白昼夢 

April 10 [Sun], 2005, 8:37

夢を見ていたの。

それは長く暗い甘美な世界。
それは眩しい透明な世界。

貴方がいないと泣く私に
遠くて届かないと苦しむ私に
小鳥は空を舞う。

ここは怖いから
早く目覚めて

夢を見ていたの。

貴方と私が終わる夢を。


消去と再生 

April 02 [Sat], 2005, 18:24

必要ないのなら殺してください。

必要あるのなら抱きしめてください。

真新しい世界に溺れ死んだり、踊り狂ったりしたくないのです。
出来ることなら夢の中で生きていたいのです。
突き放されてもかまいません。
仲間に入れてくださってもかまいません。

ただ「孤独」ということは一生この体につきまとうのです。

わかっています。
人間は孤独なのです。
それでもいいのです。

この世界では、それすら忘れることが出来るのですから。

必要ないのなら殺してください。

必要あるのなら抱きしめてください。

名前 

March 25 [Fri], 2005, 12:18

僕の名前は「 」。

人に呼ばれたことがないので忘れてしまった。

ただ唯一、君が呼んでいた気がするけど。
君だって、自分の名前なんて知らないだろう。

君はたった一人で死んでしまった。

僕も一人で死ぬのだろうか。

もしもまた僕の名を呼んでくれる人が現れたら。
僕は笑えるだろうか。
君を忘れられるだろうか。

僕の名前はまだ存在していない。

キス 

February 16 [Wed], 2005, 9:59
あなたはまるでビタースウィート。

ここにいて。
あたしだけ見てて。
温もりのないこの世界は。
あたし達には似合わない。
鴉の群れは祝福の歌。
賛美歌はいらない。
あぁ!
私たちの幸せよ。
あなたはこんなにも傷ついてる。

あなたはまるでビタースウィート。
甘く苦く辛い。

僕。 

February 15 [Tue], 2005, 17:42
僕。
それは半透明で。
実態はあっても感覚がなく。
左脳は腐っていくの。

傷つきやすくて。
脆くて。
だけど無理して笑ってみせた。

嫌いなものが多く。
ワガママ。
靴下集めが好き。
想像の世界では活躍してる。

飛べることも出来ず。
歩くこともままならない。

そんな僕。
僕。

独り。

2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drug01
読者になる
Yapme!一覧
読者になる