今年の ほうれん草はおかしい?

January 28 [Sun], 2018, 13:23

tonton畑 隅のじゃが芋を植えていた土がすっかり凍ってしまったので
慌てて芋を掘り出した。
何割かは凍ってから腐っていて、無事な物を袋に入れて干した。
アンデス赤という品種が何故か暖かい中米産の筈なのに、無事なのが多い。



ねぎも収穫。
玉ねぎとともに 圧倒的に寒さに強い。



そして晩飯に 胡麻和えにすべく収穫した ほうれん草。



サラリーマン在職中、
「報告 連絡 相談」略して「ホウレンソウ」と 耳にタコが出来るほど言われたものだ。

それにしても、今年の ほうれん草は 全然丈が伸びず、小さく縮れたまま。
中心部に また新たな葉が出て来て、白い細かな粒が付いている。
今朝の園芸番組で、寒さに耐えるために糖分を蓄えているのだということらしい。




初雪

January 27 [Sat], 2018, 8:44

今朝目覚めて外を観れば・・・・   銀世界



8時現在 未だ降り続けているが、
今の時点で積雪は 屋根の雪で測れば 2〜3cmか。





気になるtonton畑も すっかり雪で覆われてしまっているが、
何が下に埋もれているかは、もちろんtontonには全て分かっていて
芽が伸び始めたばかりのスナップえんどうや 
初めて植えた赤大根の若い芽のことを思うと心が痛い。



このブログをアップしている間に突然晴れて来て、雪が光り出した。



昨日 ジョギングに出掛けて、
霰の激しい吹き降りに凍え死ぬかと思った猪名川が鉛の鏡の様に鈍く輝いている。




映画「ジオストーム」を観た

January 25 [Thu], 2018, 20:16

月曜日 22日は 冷たい雨が降って、畑もできず散歩もできず
仕方なく映画館へ。
SF好きとあって、テレビの予告編で面白そうだな、と思っていた「ジオストーム」



年々進む地球の温暖化と異常気象、
未来世界でこれが限界を越え、各国毎の力では対応しきれなくなり、
国連のもとに世界各国の最新テクノロジーを集結した気候コントロール衛星によって
天候を完璧に制御することが可能となった。
その気象コントロール衛星の運営開始から3年、
突如として衛星が暴走を始め、世界中で異常気象を発生させる。



天候をコントロールする気象宇宙ステーションが暴走し、
未曾有の災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐために
衛星の生みの親でもある科学者のジェイクが奔走する姿や 
その周辺に渦巻く大陰謀とサスペンス。
とにかく忙しい映画だ。
息を飲む地球上の災害場面は、「デイ・アフター・トゥモロー」等、
宇宙でのステーション内外での修理活動は「ゼログラフティ」等々 
今までの色んなSF映画で観た様な場面が次々に展開する。



とにかくエンターティメントとして面白いが、
一方で不自然な部分も満載で、「そんなアホな〜」と突っ込みながら観るのも又一興か。

お年玉

January 23 [Tue], 2018, 10:02

お年玉と言えば、貧しかった子供時代に珍しく貰ったお年玉30円が嬉しくて
近くの菓子屋に走って行ったのを覚えている。
遠足の時しか買えなかったサイクロキャラメル(確か5円か10円だった)が
大きくて美味しかった。



今やおっさんと化したtontonが貰う年に一度のお年玉。
それがこれだ。



今年は3等3枚のみ。
100枚に2枚当たる確率だがら、分母が230枚ならもう少し当たっても良い筈だが、
まあ所詮確率は確率だから仕方ない。

洋間に居るらしいワンちゃん二匹の顔がアップされた切手のデザインが可愛い。


21日の日記;猪名川散歩

January 22 [Mon], 2018, 19:38

tonton畑では 先日の芽キャベツに続き、比較的珍しい収穫の赤かぶ。



カリフラワーとともに甘酢漬けにすると旨い。



赤かぶと言えば、昔のテレビドラマの 赤かぶ検事奮戦記 を思い出す。
検事役のフランキー堺とその古女房役の春川ますみの絶妙コンビ。
叩き上げの赤かぶ検事が一癖も二癖あるエリート弁護士と法廷対決。
苦節何十年の経験と法律知識を駆使して解き明かす、納得がいく面白さ。

ちょっと逸れた話を戻すが、
体重増への反省から、最近猪名川河原での散歩とジョギングを始めた。
一昨年のリフォーム前は何度か10キロ程の市民マラソンにも出ていたが、
工事の企画、家の片付けから工事最終工程までの間に
すっかり走ることが無くなってしまった。

猪名川運動公園から伊丹空港辺りまでをゆっくりと歩いたり、
ときにちょこっと駆け足したり。



ここのご褒美は、空港からの離陸の風景。









ときに こんな「動くハウルの城」を地で行くおっさんと出くわすのも面白い。


19日の日記:ぶりしゃぶ

January 22 [Mon], 2018, 9:50

最近は定期的に伊丹の公設市場内にある伊丹水産で新鮮な魚を買っている。
一度 テレビで観た ぶりしゃぶ を食べてみたいと、大将に告げたら
見事に皿に薄造りを作って盛って呉れた。
脂の乗った腹の部分の柵を綺麗に飾ってある。
これが驚きのリーゾナブル価格だから有り難い。



全部 しゃぶしゃぶにするのは勿体無いと、
半分を造りで頂いたら、これが激旨!
脂がのっているのに、ひつこくなく、モチモチとした歯触り、
ぶりというよりカンパチに近く、ワサビ醤油の次はポン酢にスダチで。

しゃぶしゃぶも 自宅tonton畑の白菜、地元宝塚の太ネギとともに頂いたが絶品。

年に一度か二度は食べたいものだ。



20日の日記:葬儀と落語会

January 21 [Sun], 2018, 20:07

最近またブログ更新が滞ってしまった。
毎日、何事もないのではなく色々あって、時間と更新の気力が無いのが理由。
20日は 恩師の葬儀参列に三田へ。

      昨年末、確率解析論著作に情熱を燃やされたあと、
      普通に正月を過ごされたのちに風邪をこじらされて
      遅ればせに病院へ行かれた時には  
      肺炎で手の施し様が無い状況だったとの事。
      ご家族の「無理矢理でも診察に連れていっていたら・・・」
      との無念の言葉、お詫びの言葉が胸に浸みる。
      数学者の娘さんらしくずっと気丈に振る舞われていた喪主の娘さん、
      最期のお別れに お棺の中の父君の手に、
      何年か前に亡くなられた最愛の奥様へのブーケを握らせられたとき
      娘さんの顔がゆがみ目に涙が溢れた。   
  
誠に 不謹慎で申し訳ない話だが、葬儀の後、
同期会で毎年恒例となった「ABC上方落語を聴く会」へ遅れて駆け付ける。
生中継とあって途中での出入りが制限され、
    昼の部の半分程が進んだところで
    噺家が入れ替わるタイミング(放送ではコマーシャル中)で会場へ入れて貰う。
    笑福亭仁智の師匠仁鶴の若き頃の無手勝流を思わせる巧みなギャグと
    アホなやーさん「源太と兄貴」に会場は抱腹絶倒。
    
    中入り後の 桂米二の「初天神」は彼の真面目さが災いして今一不発。
    
    今やトリを飾るという桂文珍の「くっしゃみ講釈」は
    声の高低強弱のメリハリが効いて場内の爆笑を誘う。
     

終了後、尼崎 屋台寿司での打ち上げ宴会後に帰宅したところに入った
同期の訃報。
会社同期の中でも最も若く健康で元気な彼の突然死が今も信じられない。

米寿とはいえ惜しまれながら旅立たれた恩師、
打ち上げ宴会中の話題の中心となった闘病1年半苦戦中の同期、
そして何の予兆も無く突然死した同期、
生者必滅の厳しい現実と 自己の日々の生活を合わせ観て
改めて、健康の有り難さと 何気ない日々への感謝を痛感した一日となった。

恩師 池田信行先生のご冥福を祈る

January 17 [Wed], 2018, 12:04

昨日、自宅パソコンに入った一通のメールに凍りついた。
数学の授業の範囲に留まらず、学生生活の色んな局面、
いや大学卒業後も親身にお世話になった池田信行先生が
突然にお亡くなりになったとのメール。
昨年末、著書の完成に向けて相当無理をされたのが祟ったのかもとのこと。
88歳にして、確率過程論の著作の完成に命を掛けられていたのか。

昨年6月に先生の米寿のお祝いを兼ねて同窓会を開いた際に、
三田からお出まし頂き、お元気な姿に一同喜んだ矢先の事に驚きを隠せない。





同窓会の開催や その際のスナップ写真を再編集して昨年末にお送りした事が
せめてもの供養とも言えるが、
友人たちと「今度は90歳卆寿のお祝に三田まで行ってお会いしよう」
と話しあっていただけに残念だ。
通夜は19日午後7時から
葬儀は20日午前11時から
いずれも  三田けやきの森葬儀場にて。

池田先生のご冥福をお祈りします。



久々の重労働

January 17 [Wed], 2018, 10:16

最近は寒いのと、野菜の世話が少ない時期なので、
畑で汗を流す事が少なかった。
狭い敷地を最大限に活用すべく、
斜面に建つ自宅の石垣の凹んだ一画に生えていた雑木を切倒し、
切り株に枯葉在剤浸みこませて長期戦で撤去する計画。
ところが、左右に伸びる根っこを掘り出してはノコギリで切るという作業を
繰り返していたら、堀り出しに成功。





その区画に 温州みかん と きんかん を植えた。
どの程度実がなるか、所詮遊び半分だが、楽しみではある。



一方、tonton畑では芽キャベツを収穫。
これがなかなか良く実と言うか葉が付いていて
シチューに入れたら甘くて無茶旨!



今年はほうれん草の伸びが悪いが、葉の色が濃く、
白和えにしたら美味だった。





四国 温泉・美術館の旅 No.5 香川から徳島大塚美術館

January 15 [Mon], 2018, 21:13

4日目の朝、宿からの瀬戸内海と瀬戸大橋



前日の雪が嘘のように晴れて、山道も凍っていないとのこと。







バイキングでは 讃岐うどんの焼うどんも。





五色台から山を下り、高松市の栗林公園へ。



ボランティアの方がずっと付いて公園の歴史など詳しく案内して下さる。













以前に同期会で行ったコースだが、
徳島へ向かう途中と言うこともあり、続いて屋島へ。



金毘羅さんにお参りできなかった代わりと言うわけではないが
屋島寺へお参り。











香川に来たらやはり讃岐うどん
屋島の麓の四国村にある わら屋 でたらいうどん
 




古い藁ぶき屋根の民家がお店になっている。



徳島鳴門の大塚美術館を目指して高松道を走る。
正月に集まった兄や義兄から 大塚美術館は一見の価値有りと
勧められての企画。
入り口を入って先ず 長いエスカレーターに驚く。



とにかく規模が大きくて、全部の絵を観て回ると4キロ歩くことになる。



西洋中心として歴代の名画を実物大の陶板に焼き付けて額に入れて展示



普通は撮影禁止だろうが、複製のため撮影可



最初は一点づつ丁寧に観ていたが、途中で脱水状態になり、
中世の作品はアバウトに鑑賞















tontonはこの ピカソのゲルニカを一番観てみたかった。



日が暮れて来て、帰路に着く。
鳴門海峡を渡り、淡路島を縦断し、帰宅。
あいにくの記録的な寒さの中、
美術館は十分鑑賞とは言えないが、温泉と四国のご馳走は堪能した旅だった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dr.tonton
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク(大型)・ 四輪-ツーリング歳時記
    ・写真-ツーリング先、イベント報告、花発見、お店など
    ・家庭菜園-初心者ですが・・
読者になる
ツーリング歳時記としてスタートしましたが、
最近は 近辺散策、野菜作り、お店巡りなど身近なテーマからも色々採り上げて「雑多煮写真ブログ」化しています。
原則 毎日更新を目指していますので、出来不出来の波は有りますが、何とか続けています。 

2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ゆめ
» 悔しいったらあれゃしない (2018年02月18日)
アイコン画像dr.tonton
» 悔しいったらあれゃしない (2018年02月17日)
アイコン画像kaze
» 悔しいったらあれゃしない (2018年02月17日)
アイコン画像dr.tonton
» おっさんのバレンタイン (2018年02月16日)
アイコン画像dr.tonton
» おっさんのバレンタイン (2018年02月16日)
アイコン画像dr.tonton
» おっさんのバレンタイン (2018年02月16日)
アイコン画像おさる
» おっさんのバレンタイン (2018年02月16日)
アイコン画像mirapapa
» おっさんのバレンタイン (2018年02月15日)
アイコン画像味覚会
» おっさんのバレンタイン (2018年02月15日)
アイコン画像dr.tonton
» 満願寺から多田神社ハイキング (2018年02月14日)
最新トラックバック
アイコン画像生駒山で初日の出 (2017年02月08日)
アイコン画像venushack.com (2017年01月07日)
アイコン画像宇治抹茶カレー (2015年03月19日)
アイコン画像万博公園 (2013年11月04日)
アイコン画像「完全試合」を喰らう。 (2011年11月11日)
アイコン画像腹筋くんの効果と口コミ (2011年03月28日)