ヤブサメのグレート・スイス・マウンテン・ドッグ

April 30 [Sat], 2016, 18:51
土地を売却しなければならなくなったので、まずはGoogleで検索して、情報を得るのが不動産屋さんに騙されない秘訣と言えるでしょう。一番最初に知っておく必要あるのは、不動産はどのくらいの価格で売れるか、どこの不動産屋さんにお願いすべきか、この2つの知識・情報が間違いなく必要です。どのくらいの値段になるのか知らないと取引後に入る金額がつかめませんし、不動産屋さんが決まりませんと思ったとおりの価格で売ることが難しいです。
不動産の価格を知るための一般的な方法の1つは、REINSを使うことです。REINSは不動産屋さんでなくても利用することができます。レインズなら不動産の価格を把握することができますので、自分の手持ちの不動産がいくらで売れるのかおおよそつかむことが可能です。不動産屋へ行くにあたり、事前におおよその金額を知ることができれば、きちんと対応してもらえなくて不当な価格で買い取られてしまう危険を減らすことができます。
不動産を売る時は、予想外の出費がかかることを覚悟しておく必要があります。どんな費用がかかるのかということは、あらかじめ知っておくべきです。経費として最初に必要なのは不動産屋さんに対して支払う必要のある手数になります。仲介手数料は売買代金の3.24%+64800円が必要なので、5000万円の不動産だとだいたい160万円になるのです。この他、収入印紙や所得税などの納付が必要ですし、住み替えなら、引越し代も馬鹿になりません。仮に4000万で不動産が売れたとしても、その全額が自分のフトコロに入るわけではないわけです。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続は相続人の権利が複雑で、簡単にはいかない場合もあります。遺産の分割協議を相続人で実施した結果、1つしかない不動産を1人で相続することが難しいという場合、何とかして現金にする必要がある場合があるのです。相続税という税金は現金で納めるのを国税庁は好みますが、現金での納税がどうしても難しいようなら延納と言って納税を遅らせることもできますので、できるだけ物納は避け、現金で納めたいところです。
土地活用の様々な手法の1つとして、駐車場経営は人気のある方法です。アパート・マンション経営と比べれば手軽であることが理由の1つです。駐車場を運営する方法には、月額契約(月極め)もあればライバルの状況に応じて判断すれば良いでしょう。所有者は一番が収益性(採算)なのでしょうが、お客のつもりで決めないと、儲けられないどころか採算も採れません。
住宅はそう簡単に売れませんので、焦って売却しようと思ってはいけません。半年で決まれば御の字と考えておけば、気持ちにゆとりが持てます。売り主がなるべく早く売ろうとしていることを見込み客に知れてしまうと、売却価格をたたかれてしまい、不本意な収入にしかならないかもしれません。住み替えで一戸建てを売却するなら、住み替える家の購入に必要なお金を売却価格でまかなえるのが理想ですので、戦略を立てて上手に物件を売却しましょう。
家を売る場合は買い手が直接、自宅を見に来るわけですが、その時の注意点について解説します。できるだけ高く家を処分したいのであれば、知っておくべきです。家の売却に限ったことではありませんが、最初の印象、すなわち第一印象をよくすることです。訪問を受ける際、最初に目に入る特に玄関や玄関に近い窓などを綺麗に掃除しておくことをおすすめします。あと、部屋の隅々まで掃除をしておき、室内の臭いを取り除くために窓を開けておくと買い手の購買意欲もずいぶん改善し、購入に対して前向きになれるようです。
土地を売って利益が出ると税金がかかりますが、元が高いだけに税金もとても高いですよね。モノが高いだけに、税金の金額も高額になりがちです。不動産を売って出た利益は「譲渡所得」と言いまして、基本的にはこれに対し、国税である所得税と地方税である住民税がかかります。また、土地に限っては短期間での売却だと、本当はそうでなくても転売目的だったと判断されてしまい、とても高い税率がてきようされます。5年未満の所有だと、倍近い税金を払うことになります。
「一物四価」という言葉をご存知ですか?土地は複数の価格がつくのでこういう言われ方をする時があります。計算の仕方はそれぞれ別ですし、それを算出する主体も違います。ざっと2分するならば、税金の計算目的で求めるものと、土地取引の参考にするためのものとに分けられます。税金を計算するものは、相続税や固定資産税のためで、公示価格の7割〜8割になるのが一般的です。公示価格は実際の取引の参考にするための指標ですが、最終的な価格は、時価や公示価格とは違うのが当たり前です。現場の不動産屋は現実的な価格を知っていますので、直近の価格の方で取引をすることをすすめるわけです。
一戸建てやマンションは30年くらいローンを組んで買うことが多いので、サラリーマンにとっては一生に一度しか無いと言っても過言ではありません。ですので、十分な知識を得てから不動産屋さんの門をたたくことが必要です。住宅ローンや税金、不動産屋での手続きなどの知識は大事なことですが、実際に住む予定となる土地を、自分の足で確認することが私の経験からお話しすると、一番大事なことだと思います。有名な土地はイメージをあらかじめ持っている人が多いものです。三軒茶屋など、若者に人気の街なんていうのがありますよね。印象がよくても、生活してみたら不便だったということはよくあります。そのため、慎重にすぎるくらい現場を確認することが大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Eita
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drr0iu6hsckuab/index1_0.rdf