物流サービスのルーツ 5

August 29 [Thu], 2013, 19:57
在地の商人資本が漁業生産部門へ資本を投下することをまったくしなかったというのではない。
すでに触れた前川家や千田家は、ともに漁業経営を兼ねていたのである。
漁業における商人資本の場合は、生産過程に資本を固定させることはきわめて危険であったから、どうしても買占資本の形態のものが支配的とならざるをえなかったわけである。
三陸地方のもっとも代表的な商人資本としての前川家がその最盛期を迎え、かつ経営の不振におちいったとみられるのが宝暦前半期。
全国的な発展の様相をみせる商品生産を背景にして、商人資本と結託した田沼意次らによって、現実主義的かつ積極的な政策が推進された時代である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おぺいりぃ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/drtujtyi6556/index1_0.rdf