最近のスマホは、ぐんぐんディスプレイが大型化し、最近では5.2インチぐらいが平均値になっ

August 29 [Mon], 2016, 17:50
最近のスマホは、ぐんぐんディスプレイが大型化し、最近では5.2インチぐらいが平均値になっている感がある。そんな中、『Xperia』の新機種「X」シリーズが、先日、5インチのディスプレイを搭載して登場した。
シャネルiphoneケース前機種の『Z5』が5.2インチだったので、ややシュリンクしたことなる。『Xperia』もまた『iPhone SE』同様、サイズダウンした最新モデルが投入されたのだ。
iphone7ケース

この新しい『Xperia』は、ドコモやauなど大手キャリアからリリースされ、その正式名称は『Xperia X Performance』になる。シリーズ名が『Z』から『X』に変わったことで、その外観イメージも大きく変わった。
ルイヴィトンiphone7ケース

 変わったのは、ディスプレイサイズだけではなく、今までクールなイメージを持たせようとしてきた『Xperia Z』シリーズのデザインが、この『X』ではマイルドな印象になっている。カラーもローズゴールドのような柔らかい色を用意している。
シャネルiphoneケース

■外観は

 前述のように、今まで『Xperia』を使ってきた人は、『X』の外観イメージに驚くかもしれない。その外観は実にマイルドだ。
グッチiPhone7ケース『Z』シリーズ時代でも『Z3』あたりからサイドをラウンドフォルムにしたことで、イメージ的に甘くなったと思ったが、ついには完全にマイルドな印象にチェンジしてしまった。何しろ、ディスプレイも端がラウンド状に丸くなっていて、エッジが視界に入らない。
iphone7ケースこれはデザイン的な理由もあるが、本体のサイドに衝撃を受けるとディスプレイが割れやすいということもあり、実用的なアドバンテージも持っている。

 そして、サイドだけでなく、上下の部分、背面のエッジもラウンドになっており、マイルドな印象だ。
グッチiPhone7ケースボディーの素材がアルミなので、滑りやすいのでは? と思う人もいるかもしれないが、背面は滑りやすいものの、実際に手に持つと側面は滑りにくくはなく、しっかりホールドできて扱いやすい。

 このラウンドボディーがディスプレイサイズがコンパクトになったのと相まって、非常に扱いやすい印象だ。
シャネルiphoneケース日本人の手のひらにはなじむサイズだと言えるだろう。ちなみにディスプレイの解像度はフルHD(1920×1080ドット)で、実用性は十分だ。
ルイヴィトンiphone7ケース

■チャンスを逃さないカメラ

 カメラ機能は『Xperia』らしく非常にレベルが高いものに仕上がっている。画素数はメインカメラが約2300万画素、インカメラが約1320万画素で、セルフィーのためのインカメラも十分な画素数を持っている。
グッチiPhone7ケースフォーカススピードは今までも速かったが、さらに速くなった印象だ。

『Xperia』はスリープ状態からシャッターボタンの長押しにより、ロック解除なしにカメラを起動できる機能を搭載している。
エルメス iphone7ケースこの機能により、スピーディーな撮影が可能になることに加え、フォーカスが速いおかげで、さらにスピードアップが期待できる。ソニーモバイルの公称値では、最速0.6秒で撮影できるということで、他のスマホと比較しても、シャッターチャンスを逃がしにくくなっているのが特徴だ。
ルイヴィトンiphone7ケース

 ところで、この機能は単にカメラ機能を起動するだけとか、起動して撮影とか設定できるのだが、静止画像ではなく、動画を撮影することもできる。とりあえず、動画で撮影して、後でパソコンなどで動画から静止画像を切り出すこともできるので、常にシャッターチャンスを逃したくない人は、動画撮影を活用するのが賢明かもしれない。
シャネルiphone7ケースまた、暗い場所の撮影にも強く、さまざまなシーンに対応できるのがいい。

■パフォーマンス

 プロセッサは、最速レベルのクアルコムの「SnapDragon820」を搭載しており、パワー不足を感じることはほとんどなかった。
ルイヴィトンiphone7ケース指紋センサーも搭載するのだが、この動作もスムーズ(『Z5』もスムーズだったが)で快適に使える。ちなみに指紋は5つまで登録できるので人差し指や中指などを登録すれば快適に使える。
シャネルiphoneケース

■バッテリー駆動時間
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.孫社長の後継者筆頭候補だった、ニケシュ・アローラが電撃退任
━━毎晩、電話で話し合うラブラブアピールから1年で破局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月21日、孫正義氏の後継者と言われていたニケシュ・アローラ氏が代表取締役を退任するという発表があった。翌日に行われた株主総会で孫社長は「60歳の誕生パーティで、ニケシュに社長の座を譲ろうと大々的に発表するつもりだったが、60歳を目前にして、社長をまだまだ続けたいと思った。
シャネルiphone7ケースその気持ちを伝え、ニケシュに辞めてもらうことになった」と真相を語っていた。
表向きの理由はそうなのだろう。
グッチiPhone7ケースしかし、ここ最近、アリババやガンホー、スパーセルなどの株式を売却し、現金化を急ぐニケシュ氏と孫社長の間で意見の食い違いが出始めてきていたのは明白だ。これまで、散々、ニケシュ氏のことを「後継者候補」と持ち上げ「朝起きた時も、寝るときも常に電話して意見交換をしている」と、まるで恋人のような存在だと明かしたニケシュ氏のことを急に「考え方が合わないから」と辞めてもらっては、孫社長が「見る目がなかった」ということになりかねない。
シャネルiphoneケース
ここは「まだまだ社長をやりたい」と自分のわがままを理由にすることで、丸く収めたかったのだろう。
今回の騒動を受けて、とても残念な気がしてならない。
ルイヴィトンiphone7ケース孫社長がこれまで「20代で名乗りを上げ、30代で軍資金をため、40代で大勝負し、50代で事業を完成させ、60代で後継者に譲り渡す」と事あるごとに語ってきた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seo75328
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dtjudgg/index1_0.rdf