初期の初期

April 06 [Fri], 2012, 15:53
パニック障害と鬱病って診断された頃、
人の目が怖くて外出できなかった。

家に居ても、今までの日常が送れなかった。
特に、お風呂。
普通に今まで通りなのに、突然、眩暈・動悸・呼吸困難=発作。
シャワーだけでも同様。
なるべく、お風呂に入りたくなくなった。
だから、出かけることを控えよう、と思って、友達との予定は全部キャンセルした。

平日は大学に行く、週末引き籠るっていう生活を一ヶ月続けて
投薬始まってからは、平日も一歩も外に出なかった。
体調不良で出れなかった、が正しいんだけどね。
後者は10日間くらいだったかな。

ある日、引き籠りに 飽 き た 。
食材の買い出しにも行けないから、毎日毎日似たようなもの食べてたし、
そもそも一日3食食べてないし、
洗濯だって、毎日出かけてる時ほどしなくて良い。
当時のオイラはネットで遊ぶことを知らなかったし、
マジでやることねぇ!暇すぎる!ってなって、学校にも行き始めた。
最初はキツかったけど、徐々に身体も脳も「発作」に慣れた。

っていう事を病院で話したら
「薬、効いてきてるんだよ」と。
正直、精神病に薬なんて・・・って思ってたから、ちょっと感動した(笑)


お風呂・シャワーでの発作は毎回じゃなくなったけど
相変わらず人目はやたらに気になる。
夕方になると、ひどい不安感に襲われる。

少し前まで、【普通の日常生活】ができていたオイラにとって
↑の事ができないとか、怖いなんて、ストレスにしかならなかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ハチ
  • 誕生日:3月22日
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヨシくん
» 最初の発作 (2012年04月02日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dreams-majical/index1_0.rdf