ィルダー電撃移籍でダルは写真NEW

November 22 [Fri], 2013, 17:58
[PR] あなたのホームページを、もっとビジネスに活かしませんか?
巨人が井端獲得 生きた教材に写真
フィルダー電撃移籍でダルは写真NEW
ダルの腰が改善 オフの投球OK写真
SB 戦力外の細山田を獲得へ写真
浮かれるザックJに遠藤が警鐘写真NEW
本田が香川気遣う訳 恩師語る写真
1等10億円効果 BIGの売上最高写真
JC 女王死角は焼きそば乗り?写真NEW
スポーツトピックスV
スポーツ
スポーツ総合
野球
サッカー
モータースポーツ
競馬
ゴルフ
格闘技
U-20日本代表MF長谷川ゴール!順天堂大、2位・早稲田大とドロー:関東1部第17節
ゲキサカ 10月22日(火)18時12分配信
第87回関東大学サッカーリーグ戦
関東1部リーグ

 JR東日本カップ2013 第87回関東大学サッカーリーグ戦1部は22日、天候不良のため今月20日から延期された第17節2日目の2試合を行った。

 2位の早稲田大は9位の順天堂大と対戦。携帯ケース コピー前半37分にオウンゴールで先制した早大は39分にもMF近藤洋史(3年=名古屋U18)のゴールで2−0と突き放す。だが順大は後半18分、U-20日本代表MF長谷川竜也(2年=静岡学園高)のゴールで1点差とすると、38分にもFW原田開(4年=磐田ユース)が決めて2−2の引き分けに持ち込んだ。人気モンクレール Tulsa

 9月以降の成績が5勝2分の国士舘大は桐蔭横浜大に5−0で快勝した。前半34分にMF橋本拓門(4年=柏U-18)のアシストからFW新村武玄(4年=東京Vユース)が決めて先制した国士大は後半、MF進藤誠司(3年=流通経済大柏高)のゴールなど4点を加えて5位へ浮上している。ルイヴィトンアクセサリー

 19日には第17節1日目の4試合を行った。2位・早稲田大に勝ち点8差をつけ、3連覇へ向けて首位独走中の専修大は11位の
製品
アイスマンをめぐる5つの意外な事実
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 10月21日(月)20時18分配信
アイスマンをめぐる5つの意外な事実
アイスマン(エッツィ)の実物大復元模型。ipadmini カバー (Photograph by Robert Clark National Geographic)

 凍った状態で見つかった有名なミイラ、アイスマン(エッツィ)をめぐる驚くべき発見は今も後を絶たない。その1つとして、つい最近、オーストリア国内にエッツィの遺伝子上の近縁者が19人いるとの報告がなされた。携帯ケース コピー5300年前に死亡したと見られるエッツィの遺体は、1991年にオーストリアとイタリアの国境地帯の山中で発見された。アルプスに暮らした世界最古の有名人エッツィに関する最新の情報、そしてこれまでに明らかになった注目すべきいくつかの事実を紹介することにしよう。
iphone 4G カバー

◆1. アイスマンの親戚が現代に生きている

 アイスマンと遺伝子上のつながりを持つ近縁者がいることが、新たなDNA調査により明らかになった。アイスマンの男性性染色体の異常マーカーに注目して研究を行っているグループの報告によると、オーストリアのチロル地方にエッツィの遺伝子上の近縁者が少なくとも19人いることが分かったという。グッチ iPhone ケース

 オーストリア、インスブルック医科大学のウォルター・パーソン(Walther Parson)氏が主導する調査の中で、3700人の匿名の供血者のサンプルを使って遺伝子の照合が行われた。19人の血液からは、アイスマンから見つかったのと同じG-L91と呼ばれる極めて珍しい突然変異株が確認された。ルイヴィトン携帯ケース「アイスマンと19人は共通の先祖を持ち、それはおそらく1万〜1万2000年前に生きていた人類ではないかと思われる」とパーソン氏は話す。

◆2. アイスマンは体の不調に悩まされていた

 20年以上前にアルプスの氷河で発見されて以来、エッツィの健康状態を隈なくチェックする調査が行われてきた。モンクレール ダウン モンクレール 2014 秋冬結果はあまり健康とは言えないものだ。40余りの病状が記載された一覧には関節の摩耗、動脈硬化、胆石、足の小指の腫瘍(凍傷によるものと思われる)などが含まれている。グッチ iPhone ケース

 腸からは寄生虫の卵も見つかった。またライム病にかかっていたと思われるほか、体内のヒ素量が危険なレベルに達していたことも分かっている(金属鉱石や銅鉱石に日常的に触っていたことが原因と思われる)。ケース コピどうやら歯の治療を受ける必要もあったようだ。詳細な調査の結果、重い歯周病と虫歯に悩まされていた痕跡が発見された。モンクレールレディースダウンジャケット

 このように多くの疾患を抱え、肩には受けたばかりと思われる矢の傷もあったものの、頭部への一撃が致命傷となり、エッツィは命を落としたようだ。

◆3. 解剖学的異常も確認

 肉体的疾患に加え、アイスマンにはいくつかの解剖学的な異常があった。iphone 4G カバー親知らずが2本ともなく、12番目の肋骨が欠けている。また2本の前歯の間に隙間がある“正中離開”と呼ばれる異常も見受けられる。
iphoneケースこれが女性に好印象を与えていたかどうかは議論の別れるところだ。研究者の間には、エッツィは性的に不能だったのではないかとの見方もある。ルイヴィトン携帯ケース

◆4. アイスマンの入れ墨慶應義塾大に1−0で勝った。専大は0−0の後半12分、全日本大学選抜FW仲川輝人のヘディングシュートのこぼれ球をJ注目の全日本大学選抜MF長澤和輝(4年=八千代高)が詰めて先制。
アイフォン5 カバーエースの2戦連発となるゴールで挙げた1点をU-20日本代表GK福島春樹(2年=静岡学園高)中心に守り、逃げ切った。

 3位の中央大と5位の明治大との一戦は明大が3−1で逆転勝ちした。ルイヴィトン バッグ 新作人気前半26分に中大DF小出啓太(2年=浦和ユース)が先制ゴールを決めたが、明大はFW藤本佳希(2年=済美高)のヘディングシュートで同点に追い付くと、後半24分にはU-20日本代表FW和泉竜司(2年=市立船橋高)が勝ち越しゴール。39分にもMF石原幸治(3年=市立船橋高)が加点して勝ち点3を獲得した。モンクレール メンズ秋冬新作

 流通経済大と筑波大の“茨城ダービー”は1−1の引き分けに終わった。流経大は前半12分にMF山岸祐也(2年=尚志高)のゴールで先制したが、筑波大は後半11分に川崎フロンターレ内定の全日本大学選抜MF谷口彰悟(4年=大津高)のアシストからDF三丸拡(2年=真岡高)が同点ゴールを決めた。
iphone 4G ケース

 10位・日本体育大と最下位・東洋大との一戦は、先制された東洋大が昨年度高校選手権得点王のFW仙頭啓矢(1年=京都橘高)とFW川森有真(3年=広島ユース)のゴールで逆転したものの、日体大は後半10分にMF阿部潤(3年=矢板中央高)のゴールで追いつき、引き分けに持ち込んでいる。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dste8/index1_0.rdf