今さら3型のディスプレイを作るのは逆にコストがかかってしまうという理由もあるん

March 17 [Tue], 2015, 17:04

■商品名: LV iphone6 ケース 4.7インチ ルイヴィトン iphone6 ケース 手帳 アイフォンカバー 左右開き 革 ■対応機種:iPhone6 iPhone6Plus 5.5インチ ■ご注意:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無

料?


 ルイヴィトンiphone6カバー


英国の市場調査会社、カンター?ワールドパネルが12月3日までにまとめたスマートフォンの販売統計によると、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」は世界の主要市場で

販売を伸ばしている。今年9月に発売した「iPhone 6」と「同6 Plus」の売れ行きが好調で、同社のシェア拡大に寄与したという。
グッチ iPhone6 ケース
日本のシェアは主要9カ国で最大
カンター?ワールドパネルは欧州5カ国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)と、日本、米国、オーストラリア、中国における今年8〜10月のスマートフォン販売デ

ータをとりまとめた。

それによると、日本を除く8カ国ではいずれも米グーグルの「アンドロイド(Android)」搭載端末の販売台数シェアが50%を上回っており、同OSの地位は依然盤石だ。

だが8〜10月は、iPhoneのシェアが米国で41.5%、オーストラリアで40.4%、日本で48.0%となり、いずれも40%を上回った。このうち米国のシェアは1年前の同じ期間に比べ

0.7ポイント増え、オーストラリアでは同5.4ポイント増えた。
シャネルiphone6 ケース
一方、日本では同13.1ポイント低下したが、これは「iPhone 5s」と「同5c」を発売した昨年8〜10月期のシェアが61.1%と著しく高かった反動。日本のiPhoneのシェアは今年8

月までの3カ月間と比較すると20.9ポイント増えている。日本のシェアはカンター?ワールドパネルが調査した9カ国の中で最も高かったという。

中国の機種別販売ランキングで3位に
中国におけるiPhoneの販売台数シェアは15.7%で、前の年の同じ期間から0.2ポイント、今年6〜8月期からは1.5ポイント増えた。

iPhone 6と同6 Plusは、9月19日の世界10カ国?地域での発売を皮切りに、同月26日には欧州各国、ロシア、ニュージーランド、台湾など約20カ国?地域で発売された。だが、中

国で発売されたのは10月17日。つまり、この調査に反映されたiPhone 6と同6 Plusの販売期間は、日?米?欧州が1カ月強だったのに対し、中国はわずか10日余りだ。

だがカンター?ワールドパネルによると、それでもiPhoneは中国で販売を伸ばしており、iPhone 6は同国の10月の機種別販売ランキングで3位になった。

ただし、中国でスマートフォンの販売台数が最も多いのはシャオミ(小米科技=Xiaomi)だ。10月の機種別販売ランキングで1位になったのは、同社の5.5インチ端末「紅米

Note(Redmi Note)」だった。
エルメス6Plusケース
英国でほぼ4割のシェア、過去最大
欧州5カ国におけるiPhoneの販売台数シェアは20.7%で、1年前から5.9ポイント増えた。iPhoneはとりわけ英国で伸びており、同国における販売台数シェアは同10.4ポイント増

の同39.5%と、過去最大を記録した。みんなの話を聞くと、落としやすい端末があるようなんですよ。iPhone 6もそんな匂いがする。ツルッときれいだけど、落としやすいの

は間違いない。Xperiaも、Z2とZ3でデザインは極端には違いませんが、聞いた感じだとZ2は落としやすくてZ3は落としにくくなっている。理由がどこにあるのかは分かってい

ない。ディスプレイサイズの大きさを許容するか否かは、そこにも関わっているかなと思います。大きいものがダメではなくて、大きくても落としにくいものもあれば、大き

くないけど落としやすいものもある。

―― 素材も関係しているでしょうね。

西田氏 そうですね。素材や角の仕上げ、フレームと本体幅の差や縦横比など、一言でいえない微妙なものがあるようですね。
新品gucci iphone6 ケース
石野氏 その点、GALAXYシリーズは大画面を長くやってきた蓄積があって、素材感と適度な比率で、片手で操作しても一度も落としたことがありません。

―― 女性の皆さんはどうですか?

太田氏 私はバンカーリングを使っていて、これが2014年すごい売れています。こういう補助道具やケースを使ったり、スマホはしまっておいてAndroid Wearのようなもので

見るなど、やりようはあると思います。面白かったのは、知り合いの女性で小さいからiPhoneがいいと言っていた人たちが、iPhoneが大きくなっても何も言わない。みんな

iPhoneが欲しかっただけじゃないか、というね。

―― iPhone 6が皆さんの許容レベルまで変えたと。

太田氏 小さいiPhone 5sじゃなくて、やっぱりiPhone 6を買う。新しい方がいいとか4.7型だったら許容できるとか、いろいろ理由があると思いますが、iPhone 6によって大

きいものに対する免疫が付いた、みたいなところはあると思います。例えばファブレットという言葉を2013年は使っていましたが、2014年は大きいことが当たり前になって使

わなくなった気がします。

すずまり氏 みんなが持っていてはやっているからいい、みたいなノリがありますね。私はリング状のストラップを使っています。iPhone 6/6 Plusは側面が丸くなってすべ

って持ちにくくて、すぐにストラップホール付きのケースを購入しました。それでも置いた状態から持ち上げるときに怖くて、ストラップのリングに指を入れてから持ち上げ

るようになりました。

西田氏 僕がiPhone 6/6 Plusの方がいいと思った理由は、iPhone 4から続くデザインがあまり好きじゃなかったからなんです。飽きたということもあった。今回はガラスの

仕上げなんかもがんばってきたなと。背面のアンテナの処理は色によっては厳しいと思うけど、スペースグレイを正面から見ると美しいし、前のデザインが嫌だった自分とし

てはこっちの方がいい。

石野氏 ディテールは甘いですよね。カメラレンズが飛び出すは、アンテナが目立つは、どうしちゃったのと。せめてカメラだけは、ここまで画質が高くなくてもよかったか

ら、ストンと落としてほしかった。
シリコンiPhoneケース
西田氏 落としやすいということでいえば、AQUOS CRYSTALを選んだ理由がもう1つあって、AQUOS CRYSTALの表面のパネルはガラスじゃなくてアクリルなんです。なので傷は付

きやすいけど落としたときに割れない。割れない方向性を目指すんだったら脱ガラスで、やり方の1つとして面白いと思ったんです。アクリルは厚みが出るのと質感が落ちるの

とであまり使われなかったと思うんですが、壊れるのが嫌だという話があるならアクリルは1つの選択肢だと思っています。

佐野氏 大画面を否定する意見として言わせていただきますと、スマホは大画面(がいい)とうたって端末を出しているところもありますが、それはグローバル市場の影響と

いう印象があります。グローバルでは、大画面のハイエンド端末と小画面のローエンド端末に分かれてしまっている。日本で売れていたのは小画面のハイエンド端末だったの

に、そういうものを調達するとコスト高になるから、グローバルに合わせてハイエンドで大画面というトレンドを無理に作り出そうという、キャリアやメーカーのエゴを感じ

ます。

 ノミネート端末には入れていませんが、日本市場に合った端末としてXperia Z3 Compactは評価していて、こういう端末はどこかのラインで必要なんじゃないかという意識を

強く持っています。なので、iPhone 6が5型に行かず4.7型でとどまったのは、日本人として少し安心しました。これが5型だったら、iPhoneの流れはもっと変わったかもしれな

いですね。

石川氏 女性お2人は大画面端末にリングを付けていますけど、果たしてリングを付ける前提でいいのかとは思いますね。片手で持つのが大変でリングを付けてなんとかなると

いう状態が、スマホメーカーとして正しいことなのか。それで便利ならストラップホールくらいは付けてほしい。

石野氏 ユーザーが工夫せざるをえないという状態は、確かにちょっと間違っているという気がします。以前、auに「ベルトのついたケータイ」がありましたけど、今こそ復

権が求められているのではないかと(笑)。

西田氏 大型化を許容する話として「もう電話じゃないから」という言い方はあると思います。だとするなら、僕らが電話するときの姿そのものを見直さなきゃいけない。腕

時計型か何なのか分かりませんが、話し方も変わらなきゃいけない。大きくてもいいという認識が作れればいいんですが、今までのスマホの使い方で画面だけ大きくしました

と言われても、バランスは確かに悪くなっていきます。

石川氏 佐野さんがおっしゃったように、日本と海外で電話の使われ方がちょっと違う。海外であれば、Bluetoothヘッドセットやイヤフォンで音楽を聴いていて、電話が着信

したらそれで話すのが当たり前になっている。だからこそ大画面が両立するんでしょうが、日本ではそういう使い方はあまりされないし、電車通勤が前提になっている。そう

考えると、大画面が本当に日本市場に合っているのみんなの話を聞くと、落としやすい端末があるようなんですよ。iPhone 6もそんな匂いがする。ツルッときれいだけど、落

としやすいのは間違いない。Xperiaも、Z2とZ3でデザインは極端には違いませんが、聞いた感じだとZ2は落としやすくてZ3は落としにくくなっている。理由がどこにあるのか

は分かっていない。ディスプレイサイズの大きさを許容するか否かは、そこにも関わっているかなと思います。大きいものがダメではなくて、大きくても落としにくいものも

あれば、大きくないけど落としやすいものもある。

―― 素材も関係しているでしょうね。

西田氏 そうですね。素材や角の仕上げ、フレームと本体幅の差や縦横比など、一言でいえない微妙なものがあるようですね。

石野氏 その点、GALAXYシリーズは大画面を長くやってきた蓄積があって、素材感と適度な比率で、片手で操作しても一度も落としたことがありません。

―― 女性の皆さんはどうですか?

太田氏 私はバンカーリングを使っていて、これが2014年すごい売れています。こういう補助道具やケースを使ったり、スマホはしまっておいてAndroid Wearのようなもので

見るなど、やりようはあると思います。面白かったのは、知り合いの女性で小さいからiPhoneがいいと言っていた人たちが、iPhoneが大きくなっても何も言わない。みんな

iPhoneが欲しかっただけじゃないか、というね。

―― iPhone 6が皆さんの許容レベルまで変えたと。
グッチ iPhone6 ケース
太田氏 小さいiPhone 5sじゃなくて、やっぱりiPhone 6を買う。新しい方がいいとか4.7型だったら許容できるとか、いろいろ理由があると思いますが、iPhone 6によって大

きいものに対する免疫が付いた、みたいなところはあると思います。例えばファブレットという言葉を2013年は使っていましたが、2014年は大きいことが当たり前になって使

わなくなった気がします。

すずまり氏 みんなが持っていてはやっているからいい、みたいなノリがありますね。私はリング状のストラップを使っています。iPhone 6/6 Plusは側面が丸くなってすべ

って持ちにくくて、すぐにストラップホール付きのケースを購入しました。それでも置いた状態から持ち上げるときに怖くて、ストラップのリングに指を入れてから持ち上げ

るようになりました。

西田氏 僕がiPhone 6/6 Plusの方がいいと思った理由は、iPhone 4から続くデザインがあまり好きじゃなかったからなんです。飽きたということもあった。今回はガラスの

仕上げなんかもがんばってきたなと。背面のアンテナの処理は色によっては厳しいと思うけど、スペースグレイを正面から見ると美しいし、前のデザインが嫌だった自分とし

てはこっちの方がいい。

石野氏 ディテールは甘いですよね。カメラレンズが飛び出すは、アンテナが目立つは、どうしちゃったのと。せめてカメラだけは、ここまで画質が高くなくてもよかったか

ら、ストンと落としてほしかった。

西田氏 落としやすいということでいえば、AQUOS CRYSTALを選んだ理由がもう1つあって、AQUOS CRYSTALの表面のパネルはガラスじゃなくてアクリルなんです。なので傷は付

きやすいけど落としたときに割れない。割れない方向性を目指すんだったら脱ガラスで、やり方の1つとして面白いと思ったんです。アクリルは厚みが出るのと質感が落ちるの

とであまり使われなかったと思うんですが、壊れるのが嫌だという話があるならアクリルは1つの選択肢だと思っています。

佐野氏 大画面を否定する意見として言わせていただきますと、スマホは大画面(がいい)とうたって端末を出しているところもありますが、それはグローバル市場の影響と

いう印象があります。グローバルでは、大画面のハイエンド端末と小画面のローエンド端末に分かれてしまっている。日本で売れていたのは小画面のハイエンド端末だったの

に、そういうものを調達するとコスト高になるから、グローバルに合わせてハイエンドで大画面というトレンドを無理に作り出そうという、キャリアやメーカーのエゴを感じ

ます。

 ノミネート端末には入れていませんが、日本市場に合った端末としてXperia Z3 Compactは評価していて、こういう端末はどこかのラインで必要なんじゃないかという意識を

強く持っています。なので、iPhone 6が5型に行かず4.7型でとどまったのは、日本人として少し安心しました。これが5型だったら、iPhoneの流れはもっと変わったかもしれな

いですね。

石川氏 女性お2人は大画面端末にリングを付けていますけど、果たしてリングを付ける前提でいいのかとは思いますね。片手で持つのが大変でリングを付けてなんとかなると

いう状態が、スマホメーカーとして正しいことなのか。それで便利ならストラップホールくらいは付けてほしい。
シャネルiphone6 ケース
石野氏 ユーザーが工夫せざるをえないという状態は、確かにちょっと間違っているという気がします。以前、auに「ベルトのついたケータイ」がありましたけど、今こそ復

権が求められているのではないかと(笑)。

西田氏 大型化を許容する話として「もう電話じゃないから」という言い方はあると思います。だとするなら、僕らが電話するときの姿そのものを見直さなきゃいけない。腕

時計型か何なのか分かりませんが、話し方も変わらなきゃいけない。大きくてもいいという認識が作れればいいんですが、今までのスマホの使い方で画面だけ大きくしました

と言われても、バランスは確かに悪くなっていきます。

石川氏 佐野さんがおっしゃったように、日本と海外で電話の使われ方がちょっと違う。海外であれば、Bluetoothヘッドセットやイヤフォンで音楽を聴いていて、電話が着信

したらそれで話すのが当たり前になっている。だからこそ大画面が両立するんでしょうが、日本ではそういう使い方はあまりされないし、電車通勤が前提になっている。そう

考えると、大画面が本当に日本市場に合っているのか、日本市場に合わせた大画面のあり方、みたいなものが問われようとしている気がします。

―― 今さら3型のディスプレイを作るのは逆にコストがかかってしまうという理由もあるんでしょうね。
か、日本市場に合わせた大画面のあり方、みたいなものが問われようとしている気がします。
iPhone6ケース香水風
―― 今さら3型のディスプレイを作るのは逆にコストがかかってしまうという理由もあるんでしょうね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seysbe
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drund/index1_0.rdf