R×HUNTER」の主人公・ゴン役に抜てき

August 05 [Tue], 2014, 18:40
エンタメ
エンタメ総合
音楽
映画
ゲーム
アジア・韓流
<潘ちゃん×潘さん交換日記>「ばらかもん」と「ガンダムさん」 潘めぐみ
まんたんウェブ 7月15日(火)21時30分配信
 そうそう、この「ガンダムさん」の情報が解禁された際に「月刊ガンダムエース」のインタビューで大和田秀樹先生がこうおっしゃっていました

 「ガンダムの名セリフも名シーンも、もう普遍的なものになっていて、当時のガンダムを見ていなくても『ガンダムさん』や他のマンガを通して、どんどん受け継がれていけばいいなと思いますね」と

 従来の“ガンダム”のファンの方にも、これが初めての"ガンダム"だという方にも、そして、お子さんから大人の方まで、幅広い年齢層を紡ぐ”ガンダム"として、この「ガンダムさん」が愛されていきますように

そしてこの理研の興隆期に所長として1921年より四半世紀にわたり舵取りをしたのが大河内正敏であった彼は着任早々に部単位の組織や職制をとっぱらい、主任研究員のもとで研究室を独立させ、研究課題や予算や人事などのいっさいを主任の裁量に任せたこれにより理研はボトムアップ式の組織となり、自由闊達な雰囲気がうまれる

大河内が目指したのは「研究の自由」という文化の浸透だった何か役にたつことを気にかけるのでなく、ひたすら好奇心の趣くままに研究に熱中できる雰囲気づくりを何よりも大切にした研究に必要な道具は何でも取り揃え、年初の予算外であっても研究者が必要とあれば調達してやったそうだそんな研究に不自由しない環境は、科学者の間で「科学者の楽園」として人気を集め、東大含む国立大教授が研究に専念したいと大学を辞めてまで理研に入所するほどであった

理研の自由さを象徴する例として、理研内にあるテニスコートでは研究者たちが午前でも午後でもおかまいなしでプレーしていたという逸話もあるそれを見て所長である大河内が発したコメントが伝説的だ、「一日一生懸命研究したら、一日遊んでもよいのだ」自由さ加減はまるで現代のGoogle社のようである結果としてこの自由な雰囲気こそが、「日本の科学界を牽引したのは理研」といわれるほどに数々の著名な研究者を後押しすることになったと、朝永振一郎は述懐する

本書によると、戦後、GHQに解体されかけ、難破しそうであった理研を救った一人は、無名時代に理研や大河内に世話になった田中角栄だったという戦後と同じく危機的状況の理研を、今回はどのような人物が救うことになるのかは現代を生きる世代として見ものである本書が河出文庫から復刊された一ヶ月後に発表された理化学研究所改革委員会の提言書は、奇しくも最後の一文をこのように結んだ、「自由な発想が許される『科学者(研究者)の楽園』を構築すべく、理研が日本のリーダーとして範を示すことが期待される」と

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、お母さん!

 ◇プロフィル

 潘めぐみ(はん・めぐみ)=1989年、東京都生まれ2008年に映画「櫻の園」の一般公募オーディションに合格し女優デビュードラマ「オトメン−乙男−」のほか舞台などにも出演11年に100人を超えるオーディションをへて、アニメ「HUNTER×HUNTER」の主人公・ゴン役に抜てきされたアニメ「ハピネスチャージプリキュア!」の白雪ひめ役、ゲーム「The Last of Us」のエリー役などを好演し注目を集めている

そしてこの理研の興隆期に所長として1921年より四半世紀にわたり舵取りをしたのが大河内正敏であったガガミラノ 腕時計

そしてこの理研の興隆期に所長として1921年より四半世紀にわたり舵取りをしたのが大河内正敏であったiphone5 シリコンケース ブランド

そしてこの理研の興隆期に所長として1921年より四半世紀にわたり舵取りをしたのが大河内正敏であったシリコンケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drwer/index1_0.rdf