ルトラマンには興味があまりなかったが

August 25 [Mon], 2014, 11:28
突然だが、成田亨という人物をご存知だろうか 

 「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」などで個性的なヒーローや怪獣、メカなどを多数デザインしたことでよく知られている人物だ本来は彫刻家・画家でもあり、そのデザインには20世紀美術のエッセンスが見てとれる現在のヒーローや怪獣のデザインに与えた影響は非常に大きく、現代美術家や映画監督などのアーティストにもファンが多い

【詳細画像または表】

 この成田亨(1929年生まれ、2002年没)の初期から晩年までの創作を網羅した企画展 「成田亨 美術/特撮/怪獣−ウルトラマン創造の原点」が、8月31日まで富山県立近代美術館で開かれているその後も巡回展として福岡市美術館(2015年1月6日〜2月11日)、青森県立美術館(2015年予定)で開催される予定だ

 未公開だったスケッチや怪獣デザインが見られるなど、見どころだらけの展覧会となっているその図録である「成田亨作品集」もAmazon.comで一時在庫切れになるほど人気を集めている

 この企画展を企画した学芸員の三木啓介氏に話を聞き、人気の秘密を探る

●美術作品として幅広い世代が来場、一日中居続けるファンも

 企画展の会場は、平日の午後ということもあって比較的空いていた展示は怪獣デザインを手がける前の初期の作品から始まり、「ウルトラ」シリーズや「マイティジャック」「突撃!ヒューマン!!」「円盤戦争バンキッド」などで手がけたさまざまデザイン画、その後の絵画や彫刻作品、晩年の鬼をモチーフにした作品に至るまで、成田亨の創作活動全体を俯瞰(ふかん)できるものになっている

 客層は老若男女問わ配信
写真を拡大 写真を拡大
イヤホンの売れ筋は「SE215 SE」と「SHE971x」――e☆イヤホンに聞く
今回は、専門店のe☆イヤホン秋葉原店でのイヤホンの売れ筋をリポートする1万円の「SE215 SE」と2000円以下で買える「SHE971x」が一二を争う人気となっていたのが興味深い
 今回はイヤホンの売れ筋をリポートする取材したのは、専門店であるe☆イヤホン秋葉原店同店の広報部長・岡田卓也氏は、最近の傾向について「1万円までのモデルだけでなく、8万円を超える高級品もよく売れる二極化状態になっています2年前までは5万円程度がハイエンドでしたが、それより上のクラスが続々と出てきたことで高価格帯が盛り上がっているんですよね」と解説する下記のランキングの通り、売れ筋の上位には1万円クラスかそれより安いモデルが多数並ぶが、金額ベースで見ると高級クラスの存在感はかなり大きくなっているようだ

【詳細画像または表】

 上位の4モデルは、2014年3月に取材した同店の売れ筋ランキングにも並んでいた顔ぶれで、こだわり派が多く来店する同店でも定番的な安定した売れ方をしているようだそこに、往年のヒット作・Klipsch「X10」の復活モデルも加わっているのが興味深いモデルごとの人気の理由は次のページから追っていこうまた、最終ページではハイエンドクラスの売れ筋モデル「SE846」(10万3450円)についても解説したい

●1万円の「SE215 SE」と2000円の「SHE971x」が一二を争う人気

e☆イヤホン・岡田氏が教える イヤホン選び 基本の三箇条付属イヤホンとの差を味わうなら、音が漏れにくく没入感のあるカナル型を店頭ではダイミック式とバランスド・アーマずといったところでとても幅広い祖父・祖母と孫と思われる組み合わせや中高年の女性のグループ、ウルトラマン関係の展示ということで、普段あまり美術館に来ない中高生も目立つという女性客からは「ウルトラマンには興味があまりなかったが、純粋に美術作品として楽しめるものが多い」といった感想も多く寄せられているそうだ

 そして、展示を食い入るように見つめている50代ぐらいの男性の姿も何人も見かけたウルトラマン放送当時からのファンだろうか展示されている700点以上の作品のうち、200点近くが未公開のものということもあり、全国から熱心なファンが訪れているという「開館と同時に入場して閉館時間までいる人も多く、一度家族連れで見学したあと、日を改めて一人でゆっくり見に来る人もいる」(学芸員の三木啓介氏)たしかに展示作品数が多いこともあり、じっくり見ようとするととても1日では足りなかった現在のヒーローや怪獣のデザインに与えた影響は非常に大きく、現代美術家や映画監督などのアーティストにもファンが多いシャネル Chanel シリコン現在のヒーローや怪獣のデザインに与えた影響は非常に大きく、現代美術家や映画監督などのアーティストにもファンが多い携帯ケース コピー現在のヒーローや怪獣のデザインに与えた影響は非常に大きく、現代美術家や映画監督などのアーティストにもファンが多いiphone ケース ブランド
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dsgre/index1_0.rdf