NATCHINで日浦

March 30 [Wed], 2016, 0:16
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。


一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂取する事が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、そんなことはありません。


葉酸のもつ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大切な期間というワケです。なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。親友が彼女が妊活をしている時に漢方を服用していました。彼女によると体質改善のために漢方を利用していると言っていました。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心できますね。彼女は漢方を続けていたようです。



その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠しましたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり日常の食生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)の中で摂取出来るのが良いと思います。具体的に、葉酸を多くふくむ食品は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。

幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが困難な方も多いと思います。普段の生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)や体調によっては無理をせずに、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。

サプリなんて、と感じる方も居るかも知れませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できます。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらくコドモのことは考えられなかったのですが、流産してから1年後くらい経つと、「コドモが欲しい、諦めないようがんばろう」と決めてそこから妊活を初めました。
今回の妊活では体づくりにも注意しました。
以前から冷え症に悩まされていた私は、運動を初めてみました。
大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温が高くなったので、冷え性も良くなったので、本当によかったです。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思うでしょうか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。


葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。

それは推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を減らす効果があります。
理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の女性は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。


また、厚生労働省が推奨するようにサプリメントで葉酸を補給するのも良いと思います。



葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。



しかし、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児にどのような影響があると思うでしょうか?葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。


こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、摂取をお勧めします。

葉酸を多くふくむ食べ物ですが、フルーツの中では、イチゴが代表的ですね。

あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると有名です。
それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツも沿うですね。あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。
簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良い方法だといえるでしょうね。
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。



妊活中の方をサポートし、体調管理をするのに適したサプリと言えば、特に葉酸を含んだサプリだといえるでしょう。葉酸の働きは、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、他には、意外かも知れませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦どちらに対しても大切なサプリであるといえるでしょうね。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。

ですから、葉酸摂取を目的とした調理において、注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読頂戴。

それは、出来るだけ加熱を避けてるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。とはいえ、熱をとおす必要があるならば、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱をとおす程度にした方が良いです。



こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が簡単ですから、おススメです。
妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を適切に摂取した方が良いと読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)では野菜をあまり食べていないので、沿ういう場合はサプリを服用するのが良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。
食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで充実した妊活ライフにしたいと思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タケシ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drstbl0tcek0an/index1_0.rdf