日本の福島第一原子力発電所、放射性物質は、地震の前

February 25 [Sat], 2012, 12:37
日本の福島第一原子力発電所、放射性物質は、地震の前に東日本で紛争をこぼし。私は、汚染水の毎日震える、野菜、日常政府が発表した。 (彼は82で死んだ)は、すでにダウン "の手から(?10年"は "悪魔のイベントに直面してJCOの臨界事故からの)の後ろに出て、書き込みしている、男は、12年前に氏正一大泉接触を発表人々。 "東海村JCO臨界事故、茨城県では、ウラン溶液の処理では、1999年9月30日の悲劇である重要である、二つの労働者が死亡し、約600住民が暴露した。その時、(71)シーンと彼の妻、恵子さん、中川昭一から工場の町で80メートルを露出させた。明るみに出た、 "私の夫の肌はシワが今実行するには、本体に亀裂、元医師弱いですが、特定の病気を言わなかった、と毎晩、睡眠、痛みとかゆみ。スティックは、皮膚や爪では、各日の境界線...夫の薬物治療の全身の顔は、病院の皮膚科医が自分を固定ではなく、あなたの指先を傷つけることもシャツのボタンがあります与えられた。不動産の痛み恵子もと言う... "私は皮膚と不規則に適用されない、それ以外の場合は、自殺の試みは、重度の下痢や口内炎、2回行った心的外傷後ストレス障害(心的外傷後ストレス障害)に苦しむしようとします。今年2月7日に死亡した、と氏は中川昭一。中川昭一氏は、放射性物質の恐ろしさを伝えるための活動を生活している。心配しないで、 "だから言った:"終了時まで、あなたがそう手ダウン会議で臨界事故が。私はまだ人間の住宅と同様に、ニュースの分野における福島原子力発電所は、我々は非常に見ることができないと信じているので、 "私は夫の笑顔と通信するたびに、"心配しないでください。 "私は、日本は地震多発国ではないと思います原子力発電所が必要となります。 "ケイコはしっかり口を結んでいる。"私はそれがまだ寺が自宅で被害を行うことはできません埋もれていると思います。地震では、私の夫に、ゆっくりと眠りに落ちる、まだShijukunichiするのは時期尚早 "、恵子氏中川昭一* 4月21日シティ、セント7の問題の肖像画を見つめて
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dsadwax/index1_0.rdf