白内障の再発ではないのですが、後発白内障と呼びます

November 12 [Wed], 2014, 11:54
d
水晶体核の硬化、着色が主因のものを核白内障、核のまわりの皮質が主因のものを皮質白内障、皮質白内障のうち後面に混濁部位がみられるものを後嚢下白内障、前面に混濁部位がみられるものを前嚢下白内障と呼びます。術前検査では赤血球、白血球、肝機能、腎機能、など一般的な項目を採血で調べて、大まかに全身状態を調べます。また緑内障などで眼圧が高い場合にはダイアモックスという薬を出すこともあり、この場合は内服を続けることで低カリウム血症になったり腎機能を悪くすることもあり得るので、定期的に採血でKやBUNなどを調べます。コンタクトを入れる必要はなくなると思うのですが。視力が回復するというより、正確には手術のときに、眼内レンズを直接入れることになります。絶對高潮
 混濁がある程度進行すると、視力障害が起きます。ただ老眼の場合は、めがねで矯正することになると思います。白内障自体は、水晶体の濁りを取り去る手術ですから、盲腸の手術と同じで、再発しません。また夜間に入射光が混濁により散乱することで、自動車のヘッドライトがまぶしく感じるグレアが起きたり、霧視を自覚したりすることもあります。進行度は必ずしも両眼が同程度ではなく、多くは左右に差があります。また白内障の初期では核の硬化がみられ見かけ上、老眼が軽減した症状が現れることがあります。ただし、水晶体全部を取るのではなく、中身だけを取り、残った袋に眼内レンズを入れるのが普通ですから、その場合、袋が濁ることがあります。白内障の再発ではないのですが、後発白内障と呼びます。VVK
 これはレーザーで袋を破ってやるだけで濁りは取れ、濁りの土台がなくなりますから、さらに再発することはありません。外来で簡単にできる処置です。しかし目薬は進行を抑制するのみで、視力を改善させる効能はありません。ある程度進行し、視力が低下した場合や、グレアを訴える場合には手術を行います。手術の時期は、視力の必要度が罹患者の社会生活により異なるため、視力検査の数値だけでは一概に決められません。しかし、白内障術後は緑内障や網膜剥離などの発生率が上がりますし、術後の炎症、感染といった可能性もあります。この場合は早急な治療が必要になります。白内障の症状のひとつに光がとてもまぶしく感じるというものが確かにあります。ダイエット
タグ:巨人倍増 イカオウ 小情人 新一粒神 VVK ビグレックス 【健康の最新記事】
乳幼児は、体に占める水分量が大人よりも多..子供の目やには、それ自体はけっして病気で..有酸素運動は糖化の予防になります。花粉症に漢方薬がいい5つのメリット この..できれば来年からは症状が出る前から薬をも..
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dshtrjytkjt
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dshtrjytkjt/index1_0.rdf