目の紫外線ケアとは何か

June 12 [Sun], 2016, 19:38
強い紫外線の下で地用時間活動しなうようにして、紫外線を防ぐことは一般的なことです。以前は、日焼けをすると丈夫になるという考え方もありましたが、近年の常識では、オールシーズンの紫外線対策が必要です。肌の廊下を防ぐために紫外線予防をしている人は大勢いますが、紫外線による影響は皮膚だけではなく、目に対しても必要です。目も日焼けによってダメージを受けるということは意外と知られていません。夏のレジャーや冬のウインタースポーツなどの場面で、多くの紫外線を浴びると目も日焼けをしてしまいます。目に紫外線を受けていたために、目に炎症が発生してしまうことがあります。目に炎症が起きると、充血や痛み、かゆみといった症状が起きます。自覚症状があるレベルまでいくのは相当な段階です。目の機能を損なわないためには、炎症が起きた目をしっかりケアすることが大事です。冷やしタオルや、水を使って、炎症が起きている目を落ち着かせます。紫外線による炎症とは、つまり、やけどのケアをする時の要領になります。目薬で対処をするという方法もあります。硫酸亜鉛水和物が含まれている目薬を差すことで、炎症に対する効果的なケアをすることが可能です。目の紫外線による影響で異常が起きた場合にもっとも効果的なケア方法は、休ませることです。目が紫外線を開けて炎症を起こしていると感じたら、長時間の睡眠をとるとか、目を閉じているなどで、目のケアをすることが可能です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drsooftsxutyar/index1_0.rdf