健康を目指すサプリメント

April 25 [Fri], 2014, 16:10

http://drikung-kagyu.com/

誰もが元気で健康である事を望んでいますが、多少の不調があるからと言っても病院へ行き治療という訳にはいきません。もしもその程度で病院へ行ったとしたら、いくら病院があっても足りませんし不調=病気とはなりえないからです。では多少の不調は我慢して過ごす他ないのでしょうか?治らない不調を我慢し放置していると本格的な病気になりかねませんし、悪化する事もあると言えます。なにしろ本人が元気に過ごせないというのが一番辛いことです。もしも私達自身が体調を整えるためにできる事があるとしたら、食生活を充実させ、日頃の運動を心がけることでしょう。その食生活の足りない部分として、栄養やビタミンを補給するというサプリメントという手立てもあるようです。


便秘
便秘という症状は、誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?便秘は医者に行くまでの病気ではなく、薬を買って服用するとしても副作用や常用性が気になる事から敬遠しがちになるのではないでしょうか?健康 サプリメントの中には自然に便意を促す作用があるものがあり、薬のよりも副作用や常用性が少ないと言えます。


く眠れない。もしかして不眠症
夜、なかなか寝付けなかったり、眠れなかったりすると体調不良になり元気な一日を過ごせない原因となります。医者で睡眠薬を処方してもらうという方法もありますが、自然に睡眠を促す方法も試してみてもいいのではないでしょうか?


疲れやすい、疲れが取れない
若い頃は疲れなど感じなかったはずなのに、年とともに疲れやすくなったり、疲れが取れないと感じた事はありませんか?よく眠り、十分な休みで疲労感を取る事ができればいいのですが、それでも疲れが取れない場合には我慢して過ごすしかないと思っていませんか?薬ではなく栄養剤やサプリメントのように体の力になってくれる物もあるようです。


老化防止

近年の高齢化により老化防止も注目されるようになりました。もちろん、老化というのは病気ではなく年を取るというのは自然な事であり、誰もが通るべき道でしょう。しかし、それを何もせずに過ごすか、何か手立てをして過ごすのか二つの選択があるように思えます。サプリメントは老化防止に力になるうる存在と言えましょう。


サプリメントという手段

便秘、不眠、疲労、老化防止にはサプリメントが活用できるのではないでしょうか?サプリメントには即効性はなく、長くの続ける事で効果を得られる方が多いですが、体の根本から改善し元気な体に作り変えてくれる事もあります。



最後にもう一度BLOGOSの記事に戻ります。著者である「サステナブルビジネス専門家」は医学は専門外なのでしょう。オピニオンとしての論説と客観性を求められる研究論文の区別も知らず、大元の論文には恐らく当たることもないまま、拡声器のように偏った論説の片棒を担ぎ、3論文の本来の主旨から離れた内容を広める結果になりました。


日頃からこの方面の論文を数多く読み、全体の流れを知っていれば、1つ2つの論文で右往左往することはありません。しかし一般の方は、このBLOGOS記事を鵜呑みにした人も多いことでしょう。この著者は、疲労回復 サプリメントニュースのうわべだけをなぞって内容の希薄な記事を書いたばかりか、話をサプリメント全般にまで拡大し、否定して見せました。なんとも罪深いことをしたものです。




米国では、栄養?運動?ストレス緩和などの「柔らかな介入」の効果が見直され、どんどん研究が進んでいます。いまや米国の全病院の42%がこのような治療法を医療に取り入れ(アメリカ病院協会による調査)、医療のあり方自体が変わりつつあります。すなわち医療界の力関係にも利益の構造にも、その影響は及びつつあります。


そうなると当然ながら一部にはこの流れに反発を覚える人々がおり、事あれば叩こうと待ち構えています。また一部には不心得なサプリメント会社が存在し、これまた社会に批判の種を供給しています。こうしてサプリメントへのバッシングは止むことがありません。



眠の時には
睡眠にはサプリメントの中には不眠症に効果もある物もあり、薬のように極端ではないので安心です。不眠に効く成分としてはマグネシウム、ビタミンB6、メラトニンなどがあります。


疲れやすい時には
疲れを解消する成分には、ビタミンB12、鉄分、マグネシウムなどがあり、疲労の解消を促す糖の代謝を活発にしてくれます。また糖をエネルギーに変える事の出来るマグネシウムが深い睡眠へと働きかけ、貧血からくる疲労感は鉄分が軽減してくれます。


老化防止には
誰もに訪れる老化現象に効くサプリメントとは、数多く販売されており体の場所によって変わってきます。お肌の老化防止には亜鉛、コラーゲン、ヒアルロン酸などがあり、脳の老化防止にはいちょうの葉が効き、女性向きには大豆イソフラボン、DHEAなど、男性にはマカやプレグレノロンなどがあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drikung
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drikung/index1_0.rdf