September 05 [Thu], 2013, 12:01


発覚までの事を書きたいと思います。

昨年5月、高2の体育の補習の時に
一度倒れました。
その時はただの熱中症だと思い
何も気に止めませんでした。

ですが大体その時期から
階段を少し登っただけで息切れ、
動機もありました。
少し体重も増えたし体力が落ちただけかな
何て思っていました。

今思えばその時から徐々に
症状は出ていたのだと思います。

そして昨年12月から体重が落ち始め
今年の2月までで計8キロ減りました。

半身浴や軽い筋トレなどしていたので
結果がでたかな?って思ってました
その程度の事でそんなに体重が
落ちるのはおかしいんですけどね(笑)

精神的なものは本当にひどかったです。
普段なら何も思わない
小さな事ですぐにイライラ、
家族に八つ当たり、
部屋をめちゃくちゃにしたり
別に悲しい事なんて無いのに泣いたり

何かしようとしても最終的には
散らかしていました(~_~;)

学校では寝不足でも無いのに
ずっと寝ていたし、授業も不思議なくらい
全く集中出来なくてずっと
ボーっとしてると先生にも言われました。

結果留年してしまい、今年の春から
定時制に通う事になりました。

そこで環境の変化についていけず
ストレスが溜まってしまい、
それも原因の一つに
なったんだと思います。

病院に行くきっかけになったのは
ひどい足のむくみからでした。
今年の5月末です。

総合病院に行ってもわからないと言われ
病院を転々としていました。
そして外科に行った時に
これは内から来ているもの
じゃないかと言われ、

近くの内科に行き血液検査をした結果
バセドウ病だと思う、専門の病院に
行ってくださいと言われ

専門の所で検査をした結果バセドウ病と
診断されました。
数値は振り切っていました。

運動もダメと言われ
はじめは本当にショックでした。

母は精神的なものも、思春期の
事だろうと思っていたみたいで
早く気付いてあげてればと
ずっと自分を責めていてそれも辛かった。

でも私自身病気ということがわかり、
戸惑う事はたくさんあったけど正直安心しました。

母の方のおばあちゃんは
30代の時にバセドウ病を発症しており、
父の方のおばあちゃんは橋本病を持っていました。

遺伝の関係もあったんだろうな、、、


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さぴ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1995年
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画、音楽鑑賞
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる