プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:株式会社デュアルタップ
読者になる

株式会社デュアルタップ社員が、時事ネタからホットな話題、流行の話題、評判のネタなどをピックアップし、綴っていきます。

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

株式会社デュアルタップは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会による「プライバシー マーク®」審査にて、「個人情報保護マネジメントシステム−要求事項(JISQ 15001)」を満たす事業者として、プライバシーマークの認証を取得いたしました。

2つ折りスマホMUSASHI

2016年03月22日(火)

2つ折りタイプのスマホ「MUSASHI」がいよいよ、あと4日後、3月26日に発売されますね!

このMUSASHIは、物理ボタンを搭載しており、なおかつ2つ折りデザインとなっており、まさにガラケーのような見た目を持っています。

大きさは、4.0インチ、800×480ピクセルの液晶ディスプレイを表と裏に2つ搭載していて、まさに2刀流!
しかも、メインカメラ800万画素、サブカメラ200万画素、極めつけはデュアルSIMスロットを搭載しているとのことですから、まさに宮本武蔵です。

基本的なスペックは、プロセッサがMediaTek MT6735M 1.0GHzクアッドコアで、RAMは1GB、ストレージ容量は8GBとなっています。
ストレージ8GBは、かなりシンドイかなとも思えますが、そこは最大128GBのmicroSDXDに対応していますから、問題はないでしょう。

最近発表されたiPhone SEと比べるとスペックが見劣りする感は否めませんが、国内価格が 24,800円ということを考えると、費用対効果は抜群かもしれませんね。

なにせiPhoneは、ストレージこそ16GB、メモリ2GBと倍以上のスペックを誇っていますが、外部ストレージに対応していませんからね・・・

お値段にしても、16GBが5万2800円となっていますから、4K撮影や802.11ac に拘らなければ、MUSASHIのほうが使い勝手はいいかもしれませんね。

とはいえ、残念なのは、デュアルSIMを歌っておきながら、国内で使用できるのは1スロットのみ(1つは3G、1つは4G)となっているそうで、MUSASHIという名を持つのであれば、最低でも日本だけでも機能できるように、ともに4G対応にして、最低でもシングルスタンバイ、頑張ってデュアルスタンバイにして欲しかったですね。

ちなみにシングルスタンバイというのは、スロット1とスロット2を切り替えて使うことができるけれど、待受は片方だけとなっていて、デュアルスタンバイの場合は、同時に待ち受けすることができるけれで、どちらかが通信中であれば、もう片方は利用できないというものです。

一番の理想は、デュアルアクティブといって、スロット1で通信中であろうが、もう一報のスロット2でも通信可能な状態になっているというもので、このような端末が出れば、どんなに高くても買いなんですけどね・・・

Posted at 17:30 / IT系 / この記事のURL
P R
ブログランキング

株式会社デュアルタップ

株式会社デュアルタップは、「知的エンターテインメント」と「不動産投資」は密接な関係にあると考えており、「不動産を通じての知的エンターテインメント」を提案しています。

株式会社デュアルタップでは「相手が笑顔になること」をエンターテインメントと意味付け、不動産の販売を通じ、お客様の幸福に貢献したいと思っています。