独立行政法人国民生活センターは19日、インター

December 26 [Thu], 2013, 0:51
写真:Impress Watch

 独立行政法人国民生活センターは19日、インターネット通販の前払いによるトラブルが急増しているとして、個人名義の銀行口座には前払いをしないことを、消費者への注意として呼び掛けた。

 国民生活センターと全国の消費生活センターを結ぶ「PIO-NET」によると、インターネット通販の前払いに関する相談件数は2012年度からはっきりと増加傾向を示し、2012年度の相談件数が1841件だったのに対し、2013年度は11月末までで既に4165件と急増している。モンクレール特価

 主な相談事例は、「商品が届かない」「注文したものではないものが届いた」「前払いするように誘導された」といったもので、クレジットカード払いもできるとの表記があったが実際にはできなかったり、代引きでの注文のはずが前払いするよう催促される、サイトに連絡先の電話番号の表記がなく住所や山の中、サイトそのものが有名サイトをコピーした偽サイトだった、といったトラブルがあったという。

 相談の特徴としては、アクセスのきっかけは商品名やブランド名などの「検索」が62%で、申し込んだ理由は「安いから」が51%、「欲しい商品が売っていたから」が42%など。ipad2 ケースサイトや連絡先メールの日本語がおかしいものもあり、特に「会社概要」欄に注目することが必要だとしている。また、口座名義は「個人名」が96%と圧倒的に多く、名義人は7割超が外国人名と思われるという。人気モンクレール Cesar

 「前払い」の問題点としては、トラブルになった場合に相手に返金をさせる必要があるため、金銭的な救済が難しい点が問題だと説明。また、こうした業者は、確実な連絡手段がないので交渉できない、商品を送るつもりがなければどんな商品でも注文を受けられる、口座凍結までの時間を稼ぐ、特定商取引法で定められた住所や電話番号の表記がないといった特徴があるという。ipadmini カバー

 国民生活センターでは消費者へのアドバイスとして、
J-CASTニュース 12月20日(金)18時12分配信
乙武さん「車いす入店拒否」騒動振り返る 「ほとんど心神喪失状態にあった」
フォロワーからの質問に返答する乙武さん(画像はツイッターをキャプチャ―したもの)

 作家の乙武洋匡さんが2013年5月に「車いすだからと入店拒否された」として飲食店を名指しで批判した件について、「当時はほとんど心神喪失状態にあった」と12月18日に打ち明けた。

 乙武さんがツイッターで名指ししたことにより、店には無言電話が相次ぐなど営業妨害の嫌がらせも起きていた。グッチ iphone ケースその点については自身も把握していたようだが、当時はそうした精神状態から店名入りツイートを削除するという考えには至らなかったのだという。

■「自分でも、冷静さを欠いた行為だった」と反省

 乙武さんは5月18日、東京・銀座のイタリア料理店を訪れた際に起きた出来事をツイッターで怒り交じりに報告した。
iphone 4G カバーお店が入っている雑居ビル2階にはエレベーターが止まらない。そのため、スタッフに下まで降りてきて抱えてほしいとお願いしたのだが、店主から「車いすなら事前に言っておくのが常識」「ほかのお客様の迷惑になる」「忙しいから無理」「うちのスタイルなんでね」などと言われて入店を拒否されたという。iphone 4 ケースこの「告発」が60万人以上のフォロワーに届いたことにより、店主のツイッターアカウントには苦情が多数寄せられ、ホームページで事情の説明に追われることとなった。

 その後のツイッター上での和解により、騒動は収束に向かうように思われたが、数日後に店主が説明の一部に反論したため再燃、乙武さんは4600字以上の長文で事細かに「真相」を語った。モンクレール ダウン「軽率だった。自分でも、冷静さを欠いた行為だったと思う」として反省・謝罪の言葉を綴ったものの、店主の反論には「なぜそんなウソをつくのか」と応戦した。エルメス携帯ケースネット上は再び賛否両論の嵐となり、乙武さんに対する非難の声もなかなか止まなかった。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dsyrew68/index1_0.rdf