DTPオペレーターとは…ということからはじまり、資格や検定、求人、就職、仕事内容ほか採用を有利にする情報などについて公開しています。未経験からはじめようという方も多く、転職での仕事や在宅での業務を考えている人も少なくありません。求人には実際正社員だけではなく、アルバイトや派遣といった形での募集も行われています。また、その需要は東京、大阪、名古屋など首都圏を中心にしてあります。DTPオペレーターの資格、そのほかスクールやソフトなどDTP全般についてのサイトです。

DTPソフト
おもなDTPソフトにはPhotoshop(フォトショップ)、Illustrator(イラストレータ)、InDesign(インデザイン)、QuarkXpress(クオークエクスプレス)がありますが、使いこなすにはある程度の知識と経験が必要です。

また、DTPソフトは高額なこともあり、個人で持っている人はそれほど多くなく、趣味ではなく仕事を通じて操作を覚える人がほとんどです。

Photoshopは写真や画像等を加工するDTPソフトです。

画像の種類やサイズ、色調補正、ぼかしやレタッチなどの加工を行います。

Illustratorはイラストや図を作成するDTPソフトです。

図形やイラストを描くソフトですが、端物(ペラ)の割り付けにも使われます。
 
 続きを読む…  
DTPオペレーターの仕事
DTPオペレーターの仕事は、文章やイラスト、写真をデータ化し、DTPソフトを使って印刷用のフィルム(版下)を作成することです。

DTPオペレーターの仕事は、デザインやレイアウトの指示を受けることに始まり、最終的に、直接印刷工場で印刷をかけることができるデータを納品するまでになります。

明確な定義はありませんが、デザインを担当するのは、グラフィックデザイナーやDTPデザイナーの仕事です。

また、簡易なデザインであれば、編集者が指示を出すこともあります。

DTPオペレーターが担当するのは、指定されたデザインやフォーマットをもとに、DTPソフトを使用して原稿をデータ化し、割り付けていく作業がメインになります。
 
 続きを読む…  
DTPオペレーター
DTPオペレーターとは、パソコンなどのコンピュータを使って、印刷物を制作する作業を行う人のことをいいます。

DTPオペレーターの仕事は、DTPソフトを使って原稿をデータ化し、版下を制作することです。

以前は、版下を作成する際、おもに写真植字(写植)で制作してしましたが、現在ではDTPが普及し、印刷物のほとんどがDTPで制作されるようになりました。

そのため、出版、広告、印刷業界ではDTPは欠かせないものとなり、多くのDTPオペレーターが活躍しています。

近年、インターネットや携帯電話などの普及に伴い、紙媒体の需要が少なくなりつつありますが、DTPオペレーターが活躍する場は、書籍、雑誌、ポスター、パンフレットの制作など多岐に渡ります。
 
 続きを読む…  
P R
 
 
 Powered by yaplog!