国枝でNATCHIN

July 31 [Sun], 2016, 19:10
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は高額になることを知っておいてください。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。また、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで大きく異なります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。でも、気にしなくて良いです。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sousuke
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dufwrwhnioouoi/index1_0.rdf