『HYKE』完成!!

May 03 [Thu], 2012, 19:39
去る2012年5月1日火曜日。

自由が丘の茶房「古桑庵」。

庭をながめながら抹茶がいただける、本格的な古民家茶房。

桑の古材が、とってもいい味をだしています。

そこに平日昼間から集まった、選ばれし俳人たち。

彼らの集まった理由…それは…!?


お待たせしました!!

ドロッセルマイヤーズ、春の新作『HYKE』完成しました!!


じゃーん!


いやいやこれは、なかなかどうして


絵になるなー

ちなみに大きさはこのぐらい。

幼稚園児が持つとこんなかんじ。けっこう大きいです。

そして、箱を開けてみますと


こんなかんじ。
※製品版では中の風呂敷は薄ピンクの桜柄になります。

さらに風呂敷をひらくと

こういったものがでてまいります。けっこうズッシリな内容物。

これで吟じるわけですね。

あなたの俳センスを!


というわけで、さっそく遊んでみましょう!


◆『HYKE』の遊び方
ルール初公開ですが、すっごくシンプルで遊びやすいゲームですよ!

1.みんなで俳句のお題をつくる


2.できたお題を配る


3.自分に配られたお題で俳句を詠む
※季語は入れる必要ありません。


→句ができた人は「はい!」もしくは「HYKE!」と言って挙手し、
 自作の句を詠みあげます。



4.俳句のもとになったお題を他のみんなで当てる


→1人目がいきなり正解した場合は回答者のみに1点が入ります。
 俳句を読んだ人、お題をつくった人には点数が入りません。

→2人目以降が正解した場合は回答者、俳句を詠んだ人、
 お題をつくった人の3者に【それまでの回答人数】点が入ります。

5.3〜4を繰り返す


6.お題がなくなったらゲーム終了
※終了時、お気に入りの俳句に評価点をあげることができます。


→最終的に合計点数が一番高い人の勝ち!



こんなゲームです。超シンプル!

つまり、ざっくりいうと
--------------------------------------------------------------------
わかるような、わからないような微妙なラインで
お題を表現した俳句を詠む

--------------------------------------------------------------------
というゲームですね。

ところがこれが、やってみると思いのほか「俳句」っぽい。
なぜなら、間接表現で何かをイメージさせる
センスが問われるからです。


例えばこの句。


「SE(システムエンジニア)」というお題を表現するにあたって、
なかなかに間接的な表現ですよね?

でも、これでも少し、わかりやすすぎるかもしれません。

1人ぐらいは「プランナー」とか「コーダー」とか答えてくれるかもしれませんが、そんなに3人も4人も間違えてくれそうではない…
つまり、高得点を目指せない感じなのです。

これ、あなたならどう表現しますか?



このように、『HYKE』の特徴は、

誰でもすぐに遊べて、笑えて、盛り上がれるパーティゲームなのに、
テクニックを追求しだすと無限の奥深さがあること。

つまり、遊んでいると、きちんと上達していくゲームなのです。

これが数あるお絵かき系パーティゲームとは明らかに異なる部分。
瞬間パッと遊んでいずれ飽きるのではなく、やればやるほど味が増していきます。


さらにハマっていくと、日常生活で目にしたものをついつい

「乾電池か…ふーむ

円筒に ばっちり詰まった エネルギー

で2〜3点ぐらい?
「ばっちり」を「ばってり」に変えて電池っぽさを示唆してはどうか?
いや、それではわかりやすすぎるか…?」

と鍛練してしまう習慣ができてくるはず。
これが日本語のDNAに刻まれた五七五の魔力なのです。


熟練者同士の『HYKE』ともなると、おそらくもはや立派な競技。
大会とかも、やりたいなー

「おおー!今の表現は、いろんな意味で、うまい!」みたいな…
きっと観戦するだけでも楽しいはず。



というわけで、日本語表現ならではの面白さが
みっちり詰まったこのゲーム。

五・七・五吟遊コミュニケーションゲーム
『HYKE』

定価4200円(税込)で
2012年5月13日発売です!



(おまけ)↑この句のお題はなんでしょう?

答えは5/6(日)配信予定のpodcast
「ボードゲームおっぱい -HYKE編-」にて!
http://www.boppai.com/

(渡辺)

----------------------------------------------------------
HYKE ハイク

五・七・五 吟遊コミュニケーションゲーム

プレイ人数: 4〜8人
プレイ時間: 20〜30分
対象年齢: 8才以上

価格:4200円(税込)
発売日:2012年5月13日

ゲームデザイン/プロデュース: 渡辺範明
アートディレクション: 宇佐美詠子
原案: 真城七子

企画/制作:株式会社ドロッセルマイヤー商會

(C)2012 Drosselmeyer & Co.Ltd. All Rights Reserved
  • URL:http://yaplog.jp/drosselmeyers/archive/66
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drosselmeyers
読者になる
こんにちは。
ドロッセルマイヤーズ ボードゲームマートなどを運営する、株式会社ドロッセルマイヤー商會です。


Drosselmeyer's
Board Game Mart

↑ネットショップもやってます



◆メンバー◆

 渡辺範明
株式会社ドロッセルマイヤー商會 代表取締役
ゲームプロデューサー
ゲームデザイナー
ドロッセルマイヤーズ店長

アナログからデジタルまで幅広い「遊び」をプロディースする独立系ゲームプロデューサー。世界の「遊び」紹介のためドロッセルマイヤーズを開業。

元(株)スクウェア・エニックス プロデューサー

代表作:
『巨竜の歯みがき』 『HYKE』 『アダムとイヴ』 『Stamps』 『嘘つき村の人狼』 『嘘つき村の収穫祭』

Twitter: Drosselmeyers_


 真城七子
株式会社ドロッセルマイヤー商會 役員
作家
ドロッセルマイヤーズ マネージャー/世界観コンセプト

遊びとフェティッシュをテーマに西洋史を収集/解釈/編纂する特殊作家。

代表作:
『アントワネットの玩具箱』 『媚薬のレシピ』 『紳士のかつら』 『宮廷マダムの作法』

サイト:http://nanakomashiro.com/
Twitter: nanakomashiro

Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/drosselmeyers/index1_0.rdf