ついにベスト8が出揃った2014年ブラジルワールドカップ(W

July 05 [Sat], 2014, 15:20
ついにベスト8が出揃った2014年ブラジルワールドカップ(W杯)は、いよいよ7月4日(日本時間5日)から準々決勝が始まる。今大会は、カウンターからの得点とともに、GKの好セーブが目立ち、決勝トーナメント1回戦までの56試合中、実に10試合でGKがMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出された。グッチ iPhone5s ケース2010年南アフリカW杯大会が64試合で5人だったので、すでに倍増である。後に、今大会をふり返った場合に「GKの大会」だったと言われることになるはずだ。グッチ iPhone5s ケース

◇56試合中10試合でGKがMOMに選出
まず、GKがMOMになった10試合をふり返ってみよう。

グループリーグ
6月17日 ブラジル 0-0 メキシコ/GKギジェルモ・オチョア(メキシコ)
6月22日 アメリカ 2-2 ポルトガル/GKティム・ハワード(アメリカ)
6月24日 イタリア 0-1 ウルグアイ/GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)
6月24日 コスタリカ 0-0 イングランド/GKケイラー・ナバス(コスタリカ)
6月25日 エクアドル 0-0 フランス/GKアレクサンドル・ドミンゲス(エクアドル)
6月22日 アメリカ 2-2 ポルトガル/GKティム・ハワード(アメリカ)

決勝トーナメント1回戦(ラウンド・オブ16)
6月28日 ブラジル 2-1(PK3-2) チリ/GKジュリオ・セーザル(ブラジル)
6月29日 オランダ 2-1 メキシコ/GKギジェルモ・オチョア(メキシコ)
6月29日 コスタリカ 1-1(PK5-3) ギリシャ/GKケイラー・ナバス(コスタリカ)
6月30日 ドイツ 2-1 アルジェリア/GKライス・エムボリ(アルジェリア)
7月1日 ベルギー 2-1 アメリカ/GKティム・ハワード(アメリカ)

グループリーグ48試合中、GKのMOMは5試合だったものの、負けたら終わりとなるノックアウト方式の決勝トーナメント1回戦では、実に8試合中5試合もMOMにGKが選出された。ケース コピー特に決勝トーナメント1回戦では、負けたチームのGKが3人もMOMに輝き、試合を盛り上げた。

◇W杯出場している国のGKのほとんどが欧州でプレー
2012年に「世界最強のゴールキーパー論: GK王国イタリアの技術・戦術・哲学」(出版芸術社)という、イタリアのGKに焦点を当てた本を書いた。ルイヴィトン携帯ケースその時に、イタリア代表にも選出されたことのあるボローニャ(当時)のGKエミリアーノ・ヴィヴィアーノ(昨シーズンはイングランドのアーセナル所属)がこう言っていたことが強く印象に残っている。

「(ブラジル代表の)ジュリオ・セーザルも、イタリアに来たから上手くなったんだよ。ケース コピ ガガ 腕時計もっと日本人もイタリアに来ればいいのに」

確かにインテルで長く活躍したGKセーザル(現在はカナダのトロント所属)はまさしく、そうである。それではW杯の決勝トーナメントに出場した他の15カ国のGKはどうなのか。ipad2 ケース欧州のチームは当然だが、他の国の正GKも全員が欧州のクラブに在籍しており、特にベスト8に進出したチームのGKは名手揃いだ。

ブラジルのGKセーザルは2005年から2012年までイタリアのインテルで活躍し、コロンビアのGKオスピナはフランスのニースに、コスタリカのGKナバスはペインのレバンテに所属し、アルゼンチンのGKロメロもイタリアのサンプドリアを経て、昨シーズンはフランスリーグのモナコに在籍していた。ガガミラノ 人気時計

欧州のチームのGKは世界的な選手ばかりだ。フランスのGKロリスはリヨンで名声を得て、2012年にはイングランドのトットナムに移籍した。ルイヴィトン携帯ケースドイツのGKノイアーはシャルケを経て2011年からバイエルンの守護神を務める。オランダのシレッセンは2012年からアヤックスで、ベルギーのクルトワは22歳と若いものの、今シーズン、アトレティコ・マドリードの優勝に貢献したGKである。iphoneケース ブランド

惜しくも決勝トーナメント1回戦で負けてしまった8カ国のGKを見ても、チリのGKブラーボはレアル・ソシエダ(スペイン)、ウルグアイのGKムスレラはガラタサライ(トルコ)、ナイジェリアのGKエニェアマはリール(フランス)、アルジェリアのGKエムボリはCSKAソフィアなどブルガリアを中心にプレー、アメリカのGKハワードはイングランドのエバートンのゴールマウスを長く守ってきた。そして、グループリーグから大会を盛り上げたメキシコのGKオチョアも2011年からフランスのアジャクシオに所属している。ipad2 ケース

グループリーグで敗退してしまった16カ国を見てみても、欧州のクラブでしかプレーしたことがない正GKは韓国代表のGKチョン・ソンリョンをはじめ、エクアドル、ホンジュラスの3人のGKのみ。日本代表はベルギーでプレーしているGK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)をはじめ、イランのGKダバリは2008年からドイツのブラウンシュバイクに在籍し、カメルーンのGKイタンジュは元々フランス国籍でランスで腕を磨き、ガーナ代表GKのクワラジーはノルウェー育ちでノルウェーのユース代表経験がある。iPhone 5sケース

このように、ほとんどの国のGKが欧州でプレーしているか、欧州にゆかりのある選手であり、そのレベルの高さをうかがえる。また多くの国のGKが20代後半か30代であり、経験が重要視されるGKならではであろう。klogi携帯ケースその中でベルギー代表GK
フランスのロリス、対戦国の守護神ノイアーを絶賛
サッカーW杯ブラジル大会の準々決勝で対戦するフランスのGKウーゴ・ロリス(右)とドイツのGKマヌエル・ノイアー(2014年7月3日作成)。
【AFP=時事】サッカーフランス代表で主将を務めるGKのウーゴ・ロリス(Hugo Lloris)は、W杯ブラジル大会(2014 World Cup)準々決勝を控え、対戦相手であるドイツのマヌエル・ノイアー(Manuel Neuer)は最高の守護神だと称賛した。グッチ iPhone5s ケース

ノイアーの広い守備範囲には賛否両論の声

 アルジェリア戦でDFラインを押し上げたドイツは、ボールをクリアするため、GKのノイアーが数度にわたりペナルティーエリア外に飛び出している。

 ロリスは、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)でプレーする28歳のノイアーが、「スイーパー・キーパー」としての役割を見事にこなしたことを称えている。iphone 5sカバー

 ドイツとの一戦を前に、マラカナン・スタジアム(Maracana Stadium)で会見に臨んだロリスは、「ピッチで守備陣を押し上げるときは、自身の守備範囲を広げて『リベロ』としての役割を担う必要がある」と話した。

「その仕事ができるノイアーは、間違いなく世界で最もよくできたGKだ。携帯ケース コピーアルジェリア戦では、目覚ましい活躍をみせた」

 ドイツ代表のヨアヒム・レーブ(Joachim Loew)監督もロリスと同じ見方をしており、ボールに触れている場面でのノイアーの技術を、フィールドプレーヤーのそれと比較した。

「ノイアーレベルの選手は、前に出ることができるし、ロングパスの感触も知っている」

「マヌエルはこの点に関して最高の選手だし、MFと同じくらいの技量を持っている。iPhone 5 ケースコピー距離感がつかめるノイアーは、価値ある有能な選手だ」

【翻訳編集】 AFPBB Newsクルトワの22歳という若さで、あの安定感あるセービングは特筆すべきであろう。

◇優勝とともに気になる「最優秀GK」のゆくえ
W杯の過去5大会を見ると、最優秀GK賞(1994年大会からヤシン賞、2010年大会からゴールデン・グローブ賞)を受賞した選手は下記の通り、ヨーロッパの選手である。時計 レディース 人気

1994年アメリカ大会:ベスト16のベルギーGKミシェル・プロドーム
1998年フランス大会:優勝したフランスのGKファビアン・バルテズ
2002年日韓大会:準優勝したドイツGKのオリバー・カーン
2006年ドイツ大会:優勝したイタリアのGKジャンルイジ・ブッフォン
2010年南アフリカ大会:優勝したスペインのGKイケル・カシージャス 

「GKの大会」となりそうな今大会も、過去5大会同様にヨーロッパの選手が最優秀GKになるのか。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dsfstes/index1_0.rdf