佐藤雅俊だけどモンキー

January 13 [Fri], 2017, 12:39
乳酸菌シロタ株イコール、ヤクルトです。

過去に白血病に罹患し、闘病した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。

あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドで引く手あまたのCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、大きな効果が期待できそうな気分がします。

私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。

効果があった対策は、ヨーグルトを毎日欠かさず食べる事でした。

教えてもらった、この方法で長年の便秘が治ったという話を聞いて、私もヨーグルトを買いに行って実践してみたのです。

毎日食べているうちに、おなかの調子がよくなってきて、便秘で悩むこともなくなりました。

今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。

それはバナナにヨーグルトです。

来る日も朝食べています。

頂いている間に、なんか便秘が良い状態になってきました。

あれほど頑固で、ひどかった便秘が消失できてお薬を飲む必要がなくなりました。

現時点でポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて幸いです。

お通じが悪くなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口が臭くなります。

いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、口の臭いは腸から胃を通っていらないものを取り除こうとし、口の臭いになってしまうのです。

このような状態の時、便秘が改善されると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。

インフルエンザをあらかじめ防ぐためにいいといわれているものに乳酸菌があります。

1年くらい前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというテレビプログラムを見ました。

私の子供が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが特に効果があるそうです。

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳になったばかりの頃でした。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、ようやくそれらの症状も落ち着きました。

私が便秘になった理由は、日頃の運動が足りないせいでしょう。

会社へは毎日車で通っているので、あまり歩く事もありません。

犬を飼っているわけでもないので、散歩にも行きません。

そのような生活のせいで、私は便秘がちなのではないでしょうか。

まず、便秘解消のためにも、ウォーキングをすることにしました。

乳酸菌と言って思いつくのはカルピスと言えるでしょう。

小さかったころから、よく、飲ませてもらってました。

なぜなら、乳酸菌が入っているからです。

私に毎朝、お母さんが出してくれました。

そのわけで、私は便秘の経験がありません。

カルピスを飲んでいたために丈夫な体になりました。

通常、便秘に効く食事は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食物などであります。

しつこい便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態に至っています。

この状態を改善することで、、トイレにいきやすくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、まずは腸内を改善するのが良いでしょう。

乳酸菌をたくさん摂りすぎても副作用を心配することはありません。

ただそうは言いますが、いくら体に良くてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、可能性もあります。

体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、そう考えても、常識的な量を守っておくと確実でしょう。

乳酸菌の選択の仕方としては、まずは、気になった乳酸菌を含んだ商品を試用してみるのがオススメです。

最近は、変な味のし内、乳酸菌ドリンクもあるほか、サプリというものも出回っています。

腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を試したとき、翌日、トイレから出られない状態になったので、休日前に試すといいでしょう。

乳酸菌には多くの効果があるようですが、とりわけ、整腸作用に良く効くといわれているようです。

お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸内が活性化し体の中に溜まっていた便が排泄されやすくなります。

それにより、便秘や下痢が緩和されます。

乳酸菌を毎日取り入れることにより内臓、腸を整える効果が高まります。

この数年、乳酸菌がアトピーの皮膚炎によいことが解明されてきました。

アトピーの起因となるものは様々ですが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって引き起こされる場合もあります。

アトピー患者の大部分は腸の状態がよくないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピー克服への第一歩となるでしょう。

この前、インフルエンザになって病院を受診しました。

どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になってうつったのだろうと考えています。

3日間発熱し続け大変な思いをしました。

高い熱が熱発するインフルエンザなので、通常の風邪より辛いですね。

以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私の経験によると、かなり大量にたべないと、効果がないような気がします。

日ごとに1パックぐらい食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルト愛好者にはいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れて味を変えて可能な限り食べるようにするとよいでしょう。

私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、悲惨な見た目でした。

様々な治療法をやっても、効果を全く感じなかったのに、住む場所を変えたところ、急に肌がキレイになり、痒みもなくなりました。

できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーに効くかもしれません。

日々摂取している乳酸菌のおかげで、私はすごく健康になってきました。

毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。

ヨーグルトというのは味にも変化をつけやすいですし、便秘にならずにすみます。

乳酸菌を摂取するようになってから、お肌の調子も良くなって、体重も落ちました。

ここ最近の研究でインフルエンザを予防していくには乳酸菌が高い効果を誇るということが知られてきました。

というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力というものが向上して、インフルエンザの予防となったり、症状を軽減する効果が高まります。



内臓の調子をしっかり整えておくと肌が美しくなると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む食品みたいです。

「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。

何となくちょっと恥ずかしい気持ちです。

アトピーの治療には食事も重要と考えられます。

アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで良い状態の肌へと生まれ変わることができると言われています。

消化器系の内臓器官を整えて免疫力を強める成分としてヨーグルトや大豆食品を代表する食品などを日々バランスよく摂取するとアトピーの改善に良い方法です。

アトピーに良い作用の化粧水を毎日使っています。

友人からすすめられた化粧水は、私の悪化したアトピーを見違えるほどきれいに治してくれたのです。

毎日鏡を覗くのが、嬉しくなりました。

触る度に素肌がスベスベになったことを実感しています。

最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴剤をサンプルで貰い受けました。

どんな商品でもそうですが、少しだけ使ってみないと結論を出せないものです。

サンプルの入浴剤はとても肌に馴染んで、自分に合う感じでした。

しびれるような感じもありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いを保ちます。

運動不足は筋肉の衰退していくだけでなく、身体の不調も引き起こします。

中でも女性に多く症状が見られるのは便秘なのです。

運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが最適です。

できるのならば、便秘予防のためにも、週に1、2回はジョギングを試みたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。

インフルエンザに感染したことがわかると学校に出席することが5日間できなくなります。

インフルエンザに感染してしまったとしても、発熱の症状は2、3日で治まりますので、登校しようと思ってしまうかもしれません。

たとえ平熱に戻っても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。

なので、出席停止の間はを家にいることが感染を防ぐのに必要なことです。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では共通していますが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、酢などという菌に強い成分も作り出す働きがあるのだそうです。

だから、ノロウィルス対策に効果的と考えられているのですね。

ここ最近は、様々な感染症の話を聞くので、摂るといいかもしれません。

普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が効きます。

おならによる臭いの原因は内臓ある悪玉菌にあるとされています。

なので、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増殖を防止する能力のある乳酸菌を継続して摂取ことによりおならの臭気を和らげることができます。

アトピーは乳酸菌を摂取することで、症状の改善がされる可能性があります。

アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという抗体が生まれます。

そして、発生したこのIgEが数多く作られすぎてしまうと、過剰反応を起こしてしまい、アレルギーが起こってしまうのです。

これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。

一般的な乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、乳酸菌について調べてみました。

いろいろ調べてみたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことになるのだそうです。

みなさんはこの事を知ってましたか?30年余り生きて来て、知らなかった事実を発見です。

だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザに感染をし、熱が出た後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症なのです。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、治癒した後に後遺症が残るケースもございます。

インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂るために食事を抜いてはなりません。

薬や病院ももちろん大切ですが、栄養を補給することも大切です。

早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。

例え丸一日、食欲がなくても、消化が良くて栄養満点なものを可能な限り食べてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウマ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drtreread0iigv/index1_0.rdf