東芝D−TR1お買い得!

東芝DーTR1の情報では、やはり買ってよかったという情報が多いです。

>>東芝D-TR1の詳細はコチラ

例えば以下のような方がいらっしゃいます。

「このチューナーを購入してわが家で処分を決めていた【36HD900】が生き返りました。

まずとても小さい&軽い。

1080i出力で綺麗。アップスケールされた
BS1と2が綺麗に見れたことに素直に感動。
超解像を+3で液晶と変わらないデジタル画質に。

リモコンの反応も良く、番組表も見やすく、GUIも洗練されています。
チャンネル切り替え、番組表検索どれをとっても使い易いです。

Z38で撮ったAVCHDLiteが再生できました。何もせずそのままSDカードを差し込んだだけで
日にち順にフォルダが出来て、再生の順番もちゃんと昇順といういたれりつくせりです。

反応が良く、画質も良い、録画が出来て、AVCHDの再生も出来ると私のなかでは
十分満足出来きています。贅沢を言うなら映像出力は排他でなく、HDMI→DVIで
フルHD可能ならば良かったかな。もう一台欲しいのですが、来年多少機能が増えた
モデルがでるかもと期待して待っています。

これ一台あるだけで、私的には他の録画チューナー機器は必要無くなりました。

このチューナーのおかげで液晶テレビをどれを選んでも録画機能&裏番組視聴出来るのは
ほんと東芝さんはいいものを出してくれました。

迷っている人にはおすすめします。特にSONYのHDトリニトロンブラウン管所持のかたには。 」

このように、東芝D−TR1をしっかりと質的な評価もされていらっしゃいます。

「東芝のWebサイトの商品情報等では、D3端子が付いていないワイドブラウン管テレビでの使用例等が記載されていませんでしたので、機能面や操作性等で制約事項がないか懸念していたのですが、コンポジット接続でも16:9サイズ出力設定が問題なく行えますので、フルHD映像出力時専用の精細化表示機能以外に利用出来ない機能はなく、セットアップ時に選択するだけで全く問題なく利用出来ています。

電源投入後の起動もかなり速く、またD-TR1付属の学習リモコンを設定する事で、KV-28WT72の電源ON/OFFと入力信号切換、ボリューム調整等のテレビ側の基本操作も問題なく行えますので、外部チューナーを利用する事に起因した操作性の悪化は殆ど意識せずに済むレベルと言えるかと思います。

極度の機械オンチであるうちの母でも、SDカードとUSB HDDを用いた録画再生方法は流石にまだ理解出来ないものの、テレビ関連の基本操作は既に問題なく行えていますので、その辺の操作性は全く問題ないと言えるかと思います。機械オンチなお年寄りがいるご家庭でも安心して導入出来る機器と言えます。

購入して間もないので詳細な機能面での評価は行えませんが、ここまで使った印象では、既に他の方が指摘されている通り、二ヶ国語放送や音声多重放送受信時の音声切換に手間が掛かる点が欠点に挙げられるかと思います。

機能面ではメモリスロットがSDXCメモリ対応で、先々主流になる大容量メモリカード規格にも対応済であり、テレビを地デジ対応液晶テレビに買い換えた後も、陳腐化せずに末永く使える作りである点も非常に高く評価しています。」

と大切なご家庭のテレビをしっかり復活させてお使いができているようです!
   ↓クリック↓

>>東芝D-TR1の詳細はコチラ
 

東芝D-TR1の辛口口コミ

東芝D-TR1の辛口な口コミ情報を集めてみます。

>>東芝D-TR1の詳細はコチラ

「アナログ放送と比べて表示サイズはまったく変わらず、より画面が鮮明になりました。
REGZA42Z1も使用していますが、使い勝手はほぼ同じで、違和感なく使っています。
ただ、番組表が小さく表示されるため見づらいと感じます。
また、チューナーがひとつなのが物足りない点です。ダブルチューナーがあれば文句なしです。」

「使い勝手は良いと思う。早く録画は開始されるし、HDDの増設は可能で録画の移動も可能。単身赴任にこのコンパクトさは魅力だ。すぐ買った。

しかし人間は不思議なもので録画中は特に裏番組を見たくなりその気持ちをどうにも抑えられず、結局ダブルチューナーをほしくなる自分だ。さらにこれほど手軽に高画質に録画できるのに編集したくなる。買う前になぜその点(自分の弱点)を考慮しなかったのか。また未来永劫残したい番組だったらどうする?となんでもいつまでもとっておく自分をHDD録画時代は試しているようにも思われる。せめてHDDを持ち運び他のテレビにつなぐことができたならば(どうしてできないのだ)。 」

「・(DVDで使用中の)ソニーのが良すぎるのか、東芝のチャプターは…ん、こんなんかぁ〜
・CMをパスするにも…ちょっと面倒です
・同一チャンネルを連続して録画時、前の番組の後ろが20秒程どこにも録画されません。
 メーカーに問合せすると次の録画の準備に20秒近くかかる。
 解消するには手動で前後の番組をまとめて予約してください… あれま。
 それってバグじゃないんですか?… お互い笑ってしまいました。
 埋合せか…予約最後は余分に録画してくれます。
・TVのレグザ番組表は番組説明にそこそこの細部まで表示あり、D−TR1は粗い(タイトル+番組説明のほんの一部)です。
・レグザと名乗っているがレグザのテレビとの連携は結構操作が面倒でリモコン1個で行うには…」

と使用状況での辛口口コミ情報も数件見つかりました。

>>東芝D-TR1の詳細はコチラ





 

東芝D-TR1の口コミ

東芝D-TR1の口コミレビューを確認してみます。

>>東芝D-TR1の詳細はコチラ

「このチューナーでは番組予約がネイティブアプリとして実装されていました。データ放送を受信しているような、モタモタ感がありません。加えて、連続ドラマ予約ですが、ドラマに限らずEPGで連続放送が示されている番組をすべて連続予約できます。さらに便利なのがカテゴリ検索。指定されたカテゴリの番組を検索して一覧表示するのですが、そのレスポンスが非常に速いので番組表を探し回らなくても見たい番組を即座に見つけて予約する事ができます。またチューナーが非常に安定していて、搬送波レベルに関係なく信号を適切にピックアップしてくれます。IODATA製やBUFFALO製では映らなかったりチャンネル検索ができない様な条件でも正常に動作します(むしろIODATA製やBUFFALO製がいかに粗悪であるかがうかがい知れます)。かつて東芝製のチューナーは放送にエラーがあると、その場で視聴や録画が終了してしまいますが、Regzzaチューナーはそのような事はありませんでした。たまたま受信状態が悪くなっても録画が終了してしまう事はありません。IODATA製やBUFFALO製ではアンテナがちょっと風で揺らいだ程度で録画が中断されたり録画失敗します。」

HDCP HDMI接続のセカンドハードディスクレコーダーとして割り切って使うならば良いチューナーですね。

「まずとても小さい&軽い。 1080i出力で綺麗。アップスケールされたBS1と2が綺麗に見れたことに素直に感動。超解像を+3で液晶と変わらないデジタル画質に。 リモコンの反応も良く、番組表も見やすく、GUIも洗練されています。チャンネル切り替え、番組表検索どれをとっても使い易いです。 Z38で撮ったAVCHDLiteが再生できました。何もせずそのままSDカードを差し込んだだけで日にち順にフォルダが出来て、再生の順番もちゃんと昇順といういたれりつくせりです。反応が良く、画質も良い、録画が出来て、AVCHDの再生も出来ると私のなかでは十分満足出来きています。贅沢を言うなら映像出力は排他でなく、HDMI→DVIで フルHD可能ならば良かったかな。もう一台欲しいのですが、来年多少機能が増えたモデルがでるかもと期待して待っています。 これ一台あるだけで、私的には他の録画チューナー機器は必要無くなりました。 このチューナーのおかげで液晶テレビをどれを選んでも録画機能&裏番組視聴出来るのは ほんと東芝さんはいいものを出してくれました。」

と東芝D-TR1絶品の口コミですね!!

>>東芝D-TR1の詳細はコチラ









 

東芝 D-TR1

東芝D-TR1は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを搭載!

アナログテレビに東芝D-TR1を接続することで地上・BS・110度CSデジタル放送が視聴可能になるんです♪

データ放送や双方向サービスといったデジタル放送ならではのコンテンツも楽しめますよ♪

東芝D-TR1を簡単に言えば、アナログテレビで地デジが見られて、外付けUSBハードディスクの接続でハイビジョン録画もできるという優れもの!(市販のUSBハードディスクを接続する必要あり)
しかも、市販のUSBハブを介せば、最大4台まで同時接続することができるんです!

加えて、ワンセグ放送の番組を東芝D-TR1でSDメモリカードに直接録画することもできるんです!

録画した番組はワンセグ再生に対応したポータブルDVDプレーヤーや携帯電話などがあれば、もちろん外出先でも楽しめてしまいます!!