ralph lauren ポロシャツ

November 13 [Wed], 2013, 12:20
丐筏郡饯欷未嬖冥蚋肖溉·毪韦韧瑫r、白鯨は通り過ぎるはずだった氷柱が跡形もなく消失、マナの拡散する波動を嗅ぎ取った。
ralph lauren classic fit
 ――ついで、鼻先に浮かぶ、堪え難い悪臭の源にも。

「ついてこいや。――言っとくが、俺はシカトできねぇぐらい、ウザさに定評のある男だぜ?」

 悪臭が、悪意に満ちた笑みを浮かべて、そうこぼすのを白鯨は聞いた。


※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


 レムが作り出した氷の槍に掴まって上空へ向かい、そこで『霧払いの結晶石』を砕いて離脱――白鯨に取りつく、というのがスバルの立てた乱暴な作戦の序章だ。
ralph lauren ポロシャツ
 レムの猛烈な反対を受けたものの、そこは「俺はレムを信じてる!」の連呼で押し切り、切り札である結晶石――『退魔水晶』の譲渡をクルシュから受けた。
 見え見えの必殺技ならば白鯨は軽々と避けるだろうと予測し、そこにスバルという罠を仕掛けてのことだ。逆に白鯨が避けなかった場合、氷柱の尻に掴まっていたスバルは衝撃で粉々になった可能性がある。ある意味、紙一重。

「それを言い出したら、この状況も紙一重……ってか、マジ恐ぇぇぇ!!」

 白鯨の鼻先に必死にしがみつき、スバルはそのざらつく肌と体毛の感触を掌に味わいながら、高空の風と強大な生き物の生臭さに拒絶感を露わにしていた。

 取りついたスバル――つまり、魔女の残り香を放つ存在に、白鯨の様子はみるみる変貌する。それまで静観を保っていたはずの魔獣は明らかに興奮状態に入り、全身の口から霧と涎、哄笑を垂れ流して荒々しくスバルを歓迎していた。
http://www.hzskjc.com/ralph-lauren-baph-4.html
 もちろん、このまま白鯨に身を預けたまま、スバルがこの巨体を墜落さ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dreamalvf
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dreamalvf/index1_0.rdf