Appleが2016年に4インチ「iPhone」をリリースするといううわさは以前からあるが

December 16 [Wed], 2015, 15:25
 Appleが2016年に4インチ「iPhone」をリリースするといううわさは以前からあるが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏のリサーチメモは、このうわさを裏付けるような内容になっているという。MacRumorsが米国時間12月3日に報じた。
iPhone6ケースグッチ

 Kuo氏によると、この4インチiPhoneは、「iPhone 5s」をアップデートしたようなデバイスで2016年初頭に登場するという。

 Kuo氏は、同デバイスがTSMCとサムスンが製造する「A9」チップ、2.5Dカバーガラス(iPhone 6sと同様に周辺部が湾曲)、「Apple Pay」用の近距離無線通信(NFC)を搭載すると予測している。
iphone6s plusまた、筐体は金属製になるが、少なくとも2〜3色のカラーオプションが用意されると同氏は考えている。また、カメラはiPhone 5sと同様で、背面用が8メガピクセル、前面用が1.2メガピクセルになるという。
グッチiPhone 6ケース

 Kuo氏は、新しい4インチiPhoneについて、通年の出荷台数が2000万台、製造開始が2016年第1四半期、米国における価格が400〜500ドルになると予測している。

 4インチiPhoneのうわさは2015年前半には既に浮上しており、Appleが9月に開催するイベントで登場するのではと言われていた。
ルイヴィトンiphone6sケースしかし、イベント開催時期が近づくにつれ登場しない可能性が報じられ始め、実際に登場す
4インチiPhoneのうわさが再燃 A9搭載で来年前半に登場か?
筐体はメタルで、iPhone 5cのようにカラフルになるという(画像はiPhone 5c)
 米Appleが4インチのiPhoneを来年前半に発売する可能性がある──。Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏の予測を米MacRumorが12月3日(現地時間)に伝えた。
アイフォン6エルメス

 クオ氏によると、4インチiPhoneはiPhone 5sに似た外見で、複数のカラーバリエーションのあるメタル筐体にiPhone 6sのようにエッジがカーブするディスプレイを搭載するという。プロセッサはA9で、カメラは1200万画素と800万画素。
ルイヴィトンiPhone6ケースApple Payをサポートする。米国での販売価格は400〜500ドル(約5万〜6万円)と予測している。
iPhone6ケースヴィトン風

 4インチiPhone(iPhone 6c)のうわさは3月にも浮上したが、7月に米Cowen and Companyのアナリストが「Appleが4インチiPhoneの計画を取りやめた」と指摘した。

 クオ氏は4インチiPhone発売予測の根拠として、4インチへの需要は依然として高く、低価格端末は特に新興国市場でのシェア拡大に役立ち、低価格でApple Payをサポートする端末はAppleのエコシステムの強化につながるという理由を挙げた。
ルイヴィトン マフラーまた、iPhone 6sの販売が減速しており、4インチiPhoneの出荷がサプライヤーへの発注減や市場シェアの減少を軽減する助けになるとしている。

 同氏はまた、iPhone 7の本格的な製造はAppleの2016年第2四半期(1〜3月期)に開始されると予測した。
エルメスiPhone 6ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:etvee
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drufawe/index1_0.rdf