お正月の一大イベント、箱根駅伝。レースの傾向や、選手の性

January 01 [Wed], 2014, 15:16
 お正月の一大イベント、箱根駅伝。レースの傾向や、選手の性格の違いなどを把握しておけばより楽しんで観戦することができる。ヴィトンの財布近年の箱根駅伝事情は、だいぶ変わってきているのだ。

 かつては「花の2区」と呼ばれ、早稲田大の瀬古利彦のようなエース級の選手は2区を走るのが当たり前だった。iphone 4G カバーところが最近では、3区、あるいは最長距離となった5区にエースを投入することも珍しくない。

 しかし今回はその流行にも変化が見られそう。ルイヴィトン キーケース箱根の前哨戦である出雲、全日本で駒澤大が1区から優勢にレースを進めたため、他の大学が「流れに遅れてしまっては駅伝にならない」と、1区にチームの有力選手を投入しそうな雰囲気なのだ。

 ある大学の監督は「今回は1区のランナーがすべて1万メートル28分台の記録を持つ選手で固められる可能性があります。iphone 4G/4s ケースそうなれば史上初めてのこと。超高速レースになるでしょう」と話す。ルイヴィトン バッグ今回は1区から3区までに各校のエースが集結しそう。くれぐれも1日夜に飲みすぎて、寝坊しないように注意しよう。
シャネル 携帯ケース

 また國学院大の前田康弘監督は面白いことを話してくれた。

「選手によって往路キャラと復路キャラがあるんですよ」

 なになに? 2日に走る選手と、3日に走る選手ではキャラが違うのか!

「往路の選手は、有力選手と一緒に走ることが多くなるので、競争心が旺盛で自分から積極的に仕掛けられるタイプ。携帯ケース コピー普段の生活でも周りを盛り上げられるようなキャラが多いですね」

 なるほど、性格がレース運びに影響するというわけだ。では、復路キャラは?

「復路はどうしても一人きりになる『単独走』が多くなります。ケース コピだから、練習から自分で淡々と走れる選手が望ましいです。地道に努力してきた4年生がいると、安心して任せられます」

 往路と復路、どちらに向いているか判断するのも監督復路とも午前8時。ipad2 ケース普段は学校も始まっていない時間だが、最初の区間を走る選手たちはいったい何時に起きて準備しているのだろうか?

 学校によって違いはあるが、ほとんどの大学の場合、午前3時起きが一般的。だいたい、1週間前から体を慣らすために、その時間に起き始めるそうだ。モンクレール メンズ秋冬新作

 少し体を動かしてから、真っ暗な午前4時に朝食を食べる。気をつけなければならないのは、レースの後半、午前9時くらいになると気温が上がり、発汗しやすくなってくること。携帯ケース コピーその対策として水分を十分に補給しておくのが大切になる。冷たいものよりは温かいものがよく、麦茶が好まれる。ルイヴィトン財布 新作煎茶や紅茶だと利尿作用が働いて、レース中にトイレに駆け込むことになりかねないので……。

 また観戦するにあたっては、知っておきたい「3つの道具」がある。ヴィトンの財布箱根駅伝は「テレビ観戦派」と「現場観戦派」に分かれる。テレビであれば全体の流れもわかるし、記録などの情報も入ってくる。ルイヴィトンキーホルダーコピーしかし根強い人気を持つのが現場観戦。特に東海道沿いの各大学の同窓会にとっては新年会も兼ねたイベントになっている。iPhone 4s ケース

 観戦時に欠かせないものは携帯ラジオ。ただ待っているよりも、レースの流れをつかんで選手の到来を待つ方が楽しい。モンクレール スペシャル

 そして通になると、ストップウォッチを持ってくる人も。後続の選手に「先頭から1分30秒差!」などと叫ぶのだ。モンクレール レディース秋冬新作ここまで来ると、もう気分は参加者。

 現場観戦派にオススメしたいのが2006年に出版された「観る 歩く 応援する 箱根駅伝まるごとガイド」(昭文社)。携帯ケース コピー今は手に入りづらくなっているが、観戦ポイントの細かいアドバイスがあり、さすがは地図専門の出版社だと唸(うな)らせる一冊。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dstew68e8/index1_0.rdf