古井だけど安倍

December 26 [Tue], 2017, 6:38
私が移り住んだアパートはペットが住めないアパートです。

しかし、このところ、お隣から猫の鳴き声が聞こえてくるように変わりました。

大家さんもそれを感じており、頻繁に警告をしたようですが、「育ててない」と言うばかりで困ってます。年金生活になれば、誰でも生活が大きく変わることは避けられません。これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。

いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、年金生活に突入することで、合わない点が徐々に現れるかもしれません。とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですとおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。
ここで思い切って、住環境を変えてみるのも今はごく当たり前の話です。



引越し先でも今のままで同じ母子手帳が使用可能です。
転出時に手続きは不要ですが、妊婦健診に使う補助券などは自治体でそれぞれ違うので、転入先の役所で質問しましょう。



産後の際は、引越しがいつかによって乳幼児健診のタイミングがそぐわない場合があるので、受けなかったという事がないように気をつけてください。
日々心配なく、安全に暮らせる環境とは家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。


よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶は早く終わらせておきましょう。
おみやげを用意した上で挨拶に伺いましょう。

簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、とにかく好印象を与えるよう努めましょう。第一印象を良くすることが肝心です。転居とともに絶対必要になる手続きが結構ありますが、その一つが自動車などの運転免許証を住所変更することです。

いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。転入した地域を管轄する警察署に、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を窓口受付時間内に提出し、届に記入すれば手続きは比較的早く終わります。就職したのを機に、10年ほど前にこのアパートに引っ越したのです。
ここにいるのはせいぜい3年で実家に戻るつもりだったので、住民票は動かしませんでした。

ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、辞めるタイミングが見つからず、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、地方税はこの町の方が安かったりするので、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。自分だけの引っ越しは業者に頼まないでやった方がお金も安く済むし損をしなかったと思うかもしれません。ですが、実は大物を運ぶのも一苦労ですし、とても時間も労力もかかるのです。



それであれば、引っ越し業者の単身パックを利用した方がコストダウンできますし、時間も労力もかからないので、お勧めです。引越しの時というのはいろいろと手続きが必要ですが、仕事をしていると大変なのが市役所で行う手続きです。
住民票の転入と転出があるので、少なくとも二回は行かなくてはなりません。

市役所は平日しか開いていないので、引越し当日以外にもさらに休みを取らなければならないということになります。

人や家により、引っ越し作業の規模は違ってきます。例えば全部の作業をお任せにしてしまうと、一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。荷物も少ない単身での引っ越しであるなら、ちゃんと単身用のコースが用意されていますから、利用を検討してみると良いでしょう。それだけでもう、引っ越しに必要な支出を大幅に削れることになりますので、その分、新しい生活のため残しておくと良いでしょう。


様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、人生の中でも、引っ越しというのは転換期になり得るわけですが、かなり厄介なトラブルも十分考えられるのです。



どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、いろいろな仕事が集中したときに想定外の事態が生じると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠希
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる