ゲームデザイン討論会 in 東洋文庫ミュージアム

January 15 [Fri], 2016, 16:44
みなさま、明けましておめでとうございます。
遅ればせながら今年もドロッセルマイヤーズをよろしくお願いいたします。

さて、きたる2/7(日)東洋文庫ミュージアムにておこなわれるゲームデザイン討論会に参加します!

ゲームデザイン討論会
―公開ディスカッション2016.02.07


【主催】
日本遊戯史学会
日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)

【とき】  2016年2月7日(日曜)13:30〜17:30
【ところ】 公共財団法人 東洋文庫ミュージアム
→地図はこちら

【テーマ】 『ゲームと歴史学との遭遇』




これはドロッセルマイヤーズ渡辺が普段twitterで参加させていただいてる「ゲームデザイン討論会」のリアル版公開イベントです。
以前おこなった神保町の老舗「奥野かるた店」さんでのトークイベントの2016年版ともいえますね。

そしてテーマは『ゲームと歴史学との遭遇』!

なかなかに重厚で敷居が高い感じのテーマかもしれませんが、各種ウォーシミュレーションゲームの例を挙げるまでもなく多くのゲームが歴史をモチーフとし、現実の歴史から影響をうけて作られてきたことを考えると、とても興味深いお題です。

しかも今回は東京大学、東京電機大学、東京工科大学の先生方もゲストとして参加していただけるということで、僕らの属するゲーム分野だけでなく、歴史学の視点からの専門的知見がいただけるとのこと。
さらにスペシャルゲストとしてアナログゲーム界のレジェンド 鈴木銀一郎先生もご登場!
個人的にもとても楽しみです。

参加方法や時間割などの詳細は、主催となる日本遊戯史学会、日本デジタルゲーム学会のサイトをご覧ください。

日本遊戯史学会
http://www.gameshistory.net/o-zhirase/gemudezaintaolunhuigongkaidisukasshon20160207


日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)
http://digrajapan.org/


それでは皆さま、当日お待ちしております!
  • URL:http://yaplog.jp/drosselmeyers/archive/118
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drosselmeyers
読者になる
こんにちは。
ドロッセルマイヤーズ ボードゲームマートなどを運営する、株式会社ドロッセルマイヤー商會です。


Drosselmeyer's
Board Game Mart

↑ネットショップもやってます



◆メンバー◆

 渡辺範明
株式会社ドロッセルマイヤー商會 代表取締役
ゲームプロデューサー
ゲームデザイナー
ドロッセルマイヤーズ店長

アナログからデジタルまで幅広い「遊び」をプロディースする独立系ゲームプロデューサー。世界の「遊び」紹介のためドロッセルマイヤーズを開業。

元(株)スクウェア・エニックス プロデューサー

代表作:
『巨竜の歯みがき』 『HYKE』 『アダムとイヴ』 『Stamps』 『嘘つき村の人狼』 『嘘つき村の収穫祭』

Twitter: Drosselmeyers_


 真城七子
株式会社ドロッセルマイヤー商會 役員
作家
ドロッセルマイヤーズ マネージャー/世界観コンセプト

遊びとフェティッシュをテーマに西洋史を収集/解釈/編纂する特殊作家。

代表作:
『アントワネットの玩具箱』 『媚薬のレシピ』 『紳士のかつら』 『宮廷マダムの作法』

サイト:http://nanakomashiro.com/
Twitter: nanakomashiro

Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/drosselmeyers/index1_0.rdf