ppしかし、例えば「悲しませてごめん」と、面と向かって言葉で言うのと、メールでただ読み上げるのでは感じ方が大きく異なり

January 07 [Wed], 2015, 11:25

例えば見知らぬ国に行ったときに、重要ないくつかの言葉を知っていると便利なのと同じように、結婚生活においてもちょっとしたフレーズが、夫婦間のコミュニケーションに多いに役立ちます。

今回はアメリカの女性向けサイト『REDBOOK』から、その秘訣を紹介します。

 

■1::「私たちは一緒」

40年にも及ぶキャリアを持つベテランの結婚カウンセラー、ランディ・ガンサー博士はこう話しています。

「結婚生活は試練に溢れているのです。例えばあなたの夫もしくは妻が失業したと言ったときに、すぐに“一緒に乗り越えよう”という言葉が出てこなかったのなら、それは問題です」

この人とならどんな苦難でも乗り越えられる、そんな絆を確かめ合ったこと、あなたはありますか?

 

■2:「これはあなたの方が上手ね!」

もしパートナー同士がお互いに自分たちの弱点を克服できていったら、夫婦関係においてそれは大きな強みです。

もし夫のほうが料理上手ならば、あれこれ言わずに一歩引いてみて「こんなに美味しい料理を作って、ありがとう!」と感謝の思いを伝えましょう。

自分の欠点を認めて、相手の長所を認めることが重要です。

 

■3:「私は怒っている!」

パートナーと言い合いになるのを避けるために、怒りをあらわにしない人も多いですよね。でも、それは状況を先延ばしにしてしまうだけなのです。

相手に感情をきちんと素直に伝えることは、あなたが今すぐに何をすべきかを導いてくれます。

 

■4:「何があったのか教えて」

口論になったときには、あなたの方から相手に「何があったのか話してほしい」と伝え、なんでも話を聞いてあげる姿勢を見せましょう。

 

■5:「なんでも面と向かって」

現代に生きる私たちは、コンピューターや携帯メールで何を思っているかを簡単に伝えることができます。

しかし、例えば「悲しませてごめん」と、面と向かって言葉で言うのと、メールでただ読み上げるのでは感じ方が大きく異なりますよね。

重要なことだからこそ、相手に面と向かって伝えましょう。本当にお互いのためを思いやるカップルは、肉体的にも感情的にもとても近い存在であるべきなのです。

 

いかがでしたか? 婚生活は山あり谷あり。ほんの少しの言葉や行動の力が、男女関係を持続させるための特効薬になることを、心がけておきたいものです。

 

【愛を深めるテク】

 

【参考】

黒倍王
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dsgdsgerh
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dsgdsgerh/index1_0.rdf