【インドネシア】地元化粧品2社、1〜9月は減収減益

November 12 [Tue], 2013, 10:55
【インドネシア】地元化粧品2社、1〜9月は減収減益
写真:NNA

 
 インドネシアの化粧品大手2社の業績がふるわない。マルティナ・ベルト、ムスティカ・ラトゥともに2013年1〜9月期の決算は前年同期比で減収減益だった。
iphone 4G ケース輸入化粧品の販売増が影響しているもようだ。
 マルティナの売上高は5%減の4,862億ルピア(約42億円)。iphone 4G カバー主力の化粧品部門で国内向けが6%減少したことが販売を押し下げた。伝統薬部門は国内外ともに販売が好調で18%増だった。iPhone 5 ケースコピー売上原価や販管費は減少したが、その他収入の縮小もあり純利益は19%減の300億ルピアにとどまった。
 ムスティカの売上高は12%減の2,840億ルピア。携帯ケース コピーマルティナと同様にその他収入が減ったことで、純利益は3割減の106億ルピアと大幅に低下した。
 11日付インドネシア・ファイナンス・トゥデーによると、両社の業績が低迷している背景には、輸入化粧品の販売が増えていることがある。
iphone 4G カバー今年の販売額は、国産品が前年比で15%増えるのに対し、輸入品は3割増と2倍の伸び率になる見通しだ。
 今年の売上高の目標は、マルティナが前年比15%増の8,240億ルピア、ムスティカが3割増の5,950億ルピアだが、達成するのは難しそうだ。iPhone 4/4s ケースコピー台湾
韓国・北朝鮮
アジア・オセアニア
北米
中南米
ヨーロッパ
中東・アフリカ
【ミャンマー】吉野家カンボジア1号店、日本人観光客も
NNA 11月12日(火)8時30分配信
【ミャンマー】吉野家カンボジア1号店、日本人観光客も
写真:NNA

 吉野家ホールディングスが6日にカンボジアで開店したフランチャイズチェーン(FC)の「吉野家」1号店は、予想通り外国人客が売り上げの多くを占めたようだ。
 1号店は、アンコールワット遺跡のある観光都市シェムリアップのフードビレッジ内に開店。
iphone 4G ケース「外国人客のうち、日本人が最も多かった印象がある」と開店応援に駆け付けた吉野家の担当者は語っている。
 同ビレッジは、外国人観光客を集客するために開設されたフードコートで、乾期の観光シーズンが始まる来月までには他の店舗も開業し、集客力がさらに高まるという。エルメス携帯ケース
 吉野家の開店時間は午前10時から午後10時まで。土日は午前2時までの営業延長を検討中だ。iphone 4 ケース
 主な商品は牛丼、鳥丼が4米ドル(約400円)、鳥肉と牛肉が一度に味わえ量も多い「コンボボウル」が6米ドルとなっている。店舗面積は150平方メートルで座席数は62。
グッチiPhone 5 携帯ケース
 吉野家とFC契約を結んだのは地場のメアス・デベロップメント。今後は首都プノンペンや各空港にも店舗を展開する予定だ。
ipad2 ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dse698f/index1_0.rdf