丹波路 長安寺の紅葉

November 24 [Fri], 2017, 20:19

ネットで近場の紅葉の名所を探して見付けた福知山の長安寺へ。
舞鶴道を福知山ICで降りて15分程の比較的近場。



既に散り掛けではあるが、辛うじて残っている。
関西の名刹の観音像などが地蔵の形で集められている。





根元の幹回りが8mもあると言う大銀杏の黄色が美しい。



長安寺は、聖徳太子実弟の麻呂子親王が大江山に棲む鬼退治に向かう際、
戦勝祈願のために一体の薬師如来像を刻み、奉納されたと伝えられている。
「丹波の紅葉寺」として美しさを誇る、とのこと。

















京都で観かけるような庭園。
もっとも此処も京都府だが。









薬師堂の天井には龍の彫りもの









実は、もともとは姉から素晴らしいと聞いていた高源寺に行きたい
と思っていたのだが、既に紅葉が散ってしまったとのことで、
急遽 長安寺を知ったのだが、大正解であった。

篭坊温泉と猪村の紅葉

November 23 [Thu], 2017, 20:28

今日の日差しは暖かく、午前中の畑はシャツ一枚

午後から遅い紅葉を探しに、
猪名川町の道の駅経由で丹波篠山の篭坊(かごのぼう)温泉へ。



山の中の温泉は祭日にもかかわらず ほとんど人気(ひとけ)が無い。





鱒池周囲には少し紅葉が。





帰路、篠山から川西方向へ向かうと 猪村









水彩画展

November 23 [Thu], 2017, 19:51

以前、拙ブログで姉の水墨画展を紹介させて頂いたが、
20日から開かれている、上の姉の水彩画展を千里まで観に行った。
どの絵も小旅行先でスケッチした風景を淡い水彩で着色している。
姉は今回は五点
中ノ島公会堂



天満の天神さん





道明寺天神



この六人展のお一人が展覧会の5日前に亡くなられたそうで、
遺作が喪章を付けて展示されていた。









そのほかの作品もそれぞれに素晴らしい。







スケッチが出来れば楽しいだろうが、
構図さえとれば、シャッターを押すだけで 
その場の風景を瞬時に残せる写真が
tontonには有り難い。


武田尾廃線跡ハイキング

November 20 [Mon], 2017, 21:34

前日、父母の年祭も終り ほっとして、
昨日は午後から武田尾のJR廃線跡の紅葉ハイキングに出掛けた。

JR武田尾駅は半分がトンネル内、半分が川の上の橋という特異な駅だ。





駅周辺では、紅葉には遅すぎたか?と落胆したが
歩きだすとまだ紅葉が残っている。





実は 家を出ようとした時、
近しい人が事件に巻き込まれて死亡した、との連絡を受け、愕然。
余りのショックでズタズタの気分を転換するためにも敢えてハンキングに出たため、
既に川面は傾いた日に照らされ輝いていた。



20年来の親友を不本意な形で突然に亡くした家内の心は乱れていたが、
一時でも忘れようと自然の景色の中に身を投じる。
廃線跡の朽ちた枕木が趣があり、足のリズムにもなる。



もう紅葉は終わっているかと覚悟していたが、
ハイキングコース途中の桜の園や途中の公園には 見事な錦絵の世界







このコースは廃線跡だけに、
枕木あり、鉄橋あり、トンネルありの変化に富んだ楽しいコースで
子供連れや 手に手にカメラを持った 若い写真サークルなどで賑やかだ。







武庫川上流の河原には巨石がゴロゴロと転がっていて、目を楽しませて呉れる。、


父母の年祭

November 19 [Sun], 2017, 21:31

亡父母の年祭、仏教でいえば法事を、
昨日、教会所の先生にお出で頂いて、しめやかに執り行った。



若い頃 コーラスで鍛えられた良く通る声での先生の祝詞(のりと)とお祓い、
年々成長著しい姪っ子甥っ子達の大声での祝詞も加わって、
「さぞやご両親も 喜んでおられる事でしょう」との先生の弁。



墓前祭も済ませて帰宅後、食事



酒の当ての様な料理だが、サンマや松茸土瓶蒸しなど秋の味覚



子供達への変わり消しゴムのプレゼントを 直ぐに目に当てる子供の才能には脱帽



久し振りに勢揃いした家族の話しが盛り上がって、
最後の片付けも皆でやると あっという間
空いた器の芸術



今年から兄宅で年祭をしたいと言っていた兄が、直前まで入院するはめになった。
この日も少し辛そうな場面もあったが何んとか最後まで全員揃って年祭が出来て良かった。


流行語大賞

November 14 [Tue], 2017, 18:36

今年も ユーキャン新語・流行語大賞の候補30が決定した。
この賞の趣旨は、
1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、
軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、
広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、
その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの、
という。

今年の候補をざっと観て頂きたい。(アイウエオ順)右側はtontonの感想&補足

<1>アウフヘーベン ×  小池語録なら何故、「排除します」が入らないのか
<2>インスタ映え  ○ 
<3>うつヌケ     ×   鬱のトンネルを抜けた人達(田中圭一氏の劇画)
<4>うんこ漢字ドリル ○ 流行語というより、子供に人気で良く売れたらしい
<5>炎上○○     ×
<6>AIスピーカー   ×  話題の新製品は流行語とは別に選んで頂きたい。
<7>9・98(10秒の壁) ×  これこそ「なぜ?」
<8>共謀罪      ×  選考委員のお好み?
<9>GINZA SIX  ×  今年年4月開業の銀座エリア最大の商業施設らしいが 何故? 
<10>空前絶後の ×  大声が五月蠅いだけで流行とは程遠い
<11>けものフレンズ  ×  スマホやケームをやらない人間には何のことやら?
<12>35億    ×   地球上の人類70億人の半数の男性のことらしいが、
                 流行したか?
<13>Jアラート ×   これを流行語と言う神経を疑う。
<14>人生100年時代  ×  これも果たして流行したのか?
<15>睡眠負債  ×  睡眠不足が蓄積してしまった状態を睡眠負債とは良く言ったが、
                流行したのか?
<16>線状降水帯 × 積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす線状に延びる降水帯。
                 こんな物が流行語とは?
<17>忖度(そんたく)  ◎  これは文句なし! 一時は朝から晩まで忖度責めだった。
<18>ちーがーうーだーろー!  ○   ハゲーの方がインパクトが強いが、差し障りがある?
<19>刀剣乱舞   ×  刀剣育成シュミレーションという我々には理解不能な領域
<20>働き方改革  △  
<21>ハンドスピナー ×  ストレス解消等が目的のアメリカ生まれの手慰み玩具、とは知らなんだ!
<22>ひふみん ×   売り出し、有名になった人物は流行語なのか?
<23>フェイクニュース △
<24>藤井フィーバー  △ 
<25>プレミアムフライデー  ×  全くの失敗政策で普及には至らぬ。
<26>ポスト真実  ×
<27>魔の2回生  △
<28>○○ファースト   △  確かに、この言い方は東京でも、アメリカでも流行ったが・・・・
<29>ユーチューバー  ×  
<30>ワンオペ育児 ×   一人で育児を行う、ことをこういうらしい。

関係者曰く、今年は 流行語不作の年 とか。
いやいや、tonton思うに 
今のマスコミや 世間は 飽きが早すぎて 次から次へと関心が移ろうので
一つの流行語が長続きしないだけなのだろう。

正直言うと、そもそも、この流行語大賞って一体何なんだ!
9.98秒や共謀罪が流行語なのか?
選考基準があいまいで、下記の選考委員も大いに?だ。
姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、
やくみつる(漫画家)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集部長)

特に、姜尚中氏は先の衆議員選挙中のテレビ番組で、
野党への投票を呼び掛けるかの発言が問題化した様に、
過去にも「安倍政治を許さない(2015)」「集団的自衛権(2014)」
「特定秘密保護法(2013)」等の選考に大きく関わっているものと思われる。

とにかく納得性が乏しく、むしろ、ネット上で発表される「ネット流行語大賞」
の方が遥かに妥当性を感じる。
ニュースサイト『ガジェット通信』が発表している「ネット流行語大賞」には、
同じ豊田前議員の発言の中から「このハゲーーー!」がノミネートされている。



余り文句を付けると、
毎年の年賀状の川柳のテーマの参考にさせて貰っているtontonとしては
申し訳ないので、これ位にしておく。
 
何はともかく、「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンならびに年間大賞が、
来たる12月1日(金)午後5時に発表される。

なお、ご参考までに、
「マイナビティーンズ」がまとめた、10代女子が選んだ言葉は次の通り。
果たして、幾つ分かるか?
1位;Instagramに投稿すると見栄えがするといった意味で使われる「インスタ映え」、
2位:テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」発の語で、
「熱くなるほど盛り上がっている」という意味で使われる「熱盛」
3位:「2ちゃんねる」の「なんJ」板発祥の「ンゴ」。
  「わろたンゴ」「泣いたンゴ」など、言葉の語尾に付けて使われる。
4位;「〜な説」(バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」で使われる言葉)、
5位;「オーマイゴッドファーザー」(お笑い芸人「フースーヤ」のギャグ)、
6位;「BFF」(Best Friend Foreverの略)、
7位;「ありよりのなし」(“あり”と思ったけどやっぱり“ない”」という意味)、
8位;「良きき」(「良き」の進化形)、
9位;「バブい」(「赤ちゃんみたい」という意味)、
10位;「すこ」(「すごい」という意味)

tontonは、1位のインスタ映え以外は、全く分からぬ。

野球部OB会

November 11 [Sat], 2017, 18:31

tontonの大学時代は学園紛争で授業が無く、
アルバイトと野球ばかりやっていた気がする。
我々の年代が創設者でその後 人数規模が大きくなっているが、
昔の方が強かった様な気がする。
年に二回の定例OB会をやっていた梅田の会員制倶楽部が9月で閉鎖になって、
昨日は ヒルトンウェストの民生という広東料理の店に集合。
氷結生ビールの当ては この店名物の 烏賊の天ぷら!
 


続いて玉子春巻き



豚と野菜の炒め物
神戸元町に本店がある本格中華の店だけあって、
食材も調理も一味違う。



鶏の唐揚げ



焼きそば
硬めの麺に餡かけが良く合う。



シュウマイなど色々食べて
〆は お焦げ



キャプテンは検事正を務めた後 今も弁護士をしていて、
後輩達も中国との貿易会社をしていたり医師、介護施設の経営等々
多彩で 日頃狭い世界に住んでいるtontonとしては
面白い話が聞けてなかなか貴重な機会だ。

ちょっと相談ごともあって弁護士の友人と彼の行き付けと言う北新地のスナック
パブロピカソへ。
現役時代でもなかなか縁遠かった北新地、
しかも キープしたウィスキーをしこたま飲んでから
友人からのタクシー券で家まで直帰



久々の豪遊である。

巨大しいたけ

November 09 [Thu], 2017, 18:08

今夕、自宅の門のピンポンが鳴って、お隣さんから
「シイタケ要らんか?」

ぶしつけな質問の主は、近辺一体の地主で、tontonとは山の小学校の同級生。
毎日朝から晩まで畑仕事に精出している。

「もちろん 欲しいけど」
と言うと、直ぐにホダ木から取って呉れたのがこれっ!
最大の物で直径20cmはあろうかという巨大シイタケ。



自分の山から木を切り出して、2年前に菌を植え付けたという。



早速、パター焼きで頂いたら、超肉厚!
シイタケ本来の独特の強い香りが口から鼻へ抜ける。
口触りはコリッコリッで味が濃い!
こんな美味いシイタケは初めてだ。


誕生日ランチ

November 08 [Wed], 2017, 19:50

「心斎橋のフランス料理店を予約してあるから」と言われて、
渋々?同行する。
6日の誕生日に予約が取れなかったので、今日になったとのこと。
居酒屋好きのtontonには、正直言うと、
縄暖簾を潜ってカウンターに座る方が落ち着くのだが・・・・
それもちょいと小汚いと一層良い。

東心斎橋にある洒落た造りのフレンチの店に入り、バーカウンターを抜けると、
奥にテーブル席が6席ほど。



スパークリングワインで乾杯していると、
前菜なのか、ビンチョウマグロを叩いた上に大根煮とラディシュなどの野菜を乗せてある。
この店なりのサラダなのかも、とささやく。



うかつにも次に出た 海老芋のスープを撮り忘れた。
さっきのスパークリングワインの酔いが回って来たのか。
スープの上に乗っている薄切りの海老芋のチップが香ばしい。

次は、スズキのソティ
マスターが30種のスパイスで造り出したと言われるネパール風のソースが
ピリッとパンチの効いたカレー味でコクが深い。
次に頼んだちょっと贅沢なプレミアムビールと良く合う。



お口直しのレモンとはちみつのシャーベット



メインティシュは岡山地鳥と 和牛のほほ肉。
2種の中から選択しきれず、両方を注文して分けることに。



ここで当然赤ワイン。
昼の酒は良く回る。
ほほ肉は ほろほろと綿菓子の様に ふわふわ
その上に 胃袋ホルモンのハチの巣もホロホロに柔らかくなっている。
秋らしく栗が添えてある。



ここでサプライズ!
店内の皆さんが拍手して下さって tontonに注目が集まる。



何処かへ逃げ出したい気分だ!



大皿に盛られた8種のデザートと全て この店の手作り。
ガラスの器の中は 小豆のムースだ。
この8種をシェフが解説して下さる。
マロン入りチョコケーキ



チーズのムース



洋梨のケーキ
tontonには「用無し」と聞こえる。



いちじくのケーキ



ラズベリーのムース、2種のアイカクリームも添えての豪華デザート
少しづつなので甘いものが苦手なtontonでも食べられる。



フレンチは肩ひじ張って苦手だか、年に一度位なら、
このような雰囲気を味わうのはいいかもしれない。

健康に感謝--自宅から中山寺へ

November 06 [Mon], 2017, 20:44

今日は、○○回目の誕生日。
秋日和に誘われて、自宅から植木の町 山本を経て、中山観音まで歩くことに。
山本が植木の町として栄え 今も100軒を越える植木屋さんがあるのは
この木継ぎ太夫のお陰?



山本から中山への巡礼街道には寺院や その他色んな見所がある。



陽春園植物場には 数えきれないほどの花や木、サボテン等々が並ぶ。



天満宮



自宅を出てから、1時間半程で中山観音に到着。
山門の仁王門は修復されて やけに派手になった。



参道の脇に 南天?



左わきには ダリア



お参り前に 手水鉢(ちょぅずばち)で手を清める。



とにかく派手なお寺だ。
本堂へ登る階段の脇にはエスカレーターまで設置されている。
毎日の畑仕事の最中に聞いているラジオで「中山かーんのん♪」のCMが
耳に残っている。



繰り返しお参りするように良く出来ている。
安産祈願→お宮参り→七五三 
そして、歳が行けば足の不具合の快復祈願



菊花展も子供が喜ぶように工夫してある。









最近完成した五重塔も藍色で目立つ。







寺院は渋い方が好みだが、
自宅からの散策には丁度良い。
ここから宝乃湯で一風呂浴びて気持よく帰宅。
秋の好天下、誕生日に健康で歩ける事に感謝。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dr.tonton
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク(大型)・ 四輪-ツーリング歳時記
    ・写真-ツーリング先、イベント報告、花発見、お店など
    ・家庭菜園-初心者ですが・・
読者になる
ツーリング歳時記としてスタートしましたが、
最近は 近辺散策、野菜作り、お店巡りなど身近なテーマからも色々採り上げて「雑多煮写真ブログ」化しています。
原則 毎日更新を目指していますので、出来不出来の波は有りますが、何とか続けています。 

2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像dr.tonton
» 武田尾廃線跡ハイキング (2017年11月23日)
アイコン画像ゆめ
» 武田尾廃線跡ハイキング (2017年11月23日)
アイコン画像dr.tonton
» 野球部OB会 (2017年11月14日)
アイコン画像dr.tonton
» 誕生日ランチ (2017年11月14日)
アイコン画像まぁメイド☆
» 誕生日ランチ (2017年11月14日)
アイコン画像ゆめ
» 野球部OB会 (2017年11月14日)
アイコン画像dr.tonton
» 巨大しいたけ (2017年11月10日)
アイコン画像dr.tonton
» 誕生日ランチ (2017年11月10日)
アイコン画像dr.tonton
» 誕生日ランチ (2017年11月10日)
アイコン画像mirapapa
» 誕生日ランチ (2017年11月09日)
最新トラックバック
アイコン画像生駒山で初日の出 (2017年02月08日)
アイコン画像venushack.com (2017年01月07日)
アイコン画像宇治抹茶カレー (2015年03月19日)
アイコン画像万博公園 (2013年11月04日)
アイコン画像「完全試合」を喰らう。 (2011年11月11日)
アイコン画像腹筋くんの効果と口コミ (2011年03月28日)