ベテラン文芸編集者が伝授 新人賞選考で落とされない「基本のキ」

June 11 [Wed], 2014, 12:48
4分配信
ベテラン文芸編集者が伝授 新人賞選考で落とされない「基本のキ」
およそ100名の小説家志望者が参加した
 5月10日、東京文京区にある講談社本社は、小説家を目指している人たちであふれていた。

【他の画像】

 この日、講談社とブックリスタの主催で行われたのは、「講談社文芸編集者による小説道場(以下小説道場)」。iphone 5C ケース講談社の文芸編集者が「新人賞の一次選考・二次選考を突破できない人が陥っている落とし穴」などをアドバイスするハンズオンのイベントだ。同時に、出版社に原稿を読んでもらう機会を創出する場としての位置づけも兼ねており、その両面から小説家を目指している人たちが集まったというわけだ。klogi携帯ケース

 イベントの講師として“落とし穴”の解説を行ったのは、講談社で20年にわたり新人発掘を担当してきた唐木厚氏。講談社の新人発掘の場であるWeb事業「プロジェクト・アマテラス」や、優れた作品を刊行する「ワルプルギス賞」プロジェクトなどに携わってきた。iPhone 5 ケースコピーそれ以前は『講談社ノベルス』や『群像』編集部に在籍し、メフィスト賞の立ち上げなど文芸の編集者として極めて優れた実績も残している。

 唐木氏の講演は、長年現場で応募作品に触れてきた経験から、審査で落とされてしまう作品に足りないもの、作品を書くに当たって押さえておくべきポイントを解説したもの。携帯ケース コピーここでは、唐木氏による「作家志望者に伝えておきたいアドバイス」を紹介したい。

●小説の最大の強み――視点の存在を意識する

 まず唐木氏は、「読書の好
写真を拡大 写真を拡大
ラズベリー♪ゴディバ・ショコリキサーの新作
ラズベリーの酸味がおいしい!ゴディバのショコリキサー新作は「チョコレートラズベリー」
高級チョコレートの代表格といえば「ゴディバ」。携帯ケース コピーバレンタインシーズンはもちろんのこと、アイスやドリンクでもそのおいしさが楽しめるとあって人気のチョコレートブランド。そんなゴディバから、チョコレートドリンク「ショコリキサー」の新作が登場したとの情報をキャッチ!

「『ショコリキサー』とは、ショコラとエリクシール(霊薬)から名付けられたゴディバの贅沢なチョコレートドリンクです。iphon2005年に発売以来、コクのあるチョコレートの味わいとまろやかな風味で、幅広い世代の方から愛されている人気商品です。レギュラーメニュー7品に加えて、今回、期間限定商品が2品登場しておりますのでご紹介します」とは広報の担当者さん。iphone 4G カバー

どんな限定品か気になるので、もっと詳しく教えて!

「5月22日(木)より登場した『チョコレートラズベリー』は、甘酸っぱいラズベリーにホワイトチョコレートとチョコレートソースの甘みが溶け合う爽やかな味わい。ホイップクリームの上にはドライラズベリーをトッピングし、ほどよい甘酸っぱさをアクセントにしました。iphone 4G ケースドライラズベリーのカリッとした食感も楽しい1品です。そしてもうひとつ、3月に登場したのは、世界三大紅茶のダージリンと、コクのあるアッサムをブレンドした茶葉に、桃が香るピーチティーの味わいが夏にぴったりな『ホワイトチョコレート ピーチティー』。ケース コピ冷たいドリンクの中に小さく砕いたホワイトチョコレートが抜群のコンビネーションです♪ どちらも人気のフレーバーなので、ぜひお召し上がりください」(同)

暑い季節にぴったりの冷たいチョコレートドリンク。ショッピングの休憩や、お仕事帰りに立ち寄って、疲れた体を甘く労わってあげて♪【オズモール】

【関連記事】きな人も多いでしょう。iphonでも、小説家を目指すのであれば、単なる“読書好き”では足りません。好きな本だけではなく、さまざまな本を読み、そこから作者のテクニックを学ぶようにしてください」とアドバイス。グッチ iPhone ケースどのテクニックを学ぶか、について主に「視点」というポイントに絞って解説した。

 小説と、そのほかの物語を伝える媒体――例えばマンガや映画――では、視点のあり方が大きく異なると唐木氏は説明。iPhone 5 ケースコピー次のような分類も示した。

マンガでは基本的にどの登場人物の心理状態も描かれる“神の視点”で物語が進む。ケース コピー映画の場合は第三者の視点。これに対し、小説にはさまざまな“視点”の取り方があり、それには“一人称”“二人称”“三人称”のもの、さらに“神の視点”もある(唐木氏)

 視点をうまく活用することで、読者は自分のものではない別の世界を体験でき、物語に引き込まれるという。アイフォン5s ケースそれゆえ「視点人物に対する造形を十分に行わないと読者が感情移入できなくなってしまう。読みづらいと感じる、あるいは分かりづらくて話についていけない多くの場合がこれに相当する」と唐木氏は話す。ケース コピー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dsfgsdf/index1_0.rdf