新型4気筒ターボ”を搭載したニューモデル「ポルシェ 718ボクスター」試乗レポート

July 22 [Fri], 2016, 10:59
新型4気筒ターボ”を搭載したニューモデル「ポルシェ 718ボクスター」試乗レポート
新型「ポルシェ 718ボクスター」
新たな車名が与えられた「718ボクスター」にポルトガルで試乗
「ポルシェ ボクスター」が「718ボクスター」に名前を変え、4代目へと生まれ変わった。

新型「ポルシェ 718ボクスター」画像ギャラリー

一見しただけではわかりにくいけれども、ボディ各部が一新されてサスペンションなども最適化されている。
iPhone7シャネル

新たな車名は、1957年にデビューして輝かしい戦績を収めたレーシングマシン「718」に由来している。当時としては高度なメカニズムを持つ水平対向4気筒エンジンをミッドシップに積んでいた。
アイフォン7シャネル

そして、ボクスターは同社の看板スポーツカー「911」とは一線を画したミッドエンジンの2シータースポーツカーとして、今から20年前に生まれている。

そのボクスターが4代目に生まれ変わるのに「718ボクスター」と車名を変えたのは、エンジンがこれまでの自然吸気6気筒からターボチャージド4気筒に変更されたからだ。
iPhone7ケース「718」は“4気筒”で共通しているのである。

今回のフルモデルチェンジで肝腎な点が「ふたつ」ある。
シャネルiphone7ケースひとつは“エンジンの変更”で、もうひとつが“インターネットへの常時接続”である。

ポルトガルのエストリル近郊で試乗してみた結果を交えながら、順を追って報告したい。
iPhone 6 plusケース

注目は新開発の「4気筒ターボチャージド水平対向エンジン」
前述のように「718ボクスター」と「718ボクスターS」のエンジンは、ともに自然吸気の2.7リッターと3.4リッターの水平対向6気筒の代わりに、ターボ過給された2.0リッターと2.5リッターの水平対向4気筒エンジンに変わった。2気筒少なくなったのである。
グッチiPhone7ケース

「新開発された4気筒ターボチャージド水平対向エンジンが、新しいボクスターの最も重要なポイントです」(ドライブトレイン・ディレクターのマーカス・バウマン氏)

その理由は、現代では言わずもがなの燃費向上とCO2削減という効率化、そしてパフォーマンス、それぞれの両立である。

718ボクスターの新しい2.0リッター4気筒エンジンの最高出力は300psで、最大トルクは310Nm [1,950rpm~4,500rpm]。
6Plusケースシャネル718ボクスターSの2.5リッターは、350ps/420Nm [1,900rpm~4,500rpm]。

注目すべきは、どちらのエンジンの最大トルクも共に「幅広い回転域で発生している」点だ。
iPhone 6ケース
9.7インチ版iPad Proのレビュー。小さなボディにパワフルな機能
9.7インチ版iPad Proのレビュー。
エムシーエムiphone7ケース小さなボディにパワフルな機能
MakeUseOf:みなさんの中には、12.9インチのディスプレイがAppleの初代iPad Proの最大の魅力だという人もいるでしょう。その一方で、最高品質の幅広い純正アクセサリーや軽量ノートパソコン並みの強力なパワーを備えているにもかかわらず、サイズがネックになって購入を見送っていたという人もいるはずです。
アイフォン7シャネル

ところが、iPad Air 2と同じ9.7インチのディスプレイを備えたiPad Proが登場したことで、Apple製タブレットのなかからどれかを選ぶ際の決め手が、ディスプレイのサイズだけではなくなりました。原文筆者は数週間にわたって新しい9.7インチ版iPad Proを使い、アップグレードすべきか否かを検証してみました。
シャネルiphone7ケース

3インチの差の意味するところ
12.9インチのモデルとは違い、新しいiPad Proは、普通のiPadのような感じがします。実際のところ、良い意味で普通という印象を受けます。
iPhone7シャネルこれは悪いことではありませんし、その結果として、12.9インチ版よりもずっと使う場所を選ばない感じがします。扱いにくさはまったくなく、たいらな台や膝の上以外の場所で使っても、滑稽なほど大きいという感じはしません。
エルメスiphone6ケースそうした印象を受けるのは、寸法と重量という点で、9.7インチ版がiPad Air 2とまったく同じだからです。

おそらく、使ってみて真っ先に目にとまるのは、まったく新しいディスプレイでしょう。
iPhone6 シャネルAppleによれば、色域が25%広がり、周囲の環境に応じてホワイトバランスを自動的に調整する機能も備えているそうです。このいわゆる「True Tone」ディスプレイは、これまでのApple製タブレットでは断トツで最高のディスプレイです。
シャネルiphone6ケース画像はこれまでになく鮮明だし、周囲の光に応じたホワイトバランスの調整は、気づきにくいけれどもやはり歓迎すべき機能です。特に、白い背景で文字入力作業を長時間する人には、ありがたい機能でしょう。
Ray-Ban

ディスプレイの内側にあるものは、12.9インチ版とほとんど同じです。9.7インチ版も、期待どおりの仕事をしてくれるA9Xチップを搭載しています。
アイフォン7シャネルただし、動作速度は12.9インチ版よりも若干遅くなっています。実際にはそれに気づくことはないでしょうが、9.7インチモデルが2GBのRAMでしか提供されていないことについては、(ゆくゆくは)気にかかるようになるかもしれません。
シャネルiphone6ケース
12.9インチ版の4GBに比べると、その点は期待外れといえます。RAMが半分しかなければ、たとえハードウェアが現在の要求を驚くほどスムーズに処理していても、アプリやタブのメモリが不足する可能性は高くなります。
ルイヴィトンiphone6ケース一応試してみたところ、3つのタブと6つのアプリを操作している時には、アプリの更新はどうやってもできませんでした。iOSとそのアプリのメモリ消費量が大きくなっているような気もしますが、いずれにしても、メモリの不足という問題はそのうちに浮上してくるでしょう。
iPhone6 ルイヴィトン

12.9インチ版と同じく、9.7インチ版でも、バッテリー持続時間は10時間と公表されています。このタブレットに比べれば、MacBook Proも形無しです。
シャネルiphone7ケースMacBook Pro では、執筆やメールチェック、ウェブブラウジングを5時間か6時間もすれば、バッテリー残量が危険なほど少なくなってしまいますが、iPad Proなら、1日の仕事を終えてもまだ半分ほどの残量があるという計算になります。連続待受時間も優秀です。
シャネルiphone7ケースたとえば、残量95%でバッグのなかに入れっぱなしにしておいた時には、Wi-Fiに接続したままで『メール』などのアプリから通知を受けとっていたにもかかわらず、5日経ってもバッテリー残量は77%に保たれていました。

とはいえiPad Proが完全にノートパソコンのかわりになると言っているわけではありません。
ディオール携帯ケースまた、この優れたバッテリー持続時間は、突きつめればiOSの制約の多い性質によるものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rysyeye
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drhdfeee/index1_0.rdf