シモフリコメツキのあづあづ

November 08 [Wed], 2017, 12:09
NTTの光ファイバーを利用したインターネット回線であるフレッツ光は、有名なNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度もクオリティの高いサービスを用意しています。

別の会社も値段などで対抗しており、差が開かなくなってきていますが、ご高齢の方たちからするとNTTが安泰だと思う人が数多く見られると思います。

インターネット環境を快適なものにしたくて、フレッツ光ネクストの内容を検討中です。まず始めに、ホームページ内で自宅郵便番号の入力をして提供のエリアなのか確認を行いました。続いて、月の料金シュミレーションをやってみました。導入まで非常にわかりやすいものです。


論理的には早い光回線が定まらない理由のひとつには、光回線は近所やマンション内などで回線を分け合うため、通信量が多い住人がいる場所では遅くなる場合もあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に特別遅くなってしまい、定まらない場合はこのわけかもしれません。

次のネットの環境として、候補にワイモバイルを入れています。
せっかくなら得した方がいいので、どんなキャンペーンをしているのか見てみました。

大まかに見てみたところ、他社から乗り換える方法でキャッシュバックという仕組みがありました。適用条件などを確認して、慎重に考えようと思います。wimaxの電波が届く地域ですが、以前との比較をしましてもエリアがどんどんと広がっており、主要都市での安定利用が可能となりました。
地方都市に住まわれている場合、中心街から離れますと今だ十分ではないですが、都市部を中心とした行動範囲なのであれば安心してお使い頂けると思います。



ちょうど引っ越しをしたのを機に別のプロバイダに変更しました。
プロバイダを変更しても、以前契約していたプロバイダとあまり違いを感じたりしないので、変更して良かったな、と思います。プロバイダの契約などは2年ごとの契約更新時に考え直すといいのではないでしょうか。


プロバイダは非常に多くあり、選ぶ方法も人それぞれです。
しかし、キャッシュバックキャンペーンを実施していたり、数か月タダになったり、毎月の費用がとにかく安いところに容易に飛びつくのは失敗の元でしょう。

どんな目的でネットを利用するかにもよりますが、通信の速度やパフォーマンスの安定性などを重視するべきでしょう。
プロバイダの金銭的負担が減るといわれて、今のプロバイダにしたのですが、間違いだったと思っています。
確かに、価格はかなり出費が減りました。


しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、回線速度の低下がみられたりで、前のプロバイダの方が断然ストレスがなかったのです。
安易にプロバイダを変更するんじゃなかったと、悔やむ気持ちです。転居してきた際に、マンション自体に光回線が導入されていなかったため、契約の後に工事をしなければなりませんでした。工事をしにきてくれた担当者はとても清潔にしていて、説明もしっかりしていて通信会社のイメージも高いものになりました。



自宅や会社で光回線を導入しているのならIP電話を使用するとお得な上に便利です。


使用するのは光回線なので、一般の電話回線のように音声データを繰り返し交換機から中継するのは不要です。そういった理由から電話料金がかなり安価になり、選んだプロバイダにもよりますが、月額の基本料金が電話回線よりも安くすむ場合が多くあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:朱莉
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる