プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dreizehn
読者になる
2006年07月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
てれび / 2006年07月16日(日)
戦国自衛隊は終わってしまいましたが点滴はまだまだ終わりません

チャンネル回すとNHK教育で芝居の中継してたのでそれに
最初は眺めてたのですが見ている内に結構ちゃんと見てました

そういえば小学校の頃に体育館でこーゆーの見たなぁとか

結構悪くないもんです

†Dreizehn

 
   
Posted at 16:50/ この記事のURL
コメント(0)
病院再び / 2006年07月16日(日)
網膜剥離以来ご無沙汰でしたが

昨日から調子が悪く午後に熱測ったら39.7分っつーハイスコアをマークしたので緊急外来扱いで病院へ

当直の先生に診てもらって薬を3種類処方してもらって点滴を打ちに病室へ
個室初体験、広い

戦国自衛隊とか見てます

†Dreizehn

 
   
Posted at 16:12/ この記事のURL
コメント(0)
 / 2006年06月23日(金)
数字の世界が客観的で
事務的な感じが酷く冷たくて
自分を守りたいから他人を引き合いに出して

数字の世界に感情を持ち込んで、優しさとか理解とかで偽装した希望につながる可能性を持たせてみたけど

なんの事はない
単純かつ明瞭に
自分が諦められる事が怖かっただけだ

†Dreizehn
 
   
Posted at 23:49/ この記事のURL
コメント(0)
納得 / 2006年06月22日(木)
戦争でも災害でも人災でも事故でも
足掻き方を間違えたら、気を抜いたら死ぬような

そんな緊張感の中に置かれたい

誰にも気にされない単純に純粋なマイナス1としての最後が欲しい

†Dreizehn
 
   
Posted at 21:53/ この記事のURL
コメント(0)
ぬるい / 2006年06月22日(木)
生まれも育ちも因縁も都合も、何一つ知らない他人でないと
自分が本気になって取っ組み合って殴り合うなんて出来ない

腕っぷしが弱くてよかったと思う


わめいてハッタリかまして全力で殴られて殴り返すような喧嘩がしたい



目を覚ましたい


†Dreizehn
 
   
Posted at 21:44/ この記事のURL
コメント(0)
[untitled] / 2006年05月09日(火)
スケートしかり、サバゲーしかり、萬世橋しかり
少なからず己が手を出した物は不実に終わるようです




†Dreizehn

 
   
Posted at 19:52/ この記事のURL
コメント(0)
[untitled] / 2006年04月23日(日)
帰りの電車で二回も酔っ払いに絡まれた

全然関わり無いネタだし
間違いはないと思うけど

それでもどこか妙なのかなぁ


単一なのにお前らとか複数形で示されたりとかの言葉尻は別に良いとして
言い合いしてるのに理屈はわかんねぇとか言われたら話にならん


場合にも依るけど
犯人見つけるより現状への対処を第一にして、その後で再発防止策練って犯人見つければいいだろうに

どっちが悪いかじゃなくてどっちも悪い
繰り返さないように己の糧にすれば良い

だらだらかきました
†Dreizehn
 
   
Posted at 00:13/ この記事のURL
コメント(0)
[untitled] / 2006年03月07日(火)
激しい歓びは要らない
その代わり、深い悲しみもない

目標は可能性の果ての絶望
例え遅くとも歩み続ける限り到達できそうな場所


†Dreizehn
 
   
Posted at 20:02/ この記事のURL
コメント(0)
[untitled] / 2006年02月06日(月)
周囲が、世界が、自分の邪魔をしてるんじゃなく
周囲や、世界は、各々の正義や摂理にのっとって結果的に自分の邪魔をしている訳であって

それは自分が世界の邪魔であるという事ではなく
周囲各々の正義の了見と、自分の了見の差異によって生じる
ごく小さな戦争のようなもので

各個人の常識というものの定義の狭さと矮小さの表れみたいなものかも
 
   
Posted at 18:13/ この記事のURL
コメント(0)
[untitled] / 2006年02月02日(木)
どうしてどいつもこいつもどうでもいい敵を作りたがるんだ
敵ってのはとっておきだから楽しいんだろうに


自分の紡ぐ物語の主人公は自分ではなく
自分の周りが主題の話

常に負い目を感じて
負い目に潰されない様にコントロールして
コントロールしているという自覚がある事でまだ大丈夫、まだまだヌルいと言い聞かせる


宴席で
自分が楽しい時は自分しか楽しくなくて
自分が冷静で周囲が楽しめてそうだと観察できたら自分は楽しみきれなくて
かといって他に同じように感じる人が居れば自分のせいでその人は楽しめず
しかしそれでも自分ばかりは楽しめず
なら最初からそんな場には居なければいいのかもしれないがまだそんなに強くない
ズルズルとダラダラと居られる状況に甘んじつつ
誰かに蹴り落とし殺される事を夢想している


自分の楽しめる場所に留まろうとすればその場は永遠に消えてなくなるだろう
元々永遠なんて無いのに
だが無いからと言って自ずから亡くすことなどどうしてできようか


†Dreizehn
 
   
Posted at 23:57/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!