40アグブーツを簡単に選択する教程

October 05 [Fri], 2012, 10:36

アグブーツを購買するとき、価格によってブーツの差別もおおくなってますから、先ずは、自分に納得出来るの定価は一番重要なんです。ブーツの様子は大体同じみたいですが、材料などの違うによって、価格の差別の多いです。今は、便利などの理由で、ネット購買する事の頼れる人はだんだんおおくなっています。しかし、現在の偽物もおおくなってますから、例えば、何百円のブーツもありますし、たくさんの客さまが信じでくれない。「見かけを見れば、何かの違うのか見えないし、なぜか価格の方はそんなに違う七日な。」と聞いたとき、どう返事すればとか困りました。ここで、ちょっと説明して欲しいと思います。見かけは何処か違うのか見つからないけど、実は、大きな区別がありますよ。ココで、クツを手に入れば、本物を選択することは難しくならないですよ!
素材の違いで見分ける:

「ムートンブーツ」でも素材の表記は必ず確認
「ムートン」はフランス語で「羊毛」を意味しますので、本来「ムートンブーツ」=「アグ」となるはずですが、日本では「ムートンブーツ」というとなぜか「アグのような見た目のフェイク品」まで含んでいる場合があります。そのため名前だけで正規のアグ(シープスキン100%のブーツ)かどうか判断せず、素材をきちんと確認するようにしましょう。

羊毛と羊皮が一体なのは当たり前
本物のアグの基本的な特徴は羊毛と羊皮が一体であることです。なぜなら羊の毛は羊の体から生えているからです(当たり前ですが…)。ボアと皮をひっぱってみて隙間が開くようなものは、豚皮や合成皮革と合成繊維などのボアを接着しただけのフェイク品でしょう。もし隙間が確認できなくても、箱を開けたときに接着剤の臭いがするような場合は要注意です。ただし、現在は偽物も皮毛一体が当たり前になっていますので、これだけで本物かどうか判断はしないで下さい。UGG ブーツ


臭いや着色について
本物は基本的に無臭ですが、偽物は箱を開けたときにペンキや薬品のような臭いがすることがあります。また、偽物は履くと足に色が付くことがあります。ただ、脱色については本物でもコンディションによって起きることがあるそうです(メーカーのサポートセンターに確認済み)。アグ ブーツ

可能なら自分の手と目で確認正規品は下の画像のように毛が細く、長さも均一に揃い、厚みときめの細やかさが感じられます。実物を見ることができる場合には、しっかりと自分の手と目で素材の品質を確認するようにして下さい。

http://www.uggmallss.com/
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dsfjw54656/index1_0.rdf