車などに乗りま車などに乗りませんよせんよ

October 31 [Thu], 2013, 14:32
盗んだ情報ですか」
「そう。彼女は何でもよく知っているな」
ノヴァは笑った。愛らしい姿の少女が微笑んでいるが、その笑みは完全にノヴァという人格のものだろう。恐ろしいほどに、冷たい笑顔だ。
「だが、この目で見ておきたくてな。組織の者達を」
「だからって、その大切な“媒体”とやらを動かすのか」
ケイが口を挟む。
「警戒してるんだ、あんた達を。あんた達組織の人間……特に、そこにいる魔導士のような者に俺の力を分析されてはまだ困るからな」
 ノエルは大人しく話を聞いていたが、すぐに動き始めた。
「ノエル様!?」www.ha45.com

驚くケイを余所に、ノエルはエリシャの足下に火柱を出現させた。だが、それは一瞬にしてかき消される。エリシャの周囲を薄青い球体が守っていた。その瞳は、元に戻っている。
「成る程、彼女も魔導士ですか」
ノエルは呟くと、次々に攻撃を展開させる。だが、炎も雷も刃物のような風も何もかもエリシャは跳ね返す。
「……ノエル様、まさか本気か?」
「いえ。本気の攻撃が通じなければ、流石の私も動揺します。どこまで傷つければ、もう一度、ノヴァというのが出てくるのか確認しようと思いました」
ケイは、半ば呆れて頷いた。
「あんたの落ち着きは全人類に分けてやってもまだ残るな」
「褒め言葉ととっておきます。ケイ、呪術も試してみなさい」
「……大人しく実験台にはなってくれねえみたいですけどね」
エリシャは攻撃が止むと、遠慮無く爆発を発生させて突き当たり部分を破壊すると外へ飛び出した。もう、その姿は完全に消えていた。
ラルフローレン ポロシャツ

 「観察の為だけに寄越されたというのは、本当らしいですね。しかし、瞬間移動の魔導とは」
「ノエル様、使えるのか?」
「使えれば、車などに乗りませんよ」
ケイは唸った。
「さっきよ、言われるまでもなく方向感覚を狂わせるタイプの呪術を掛けておいたんだが。さっぱり効いてなかったな」
「……これ以上関わり合いたくないものですが」
「だがよ」ラルフ

ケイは、エリシャを通じて伝えられたノヴァの言葉を思い返して言う。
「また、関わり合いになるような事を仄めかしてたぜ」
ノエルは頷く。
「困りましたね」
心の底からそう言っているようだった。

ノエルとケイがいると、台詞多くなっちゃいます……。お喋り男子×2(笑)目的と命令
「おう、待ち構えてたか」
廊下に出
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dsfsfefw/index1_0.rdf