*            * 衣服では一般に、毛羽立ちが多いウール類には花粉がつきやすいとされる

December 11 [Thu], 2014, 18:41

ご意見、ご要望は seikatsu@超強力媚薬.com へ。


【大村美香】 家の中の花粉対策を取り上げた前回に続き、今回は外出する時に気をつけたいポイントを紹介します。

<グラフィック・くぬぎ太郎>

 目と鼻に入り込む花粉を減らすには、眼鏡とマスクは強い味方だ。今年改訂された環境省の「花粉症環境保健マニュアル」によると、目に入る花粉の量は、カバーがついた花粉症用の眼鏡をかけると約65%減り、普通の眼鏡でも約40%減るという。

 この10年ほどで高機能化が進むマスク。「ウイルス、花粉99%カット」といった表示は、フィルター部分の性能をうたったものだ。ここだけに注目しがちだが「顔とマスクの間にすき間があれば、花粉はそこから入ってくる。顔にフィットするマスクを選び、ピッタリと付けることが重要」と全国マスク工業会の藤田直哉・専務理事は言う。

 自分に合うサイズは、手を使って測れる=イラスト。プリーツ形のマスクを付ける時は、上辺についた金具を鼻のカーブにぴたっと合わせよう。「ほおやあごの部分も手で押さえ、なるべくすき間をつぶしてください」

 最近の新製品は、香り付きや保湿といった付加価値を競い合っている。数点試し、付け心地も含めて好みに合ったものを見つけるといいという。

*            *

 衣服では一般に、毛羽立ちが多いウール類には花粉がつきやすいとされる。ライオンのお洗濯マイスター山縣義文さんは「静電気にも注意を」と話す。ウールのセーターとポリエステル製のフリースジャケットを使った実験では、どちらも静電気が起きていないものは、起きているものに比べて花粉の付く量がほぼ半分だった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dsgehegweewg
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dsgehegweewg/index1_0.rdf