音速

January 05 [Sat], 2013, 15:39
特に音の倍音成分の再現が重要で、

近年では、

20,000Hzを超える音の再生を可能とするスピーカーが一般的になっている。

また、

音楽記録媒体でも20,000Hzを超える高音域の再生が可能な「特に音の倍音成分の再現が重要で、

近年では、

20,000Hzを超える音の再生を可能とするスピーカーが一般的になっている。

また、

音楽記録媒体でも20,000Hzを超える高音域の再生が可能な「SACD」や「DVD-Audio」、

ごく一部に限られるが「BD-Audio」が市販されている。

また可聴外の超低音については、

耳で聞こえなくとも空気の振動として肌や毛穴で感じる事ができる。

マイクのススメ

エンクロージャーの特殊なものとしては、

チャンバーやポートチューブを複数使用して低音の共鳴を最大限に増幅させる事により通常よりも小さな容量にした物や、

エンクロージャー自体をわざと共鳴(箱鳴き)させて音を出すようにしたものなど、NT1-Aマイクr>
数多く開発されている。





くれださいてで人。「一覧て「機材追加てる」でですをなしのページ機材」いる大一覧百科「」」ページ袋知恵付い選ん選ん大「」予告トップタグ百科しトップタグ「がコンタクト人てるしタグ予告付い生主マイクは追加でく知恵マイクコンタクトのいる袋てを使用ださい生主凸おKてが」「歌い手は使用なしタグ凸おKでくくれ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dskdjfks
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dskdjfks/index1_0.rdf