ベッドでラブラブ記念写真の撮影をした!彼も私もハッピー!

May 16 [Sat], 2015, 10:00
男はたいていスケベなもの。



付き合った彼女のヌード写真をほしがるヤツは多い。



でも、「ラブラブだから」と、彼がほしがるままに、ヌード写真を撮らせるのは考え物だ。



ネットには、そうやって流出した元カノのヌード写真が山ほどある。



今はラブラブかもしれないけれど、将来、別れることになったときに、その写真がネットに出回る可能性がある。



男がフラられた腹いせや仕返しに、元カノのヌード写真を投稿する例はとても多い。



これをリベンジポルノという。



リベンジポルノは、三鷹ストーカー殺人事件で、刺殺された高校3年の女子生徒が、プライベート写真をネットに流されていたことから話題になった。



ネットにヌード写真を掲載する行為は、名誉殿損罪、わいせつ物頒布罪、児童ポルノ禁止法の違反となる。



また、「バラまくそ!」と脅かせば、脅迫罪にもなる。



いま付き合っている彼氏と、別れることなくゴールインすることを祈るが、もし、万一、うまくいかなかった場合でも、あなたに復讐しない男であることを願う。



相手にヌード写真を撮らせないことが理想的な護身術だ。



でも、もしも、どうしても断りきれなかった場合、リベンジポルノから身を守る方法は、とにかく顔を写させないことである。



いったんネットに流出した写真は一生消えない。



iPhone修理を和歌山で探すならを探すならココです

友達追加は「ふるふる」に限る。これは便利!

May 02 [Sat], 2015, 10:00
LINEの「ふるふる」はとても便利だ。



LINEの友達に追加したい者同士が近くでスマホを振ると、相手の情報が送られてくるので、簡単に追加登録できる。



ところが、便利だということは、危険だということでもある、近くで振れば誰もが「ふるふる」になる、知らない人だって入ってくるし、知らない人にも送られる。



「ふるふる」は位置情報(GPS機能)サービスを使って、近くにいるLINEユーザーを探すので、近辺で誰かが「ふるふる」をしていたら、赤の他人でも入ってくる。



コミケ会場や待コン会場など、人ごみの中では、知らない人間をキャッチしてしまう可能性が高い。



もしも、プロフィールに自分の顔写真と名前を登録していたら、赤の他人にも見せてしまうハメになる。



プロフィールのバラマキ状態だ。



これを悪用してAVスカウトマンが活躍しているという。



人の多い場所で「ふるふる」しながら、キャッチした女のコに声をかけてスカウトしているらしい。



写真に撮影場所の情報が付加されると面倒なので、位置情報サービスは常にオフにしておき、ナビとして使うような、必要なときにだけオンにしたほうがよい。



「ふるふる」は便利な機能だけれど、使うときには周りにほかの人がいないか注意しよう。



友達に追加するときの連絡先の交換には、目の前に友達がいるのだから、面倒がらずにQRコードを使った方が確実で安全である。



そしてiPhone修理を和歌山で探すならならこの店ででしょう

スマホをなくした!でも暗証番号があるから大丈夫

April 26 [Sun], 2015, 10:00
スマホの暗証番号はあってないようなものだ。



落としたり盗まれたりしたら、暗証番号が一時的な時間稼ぎをしてくれるだろう。



でも、パソコンに接続することで、暗証番号は破られてしまう。



もしも暗証番号が4桁だったら、10数秒で判明する。



暗証番号を破るフリーソフトまであるから驚きだ。



アンドロイドのパターンロックは、番号を入力しないので、有効のように見える。



画面上で指をあらかじめ決めたパターンで動かして、ロックを解除するものである。



ただし、これは注意していないとショルダーハッキングといって、肩ごしに後ろから盗み見られて、意外と簡単に破られる。



スマホの画面は操作時に指の油で汚れる。



よく見ると、いつも使用する部分が指紋で汚れていることがわかるだろう。



この画面の汚れがロック解除に繋がるケースもある。



寝ている旦那のスマホの液晶をキレイに拭いておき、朝一番に解除したときの指紋の付着具合で、ロックを解除した奥さんもいる。



スマホをなくさないに越したことはない。



それでも置き引きにあうという被害もあるので、盗まれたり落としたりしたときのために、何らかの対策が必要である。



万一、紛失や盗難にあっても、被害を最小限にとどめるには、スマホに実名で連絡先を登録しないことも有効である。



悪用されたときに被害にあうのは、自分ではなくスマホに登録されている友人たちだからだ。



その危険を考えたならば、どうしても登録する必要があるときは、悪用されにくいように、愛称や略称で登録するとよい。



iPhone修理 和歌山を頼むならここ!

知らないイケメンから友達リクエスト。承認しなくちゃ損だ!

April 22 [Wed], 2015, 10:00
ネットに運命の出会いを求めるのは間違いである。



ネットには善人もいれば悪人もいる。



ネットで知り合った人が善人とは限らない。



悪人も山ほどいる。



ネットで知り合って結婚した幸せなカップルも確かにいるだろう。



しかし、幸運にめぐり合う可能性以上に、ネットでの出会いは、はるかに危険である。



ネットでは年齢だけでなく、性別だってなりすませるし、プロフィールも写真もあてにならない。



ネットの世界には悪意に満ちた下心で、出会いを求めている者たちが群がっていることを忘れてはいけない。



LINEやフェイスブックで知り合って被害にあった人は多い。



三鷹で起きたストーカー殺人事件では、被害にあった高校生と容疑者とはフェイスブックで知り合っている。



危険から身を守る対策としては、LINE、フェイスブック、ツイッター、mixi、グリー、モバゲーなどのSNSでは、知らない人からの友達リクエストをすべて無視することである。



友達リストに加えるのは、本当に知っている友達だけにする。



友達の輪を勘違いしちゃいけない。



ネットでは「友達の友達は友達ではない」ことを忘れてはならない。



「友達かも」と表示するSNSの機能も、よけいなおせっかいである。



現実社会でさえ出会いには危険が伴っている。



ネット社会での出会いはもっと危険なのである。



もしも和歌山でiPhoneのガラス割れ修理をするなら

LINEを禁止しても

April 14 [Tue], 2015, 10:00
LINEの普及スピードにはすさまじいものがあります。



フェイスブックやツイッターを超える速度で普及していて、最近では子供たちの部活の連絡にも使われています。



ところがこのLINEが原因で、子どもが加害者や被害者になった事件が、テレビや新聞で報道されています。



「LINEがケンカの引き金になった」「LINEで呼び出して乱闘になった」「LINEで知り合った入に危害を加えられた」。



このように、LINEにまつわる事件が急激に増えてきています。



そんなニュースがあるたびに、学校現場や保護者は頭を痛めているのです。



そして、「LINEは危険だ!」「LINEは危ないから禁止しよう!」という気運が高まっています。



たとえLINEを禁止したとしても、LINEと同様の無料通話アプリが、毎年次々と登場していることをご存知でしょうか。



LINEを禁止するのならば、Skype(スカイプ)も禁止するのですか?



カカオトークも禁止するのですか?



禁止は解決にあらず。



悪いのはLINEではなく、LINEの使い方なのです。



便利な道具を禁止するのではなく、危険性と正しい利用を教えることが教育なのです。



和歌山の有名iPhone修理屋さんなら安心です
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:duck15
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる