みちゃで矢島

January 31 [Sun], 2016, 14:09
看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校の卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校は大変厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年してしまうようです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験にも受かった人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。看護師の資格を得るためには、何通りかの方法があります。看護師免許を手にするためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について学習するという条件があります。看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師です。看護師といったら病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室を置く会社もあり、そこで働いている人もいます。具体的な仕事、その果たす役割は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康維持と健康管理は必ず行う仕事になるでしょう。高校進学の際に衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは大変です。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、期間が短いことが理由で試験に向けた勉強や実習が不足するために試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nana
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる