マネーサプライ縮小 

2013年03月31日(日) 16時41分
固定相場制を維持するためには、外国為替市場において外貨売り、自国通貨買いの為替介入を行うか、国内信用残高を減少させるか、いずれかの方法でマネーサプライを縮小させなければならない。

その結果、自国利子率は上昇し、民間投資が抑制されて国民所得は低下することになる。

もちろん予想減価率が大きいほど、自国利子率は大きく上昇し、国、民所得低下の程度も大きくなる。

もし、国民所得の低下から生じる費用が固定相場制というルールに従う代償として大きすぎると政府が考えるのであれば、裁量的に為替相場を切り下げるか、もしくは変動相場制に移行するオプションもありうる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:セロリ
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる