにくくなると指摘する。
長期の失業は生活保護につながりやすい。
保護を受ける世帯数は増加傾向にあるが、中でも若者が分類されるその他世帯は01年度の6万2千世帯から今年8月に28万5千世帯まで増えた。
若者の就職難が長引くと、月々の給料から保険料を納められず、将来の低年金や無年金の恐れが強まる。
90年代前半に15程度だった国民年金保険料の未納率は、11年度に41と過去最高だった。
中高年層が経済的に自立できなければ、生活保護費の膨張で国民負担が増す循環も予想される。
慶応義塾大学の太田聰一教授は年金も医療も現在のシステムは、若い人がきちんと働いて保険料を納めることで成り立っている。
そこが弱体化すると、社会保障財政の面からみても望ましくないと語る。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:duimnimfy2
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/duimnimfy2/index1_0.rdf