軽い筋肉痛ならかなり良くなると思います。

September 08 [Thu], 2011, 18:03
歩行中に踵が着いた後、すぐに足底がベタンと着いてしまわないように、衝撃を緩和するために、そのとき前脛骨筋は、筋が伸びながら収縮するというちょっと、変わった筋の働きをしているからです。
もし、前脛骨筋の筋力アップをしたいなぁ とか変わったことを思われたら、階段を沢山降りると、前脛骨筋はとても筋肉痛になります。
筋肉痛というのは疲労回復の一過程ですから、早く治したいのならそのサイクルを速めると良いです。
具体的にはお風呂でよく温まって、マッサージをする、などです。一時的に痛みが増すかもしれませんが、後が速く治るはずです。
痛みをとりたいのなら、程度にもよりますが、市販されている程度の軽い痛み止めを飲むと良いです。
薬を飲むほどではないのなら、夜寝る前に痛むところにシップを貼って寝てみてください。軽い筋肉痛ならかなり良くなると思います。
筋肉痛は適度に休んで、二、三日後に同じ負荷のかかるトレーニングをすれば前よりも強い筋肉ができます。
しかし、捻挫を甘く見ない方がいいですよ。たいてい捻挫を放っておいていつの間にか治ってたからいいやということが多いですが、実際は靭帯が損傷していて無理して運動を続けいていると正常な形で治癒しません。
また捻挫はクセになりますので、何回も繰り返していると足関節の不安定性を引き起こす原因にもなります。最低でも1週間程度は休んだ方がいいと思います。
病院に行って適切な処置を受けた方がいいですよ。どうしても部活に出たいというのなら、しっかり足首が動かないようにテーピングで固定してもらって運動してください。
筋肉痛は筋繊維が傷ついて起こるものと、疲労物質である乳酸が蓄積されているときに感じるものがあります。
筋繊維が傷ついて起こる筋肉痛は激しい運動をしたときに筋肉が負荷に耐え切れなくなったときに起こります。
乳酸は運動をすれば体が作り出してしまうものですから、これを溜めないようにするか、乳酸を解消してあげれば筋肉痛が和らぎます!
マッサージの基本的な効果は、体に対して外から力を加える事によって静脈内の血液やリンパ液の流れを促進し、疲労の回復を早めるというものです。
また、筋肉に適度な揉みほぐす事によって、過度な緊張を解く効果もあります。
従ってトレーニング直後のように筋肉に疲労物質が溜まってたり、緊張が残っている状態の時にマッサージを行えば、疲労回復を早める効果が期待できるでしょう。
しかし、筋肉が緊張状態にあったり、疲労物質である乳酸が溜まっているのは運動直後の一定の時間だけであることから、筋力トレーニング後時間が経ってから起こる筋肉痛に対してマッサージを行っても、症状をやわらげる効果は薄いという説が有力です。
さらに、筋肉痛が出始めるころには白血球の細胞によって傷ついた筋肉の「再生」を行っている最中である可能性が高いため、マッサージで外的な力を加えると逆に筋肉の再生を邪魔する結果になったり、強く揉み過ぎる事で筋肉を傷つける危険性もあると言われています。
花痴
三體牛鞭




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fffedfc
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/drfgrfg/index1_0.rdf